無償ソフトウェア・ダウンロード

Go
  • ベータ版
  • アーカイブ

検索結果:

Helix Native      
Helix Native
Version 1.00
Released 8/10/17

Works with:
Helix
Helix LT
Helix Rack
No Hardware Required

Helix Native Version 1.00

The new Helix® Native plug-in delivers the same award-winning HX amp and effects modeling found in Line 6’s best-selling Helix hardware guitar and effects processors, bringing authentic tone to your favorite DAW.

Helix Native is available as a fully functional 15-day free trial, which requires a Line 6 account.

Learn more at http://line6.com/helix/helixnative.html.

Download the user manual here.

THE WAIT IS OVER!

  • At long last... We are very proud to announce that this is the first version of the Helix Native plug-in for VST3, AAX, and AU made available to the public!
  • Try it for FREE for 15 days by clicking "start my 15-day free trial" on first launch.
  • Check your Authorized Devices if you can't authorize Helix Native, you might have too many authorized devices on your account.
  • Presets Compatible with Helix 2.21 firmware. Make sure your Helix hardware and editor software are up-to-date before transferring presets, setlists, etc.

KNOWN ISSUES

We're dedicated to being as transparent as possible, and here's some not-so-great stuff that you may encounter.

  • Editing min/max for automation of a parameter slider can temporarily stop reading the automation lane.
  • Editing parameters assigned to automation can can temporarily stop reading the automation lane during playback/record.
  • Cali IV Lead Amp model will decrease in gain when Mid and Bass are set to 0. This is already known to occur on Helix hardware.
  • Unfreezing Tracks in Logic Pro X will darken the plug-in UI, just close and reopen it in the meantime.
  • Moving blocks while Automation is running may cause some errors during playback/record on Pro Tools.

HAVE A GREAT IDEA FOR HELIX NATIVE?

We've already received a ton of feature requests from beta users, but if you have a great idea for Helix Native, we want to hear about it! Please visit http://line6.ideascale.com to post your requests and suggestions, or vote for features. This is the most direct way for you to influence our updates, and we look forward to hearing from you! 


OS: Mac OS X, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 27 MB )

Get Download




Helix Native      
Helix Native
Version 1.00
Released 8/10/17

Works with:
Helix
Helix LT
Helix Rack
No Hardware Required

Helix Native Version 1.00

The new Helix® Native plug-in delivers the same award-winning HX amp and effects modeling found in Line 6’s best-selling Helix hardware guitar and effects processors, bringing authentic tone to your favorite DAW.

Helix Native is available as a fully functional 15-day free trial, which requires a Line 6 account.

Learn more at http://line6.com/helix/helixnative.html.

Download the user manual here.

THE WAIT IS OVER!

  • At long last... We are very proud to announce that this is the first version of the Helix Native plug-in for VST3, AAX, and AU made available to the public!
  • Try it for FREE for 15 days by clicking "start my 15-day free trial" on first launch.
  • Where's VST2? If your DAW does not yet support the VST3 standard, like Ableton Live or Reason, be sure to check the "install VST2" checkbox during installation.
  • Check your Authorized Devices if you can't authorize Helix Native, you might have too many authorized devices on your account.
  • Presets Compatible with Helix 2.21 firmware. Make sure your Helix hardware and editor software are up-to-date before transferring presets, setlists, etc.

KNOWN ISSUES

We're dedicated to being as transparent as possible, and here's some not-so-great stuff that you may encounter.

  • Please temporarily disable your antivirus during the installation as some users have had trouble downloading or authorizing and we don't want that to happen to you too.
  • Editing min/max for automation of a parameter slider can temporarily stop reading the automation lane.
  • Editing parameters assigned to automation can can temporarily stop reading the automation lane during playback/record.
  • Cali IV Lead Amp model will decrease in gain when Mid and Bass are set to 0. This is already known to occur on Helix hardware.
  • Unfreezing Tracks in Logic Pro X will darken the plug-in UI, just close and reopen it in the meantime.
  • Moving blocks while Automation is running may cause some errors during playback/record on Pro Tools.

HAVE A GREAT IDEA FOR HELIX NATIVE?

