アンドリュー・バードがLine 6ディレイ・ペダルでウォール・オブ・サウンドを構築
アンドリュー・バードがLine 6ディレイ・ペダルでウォール・オブ・サウンドを構築
アンドリュー・バードのコンサートは、まるで達人シェフによるクッキング・ショーをライブで見るような体験です。バイオリンやグロッケン、超人的な口笛を材料に作り上げるメロディのミックスが、一人で生み出しているとは思えないほどのサウンドを生成。その彼が独自のシグネチャー・サウンドを生み出すため2台のLine 6 DL4を活用しています。

さらに読む

大塚 愛さんがXD-V75ワイヤレス・マイクをステージで愛用!
大塚 愛さんがXD-V75ワイヤレス・マイクをステージで愛用!
昨年12月に結成されたRabbitのメンバーとしても活躍しているシンガーソングライター、大塚 愛さんがXD-V75デジタル・ワイヤレス・マイクを愛用! 現在全国で行われている「Rabbit Live Tour 裸Beat 2013」の各会場でも使用されています。

さらに読む

sacraが全国でインストアやストリートのライブを行うシステムにStageSource L3tを導入
sacraが全国でインストアやストリートのライブを行うシステムにStageSource L3tを導入
名古屋出身のバンドsacraは、スマッシュ・ヒットを記録したメジャー・デビュー・シングル「イエスタデイ」のリリース以降も、ライブ・ハウスやホールだけでなく、レコードショップやショッピングモールがイベント・スペースで主催するインストア・ライブからストリートまで、何百本ものライブをこなしてきました。そのsacraが10年近く使用してきたPA機材を先ごろStageSource L3tに更新し、さらに精力的なライブ活動を続けています。

さらに読む

スコット・ヘンダーソンがジャズ・フュージョンのスーパーグループのレコーディングにVariaxを使用
スコット・ヘンダーソンがジャズ・フュージョンのスーパーグループのレコーディングにVariaxを使用
現在最も革新的で影響力の強いジャズ・フュージョン・ギタリストのひとりが実はブルース・プレイヤーであるということは奇妙に思えるかもしれませんが、スコット・ヘンダーソンはずっと奥深いサウンドを実現しています。

さらに読む

the pillowsのギタリスト、真鍋吉明さんのソロ・アルバムでJTV-59ギターが活躍!
the pillowsのギタリスト、真鍋吉明さんのソロ・アルバムでJTV-59ギターが活躍!
ロックバンドthe pillowsのギタリストとして20年以上に渡って活躍を続ける一方、個人ユニットのNINE MILESでは自らライフ・ワークと語るレゲエ・ミュージックを演奏する真鍋吉明さんが、初のソロ・アルバム『Rutile (ルチル)』をリリース。ベテラン・ロック・ギタリストならではの骨太なインストが全編で展開される個性豊かな作品で、James Tyler Variaxギターが活躍しています。

さらに読む

マイナス・ザ・ベアーのデイヴ・ヌードソンがLine 6のペダルをエクスペリメンタルに活用
マイナス・ザ・ベアーのデイヴ・ヌードソンがLine 6のペダルをエクスペリメンタルに活用
シアトルをベースとする5人組マイナス・ザ・ベアーは、実験的なテクニックと革新的なギター・リフ、キャッチーなメロディをやすやすと組み上げてしまう唯一無二のバンドです。そのサウンドの中核を担うのがギタリストのデイヴ・ヌードソンで、そのテクニカルなスキルと音楽性が、このバンドならではのギターにフォーカスしたロックのブランドへ大きく貢献しています。

さらに読む

ソロ・アルバムをリリースしたRIP SLYMEのPESがJames Tyler Variaxを活用
ソロ・アルバムをリリースしたRIP SLYMEのPESがJames Tyler Variaxを活用
ヒップホップ・グループとして国内でも最大級の成功を収めているRIP SLYMEのMC、PESがリリースした初のソロ・アルバム『素敵なこと』は、ヒップホップというより、ギターに寄り添った独自のポップスを昇華させた作品に仕上がっています。その制作途中でJames Tyler Variaxギターを導入。

さらに読む

高田漣さんがステージやスタジオでJTV-59を活用
高田漣さんがステージやスタジオでJTV-59を活用
マルチ弦楽器奏者として様々なアーティストのレコーディングやライブで活躍し、ソロ・アーティスト、作・編曲家としても才能を発揮するギタリストの高田漣さんが、今年の春からJames Tyler Variaxモデリング・ギターを使用中。

さらに読む

ビリー・ダフィーがザ・カルトのツアーでLine 6ワイヤレスを使用
ビリー・ダフィーがザ・カルトのツアーでLine 6ワイヤレスを使用
ギタリストのビリー・ダフィーは、ザ・カルトのワールドツアーでLine 6® Relay™ G90デジタル・ワイヤレスが伝えるトーンに信頼を置いています。

さらに読む

フィア・ファクトリーのディーノ・カザレスがLine 6のライトな機材でヘビーなトーンを
フィア・ファクトリーのディーノ・カザレスがLine 6のライトな機材でヘビーなトーンを
ディーノ・カザレスがインダストリアリスト・ツアーでPOD HD ProとRelay G90を活用中。

さらに読む

Page 1 of 2

1 2 > >|

Line 6アーティスト・プログラムへの参加をご希望の場合は、以下のページ をご覧ください。 Learn how.