Line 6がJames Tyler Variaxギターの新製品をアナウンス
   


2012年9月18日 米国カリフォルニア州カラバサス – Line 6は、James Tyler® Variax® ギターのファミリーへ新たに2機種を追加しました。新製品のJTV-59P、JTV-69Sは新たなピックアップ・コンフィギュレーションとフィニッシュのバラエティ豊かなオプションを実現しており、James Tyler Variaxファミリーのサウンドを拡張することで、より多くのギタリストの要求に応えることができます。

Line 6のギター製品ライン・マネージャー、ダレル・スミスは「James Tyler Variaxラインをさらに拡張する今回の追加モデルで、さらに多くのギタリストへ、この魅力的な楽器をチェックして頂く機会を提供できると考えています。ビンテージなP-90ソープバー型ピックアップを好み、ややローゲインでウォームなトーンを必要とするギタリストにはJTV-59Pが素晴らしい選択肢となります。またJTV-69Sは、業界標準のシングルコイル・ピックアップ3基のコンフィギュレーションを採用しており、あのクラシックなサウンドを求めるギタリストに最適です」。

James Tyler Variaxは、ビンテージ楽器の充実したコレクションを実現する唯一のギターです。業界をリードするLine 6のデジタル・モデリングとブティックスタイルの職人技が融合したJames Tyler Variaxは、28モデルと美しくクラフトされたエレクトリック・ギター本体のサウンドの、計29種類もの魅力的な楽器を提供。新たなJames Tyler Variaxファミリーにより、そのトーンと美的なオプションが、さらに拡張します。

シングルカッタウェイ、セットネックのJTV-59Pは、クラシックなルックスと、ブルースのブレークアップしたサウンドからモダンなロックまで幅広く対応できるビンテージなトーンを実現するP-90ソープバー型ピックアップ2基を搭載。フィニッシュはゴールドトップとブラックが用意されます。

伝統的なフォーマットを踏襲するJTV-69Sは、アルニコ・マグネットを採用し、ジェームス・タイラー氏の指定通りにワウンドされたビンテージなボイシングのシングルコイル・ピックアップ3基によるSSSピックアップ・コンフィギュレーションになっています。JTV-69Sには、スリートーン・サンバーストとブラック、ショアライン・ゴールド、オリンピック・ホワイトがラインナップされています。

また、各ボディ・スタイルのUS Custom Seriesも発売され、フィニッシュ・オプションもより豊富に用意されます。

新製品のJTV-59P、JTV-69Sの詳細は以下に掲載されています:
line6.jp/jtv-59p
line6.jp/jtv-69s

JTV-59P、JTV-69Sの国内発売は2012年10月末を予定しています。(JTV-69Sのブラックのみ11月末以降の予定)