We've already received a ton of feature requests from beta users, but if you have a great idea for Helix Native, we want to hear about it! Please visit http://line6.ideascale.com to post your requests and suggestions, or vote for features. This is the most direct way for you to influence our updates, and we look forward to hearing from you! 


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 22 MB )

Get Download




Drivers      
Line 6 Driver2
Version 1.86
Released 5/2/17

Works with:
Helix
Helix LT
Helix Rack

ドライバー v1.86 リリースノート

バグ修正:
- ごく稀にWorkbench HD上で特定の動作をさせるとHelix EditorとHelixの接続が解除されてしまう場合がある問題を解決しました。
- その他小さなバグ修正と最適化


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 7 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 2.21
Released 5/2/17

Works with:
Helix
Helix LT
Helix Rack

Helix Editor 2.21 リリースノート
 
Helix v2.21.0 は安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
<重要>すでにHelixファームウェアv2.21とHelix Editor v2.20がインストールされている場合は、このHelix Editor v2.21をインストールするだけです。

まだHelixファームウェアv2.21とHelix Editor v2.20がインストールされていない場合は、以下の手順に従ってアップデートを完了させてください!
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.01の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.01となります。
 
注:新しい2.20のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.21) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください:
http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.11) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. Line 6 Updater の最新版(1.11) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.21) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK) を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.21は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

HELIX /HELIX LT:  フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.21) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

バグ修正
- ごく稀にモノもしくはステレオのDelay > Pitch Echoブロックを作成した際にエディターがフリーズする場合がある問題を解決しました。
- ごく稀にモノもしくはステレオのPitch/Synth > Simple PitchまたはDual Pitch ロックを作成した際にエディターがフリーズする場合がある問題を解決しました。
- ごく稀にUSB経由でMIDIクロックを受信中にグローバル設定にアクセスするとHelixがフリーズする場合がある問題を解決しました。
- ごく稀に、特定のブロックタイプを別の箇所にコピーした際にHelixが反応しなくなる問題を解決しました。
- 複数のアサインの設定とカスタマイズが施されたフットスイッチにおいて、プリセットをエキスポートして再インポートした後にバイパス状態の設定が入れ替わってしまう場合がある問題を解決しました。
- スラッシュ[/]の文字がカスタムラベルに追加できない場合がある問題を解決しました。
- 多くのコントローラーアサインを含むプリセットがエディターのUI上で適切にアップデートされない場合がある問題を解決しました。
- その他小さなバグ修正と最適化

OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 80 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 2.21
Released 5/2/17

Works with:
Helix
Helix LT
Helix Rack

Helix Editor 2.21 リリースノート
 
Helix v2.21.0 は安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
<重要>すでにHelixファームウェアv2.21とHelix Editor v2.20がインストールされている場合は、このHelix Editor v2.21をインストールするだけです。

まだHelixファームウェアv2.21とHelix Editor v2.20がインストールされていない場合は、以下の手順に従ってアップデートを完了させてください!
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.01の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.01となります。
 
注:新しい2.20のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.21) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください:
http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.11) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. Line 6 Updater の最新版(1.11) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.21) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK) を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.21は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

HELIX /HELIX LT: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.21) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

バグ修正
- ごく稀にモノもしくはステレオのDelay > Pitch Echoブロックを作成した際にエディターがフリーズする場合がある問題を解決しました。
- ごく稀にモノもしくはステレオのPitch/Synth > Simple PitchまたはDual Pitch ロックを作成した際にエディターがフリーズする場合がある問題を解決しました。
- ごく稀にUSB経由でMIDIクロックを受信中にグローバル設定にアクセスするとHelixがフリーズする場合がある問題を解決しました。
- ごく稀に、特定のブロックタイプを別の箇所にコピーした際にHelixが反応しなくなる問題を解決しました。
- 複数のアサインの設定とカスタマイズが施されたフットスイッチにおいて、プリセットをエキスポートして再インポートした後にバイパス状態の設定が入れ替わってしまう場合がある問題を解決しました。
- スラッシュ[/]の文字がカスタムラベルに追加できない場合がある問題を解決しました。
- 多くのコントローラーアサインを含むプリセットがエディターのUI上で適切にアップデートされない場合がある問題を解決しました。
- その他小さなバグ修正と最適化

OS: Mac OS X, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 89 MB )

Get Download




Flash Memory      
61d1df5
Version 2.21
Released 4/27/17

Works with:
Helix

Helix ファームウェア 2.21 リリースノート

 
Helix v2.21.0 は安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
<重要>2.21をインストールするには以下の手順に従う必要があります!
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。 Helixのファームウェアが2.01の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.01となります。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.20) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。
http://jp.line6.com/software/
 
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.11) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. Line 6 Updater の最新版(1.11) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.21) へアップデートします。 アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、 アップデートが終了するのを待ちます。
 
<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.21は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。 
 
7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。
 
HELIX FloorおよびLT: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。Helix.
 
HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.20) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

 

改善と変更

- GUIエンジンのさらなる最適化

バグ修正

- Pitch/Synth > 3 Note Generator および 4 OSC Generatorが動作している裏でTrailsパラメーターが無効になっていると、Decayパラメーターが壊れているように見える場合がある問題を解決しました。

- Distortion > Stereo > Clawthorn Driveがセンターからやや右寄りに定位している問題を解決しました。

- ストンプスイッチモードからブロックの設定を行う場合に、動作が通常より遅くなる問題を解決しました。

- オーディオがアクティブな状態で、ボリュームノブを動かすとクリップしたような状態が生じる場合がある問題を解決しました。

- ごく稀に、Helixが外部からのMIDIクロックに追随している最中にキャビネットのマイクモデルを変更すると、画面が瞬間的にロックしてしまう場合がある問題を解決しました。

- ごく稀に、MIDIクロック経由でテンポチェンジ情報を多く受信している際にモデルリストを操作していると、Helixがフリーズする場合がある問題を解決しました。

- ごく稀に、ストンプモードフットスイッチを押した際に単発のMIDIクロック・パルスを出力する場合がある問題を解決しました。

- ごく稀に、USB経由でMIDIクロックを受信中にグローバルセッティングにアクセスするとフリーズする場合がある問題を解決しました。

- Helix Rack/Control のみ:Helix Controlに、エクスプレッションペダルがかかと側が下がった状態で接続されていて、Global Settings > Pedals > Polarityが“Inverted”に、Global Settings > Pedal > Pedal Positionが“Global”にセッティングされていると、プリセットをロードする際に、短い音が発生する場合がある問題を解決しました。

- ごく稀に、複数のバイパスアサインがされ、名前がカスタマイズされたフットスイッチで、プリセットをインポートするとバイパス状態が入れ替わってしまう場合がある問題を解決しました。

- ごく稀に、特定のブロックタイプを別のブロックにコピーした後、Helixが反応しなくなる場合がある問題を解決しました。

- その他、軽微なバグの修正と最適化

既知の問題点

- VariaxがHelixに接続されている場合、MIDIチャンネル16はVariax Workbench HDがVariaxとのコミュニケーションに使用されるため、使用しないようにしてください。これは仕様となります。同様に、Variax Workbenchは、DAW上でMIDIトラックを録音待機もしくは再生する際には使用しないでください。

- ファームウェアのアップデートの過程で、HelixがPitch/Synth > Generator を含んだプリセットにセットされている場合、プリセットを再構築した後に短いノイズが発生する場合があります。
 

OS: Mac OS X, Mac OS Jaguar, Mac OS Panther, Mac OS Leopard, Windows 7, Mac OS Snow Leopard, Mac OS Lion, Mac OS Mountain Lion, Windows 8, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Windows 10, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 3 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 2.20
Released 3/30/17

Works with:
Helix
Helix LT
Helix Rack

Helix Editor 2.20 リリースノート

 

Helix v2.20.0 は安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.20をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.01の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.01となります。

 

注:新しい2.20のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.20) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください:
http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.11) も含まれています。

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

5. Line 6 Updater の最新版(1.11) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.20) へアップデートします。 アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK) を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.20は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

 

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.20) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。


