Line 6 Dream Stageでカルバリーチャペル・ノースジャージーがメッセージとスケジュールへフォーカス
    Bookmark and Share

2013年5月30日 米国カリフォルニア州カラバサス – パサイックのカルバリーチャペル・ノースジャージーはポータブルな教会であり、約200のコングレッションと礼拝スペースを共有しています。場所を共有するため、毎週日曜は早朝に集合して、礼拝の始まる前にサウンドシステム全体をセットアップ。カルバリーチャペルはサウンドクオリティを犠牲にせず、ボランティア・スタッフと共にシンプルさを追求する必要がありました。そうしたニーズ全てに応えるため、StageSource® L3tスピーカー2本とStageScape® M20dデジタル・ミキサーで構成されるLine 6 Dream Stageシステムが導入されました。

この教会の牧師であるティム・ジェントル氏は「セットアップ時間が非常に重要であり、古いアナログ・システムをアップグレードする、コストパフォーマンスの高い方法を探し求めました」と語ります。「新しいLine 6ミキサーのデモを見た礼拝ディレクターのラッセル・マックが、それについて話してくれたんです」。

教会におけるオーディオとビデオのニーズを監督するラッセル・マック氏は「Line 6システムのデモを見て、すぐにこれは完璧にフィットしていると分かりました」と述べています。「特に際立っていたのは、テクニカルな部分の深さと、簡単な操作性が組み合わせられていたところです。こんな製品は、他にはありません。我々のような教会ではサウンドを担当するボランティア達が技術的な知識を持っているとは限らないので、まさに理想的ですね」。

とりわけ氏は、このシステムのユーザー・インターフェースが気に入っています。「多数のノブやフェーダーの代わりにタッチスクリーンを使用するのは、とても魅力的です。X/Yグリッドのインターフェースは四隅に形容詞が書かれており、エンジニアは求めるサウンドに向かって指をドラッグするだけです。例えば「Bright」に向かって指を動かすと、実際にその変化が得られます。ミキサーは、背後では複数のパラメーターを変更することで、それを実現します。これによって、サウンド面での精度や効率が新たなレベルになるので、本当に素晴らしいですよ」。

カルバリーチャペル・ノースジャージーの音楽プレゼンはコンテンポラリー・クリスチャンのフルバンドであり、礼拝のリーダーと3人のバックグランド・ボーカリストが参加します。楽器はRoland V-Drumや複数のギター、ベース、キーボード、サックスとパーカッションなど。StageScape M20dミキサーは20入力仕様なので、その全てを余裕を持って接続できます。

また2本のStageSource L3tスピーカーも、簡単に扱えることが分かりました。「サウンドクオリティが素晴らしく、ビッグかつリッチで、フルなサウンドです。カテドラルのように天井が高く、サブウーファーが無くても十分な低域が得られています。メインスピーカーとして十分な働きをしており、自動フィードバック・コントロールも気に入っています。本当に最高ですよ。L6 LINKでスピーカーをミキサーへダイレクトに接続すれば、それだけで準備は完了です」。

カルバリーチャペルが素晴らしい日曜日を実現するには、セットアップの容易さが重要です。「礼拝は午前9時に始まります。1時間前に到着してゼロからセットアップを行い、それからサウンドチェックをします」とラッセル氏。「Dream Stageのおかげで、本当に効率よく作業できます。内部メモリーへ20秒のループレコーディングを行えるクイック・キャプチャー機能も便利で、バンドがライブ演奏を続けなくてもエンジニアがミックスの微調整を行えます。システム全体が、時間の節約を念頭に置いてデザインされていますね」。

「SDカードへマルチトラック・レコーディングできるのも、特に以前のアナログシステムと比較すると、本当に素晴らしいと思います」と、ティム・ジェントル氏。「私が特に気に入っているのはiPad機能です。これまではフロントでミキシングを行い、それから後ろへ下がってルームのサウンドを確認していました。でも今ではエンジニアが、礼拝中にコングレッションの中へ実際に座って、ミキサーへ接続されたiPad 3で同じインターフェースへアクセスできます。とても素晴らしいし、クールですよ」。

数ヶ月に渡ってLine 6 Dream Stageを使用してきたラッセル・マック氏は、「プリアンプからスピーカーまで全てが、機能だけでなくポータブル性や対応力などまで、そしてサウンド・クオリティもアップグレードされました。クオリティが魅力的でなければテクノロジーに意味はありませんが、それこそが最も向上しています。最高にハッピーですよ」。