Line 6がAMPLIFiによりギター・アンプをまたもや再発明
   


ハイパフォーマンスなギター・アンプとステレオBluetoothスピーカー・システムの組み合わせにiOSとの統合性を備えた初めての製品が登場

Line 6, Inc.は本日、全く新たなギター・アンプを発表しました。ハイパフォーマンスなギター・アンプとストリーミングBluetooth®スピーカー・システム、新発想のiOSアプリを組み合わせたAMPLIFiが、ギターリストが演奏や練習を行う方法、音楽の楽しみ方を変革します。

Line 6のCEO、ポール・フェクラーは「18年前、Line 6は世界初のモデリング・アンプをリリースすることでギター・アンプの市場にレボリューションを起こしました。それが再び実現します」と述べています。「AMPLIFiはギター・アンプを再定義する存在であり、全く新たなディバイスによりユーザーの生活を一変させます」。

5スピーカー・ステレオ・デザインを採用したハイパフォーマンス・ギター・アンプ
AMPLIFiは、従来のアンプとは全く異なっています。5スピーカー・ステレオ・デザインが、クリアな高域からディープでスムーズなローエンドに至るまで、驚くほどディテールの豊かなギター・トーンを実現。AMPLIFiは従来のギター・アンプを大きく凌駕する周波数帯域をカバーしているため、従来は再現不可能だったサウンドの細部も提供します。150W、ポータブルな75Wの2バージョンが用意され、どちらの製品も強烈なボリューム・レベルを実現できます。

ストリーミングBluetoothスピーカー・システム
AMPLIFiはギタリスト向けの究極のBluetoothスピーカー・システムであり、 Android™やiOS、Mac®、PCディバイスからストリーミングできます。フルレンジ・スピーカーが魅力的なサウンドを提供し、カスタム・ギター・スピーカーはパンチの効いたサブウーファーとして機能。AMPLIFiは音楽の演奏、リスニングを独自の方法で組み合わせており、ギタリストに音楽ライブラリーとのジャム共演やバンド・リハーサル時のバック・トラック再生を提供するほか、パーティでの大音量での再生も可能です。

iOS アプリによるコントロールとクラウド接続
iOS対応のAMPLIFi Remoteアプリが、新たな可能性を提供。ギタリストはノブや小さなスクリーンでなく、iOSディバイスからトーンのあらゆる部分をコントロールできます。* AMPLIFi Remoteには革新的なLine 6トーンマッチング・テクノロジーも搭載されており、ギタリストの音楽ライブラリーのトラックへマッチするギター・トーンを自動的に提供します。

ギタリストが最高のパッチをアップロードするクラウド・コミュニティを有するAMPLIFi Remoteは、ギター・トーンを探す場合にもパワフルなリソースとなります。クラウド・コミュニティでお気に入りのトーンをランク付けしたり、自分のトーンをアップロードしたり、他のミュージシャンやファン達とコネクトすることで音楽ネットワークを構築したりすることが可能。AMPLIFiクラウドにより、全てのディバイスが最新で、同期した状態に維持されます。クラウドにはプリセットを無制限にストア可能であり、どこからもアクセスできます。

製品&マーケティング担当VPのマックス・ガトニックは、「AMPLIFiはギタリストのジャム演奏や演奏、リスニング方法を完全に変えてしまる革新的なアンプです」と述べています。「本当に素晴らしいサウンドであり、あらゆるレベルのプレイヤー達が楽しめるユニークな体験が提供されます。音楽のリスニング、友人とのジャム演奏、新しいトーンの作成から共有まで、AMPLIFiが不可欠な存在となるでしょう」。

詳細な情報:www.line6.jp/amplifi

* AMPLIFi RemoteはiPod touch (5世代), iPhone 5s, iPhone 5c, iPhone 5, iPhone 4s, iPhone 4, iPad (3世代、第4世代), iPad 2, iPad miniと互換性を有しています。