DT25™ amplifiers connect to everything – from your POD® HD multi-effect processor to your MIDI switching system to your mixing board to your two-button footswitch.

L6 LINK™ for total connectivity.

革新的なL6 LINK™ ジャックにより、L6 LINKジャックを備えた他のLine 6製品との、驚くべき自由度と瞬時のスケール性が提供されます。POD® HDマルチエフェクトをDT25™ アンプへ接続すれば、ビンテージ、モダンを問わず、あらゆるトーンをクリエイトできるブティック・アンプ工房を実現。2台目の (あるいは3台目、4代目の) DT25を追加すれば、ステレオ・セットアップやウェット/ドライ・セットアップも可能です。L6 LINK接続に必要なのはXLRケーブル1本ですが、その成果は飛躍的なものとなります。

またマルチエフェクトとアンプの接続においても、4本のケーブルを使うなどの方法とは異なり、ノイズやハムの問題が皆無なのも大きな魅力です。

MIDI INとOUT/THRU

DT25のリアパネルにはMIDI INとOUT/THRU端子が用意されており、あらゆるMIDIスイッチング情報を受信可能。チャンネルやボイシング、リバーブのオン/オフから五極管/三極管モード、クラスA/AB選択までを、一般的なMIDIスイッチング・システムを使ってコントロールできます。

チャンネル & リバーブ・フットスイッチ

DT25の背面に用意されたフットスイッチ・ジャックは、シンプルながら非常に便利な機能を提供します。TRSケーブルで接続する一般的なラッチ式の2ボタン・フットスイッチにより、チャンネル・スイッチやリバーブのグローバル・スイッチが可能。チャンネル切り替えだけであれば、TS (モノ) ケーブルで接続する1ボタンのフットスイッチを使用できます。

シリアル・エフェクト・ループ

DT25のシリアル・エフェクト・ループを構成するSendとReturnのジャックは、シグナル・チェーンのポストプリアンプの位置にあり、ビンテージなテープ・ディレイからLine 6の Stompbox Modeler のようにモダンなエフェクトまで、お気に入りのエフェクト・ディバイスをリンクすることができます。

複数用意されたスピーカー出力

スピーカー出力が分かりやすく用意されているため、単一の、あるいは複数のスピーカーに接続する際にも、インピーダンス・ミスマッチの心配無しに行えます。4Ωや8Ω、16Ωのキャビネット1台に接続する場合も、2台の4Ωや2台の8Ωキャビネットへ同時接続する場合も、DT25のバックパネルにはクリアな指示かあるため、正しい接続を簡単に実行できます。

キャビネットシミュレートされたダイレクト出力

スピーカーへマイキングしなくても、リッチでジューシーなDT25トーンを、ダイレクト接続で得られます。トランスフォーマータップされたダイレクト出力からXLRケーブルをPAやミキサー、レコーディング・インターフェースへ接続するだけで、フルにキャビネット・シミュレートされたトーンを細部に至るまで表現可能。便利なグラウンドリフト・スイッチにより、不要なハムやバズも回避できます。