■ 新しい機能

- 2.20で追加された新しい22種類のモデルに対応

■ バグ修正

- ごく稀にVolume/Panを含むプリセットの不具合で、Volumeが0%になることがある問題を解決しました。

- 特定のRoland社製キーボードが出力するアクティブなMIDIメッセージが、HelixのMIDIの発信に影響する場合がある問題を解決しました。

- ArchetypeアンプモデルのChannel Volumeの変化が正しくない問題を解決しました。

- その他小さなバグの修正と最適化

■ 既知の問題点

- Helix Editorからスナップショットを変更する際、ブロックのリドローが通常よる遅くなります。これは実際のスナップショットの選択には影響しません。

- VariaxがHelixに接続されている場合、MIDIチャンネル16はVariax Workbench HDがVariaxとのコミュニケーションに使用されるため、使用しないようにしてください。これは仕様となります。同様に、Variax Workbenchは、DAW上でMIDIトラックを録音待機もしくは再生する際には使用しないでください。

- ごく稀に、HelixはMIDIクロックを受信中にプリセットを高速で切り替えるとフリーズする場合があります。

- Variax Workbenchでプリセットをアップロード/ダウンロードしている間は、Helixのプリセットを編集しないようにしてください。Helix Editorは接続を見失う場合があります。

 


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 80 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 2.20
Released 3/30/17

Works with:
Helix
Helix LT
Helix Rack

Helix Editor 2.20 リリースノート

 

Helix v2.20.0 は安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.20をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.01の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.01となります。

 

注:新しい2.20のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.20) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください:
http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.11) も含まれています。

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

5. Line 6 Updater の最新版(1.11) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.20) へアップデートします。 アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK) を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.20は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

 

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.20) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。


■ 新しい機能

- 2.20で追加された新しい22種類のモデルに対応

■ バグ修正

- ごく稀にVolume/Panを含むプリセットの不具合で、Volumeが0%になることがある問題を解決しました。

- 特定のRoland社製キーボードが出力するアクティブなMIDIメッセージが、HelixのMIDIの発信に影響する場合がある問題を解決しました。

- ArchetypeアンプモデルのChannel Volumeの変化が正しくない問題を解決しました。

- その他小さなバグの修正と最適化

■ 既知の問題点

- Helix Editorからスナップショットを変更する際、ブロックのリドローが通常よる遅くなります。これは実際のスナップショットの選択には影響しません。

- VariaxがHelixに接続されている場合、MIDIチャンネル16はVariax Workbench HDがVariaxとのコミュニケーションに使用されるため、使用しないようにしてください。これは仕様となります。同様に、Variax Workbenchは、DAW上でMIDIトラックを録音待機もしくは再生する際には使用しないでください。

- ごく稀に、HelixはMIDIクロックを受信中にプリセットを高速で切り替えるとフリーズする場合があります。

- Variax Workbenchでプリセットをアップロード/ダウンロードしている間は、Helixのプリセットを編集しないようにしてください。Helix Editorは接続を見失う場合があります。


OS: Mac OS X, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 89 MB )

Get Download




Workbench HD      
Workbench HD
Version 2.13
Released 3/30/17

Works with:
Helix
Helix LT
Helix Rack
James Tyler Variax
POD HD Pro
POD HD Pro X
POD HD500
POD HD500X
Variax Shuriken
Variax Standard
Variax USB Interface

This update includes:
-Support for Variax Shuriken
-Support for Variax connection through Helix (Helix firmware 2.20 or later required)


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 21 MB )

Get Download




Line 6 Updater      
Line 6 Updater
Version 1.11
Released 3/30/17

Works with:
AMPLIFi 150
AMPLIFi 30
AMPLIFi 75
AMPLIFi FX100
AMPLIFi TT
FBV3
Firehawk 1500
Firehawk FX
Helix
Helix Control
Helix LT
Helix Rack
Relay G10 Receiver
Relay G10 Transmitter
Relay G70 Receiver
Relay G75 Receiver
Relay TB516 G
Spider V 120
Spider V 240
Spider V 240HC
Spider V 30
Spider V 60

This update includes minor big fixes.


OS: Mac OS X, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 65 MB )

Get Download




Workbench HD      
Workbench HD
Version 2.13
Released 3/30/17

Works with:
Helix
Helix LT
Helix Rack
James Tyler Variax
POD HD Pro
POD HD Pro X
POD HD500
POD HD500X
Variax Shuriken
Variax Standard
Variax USB Interface

This update includes:
-Support for Variax Shuriken
-Support for Variax connection through Helix (Helix firmware 2.20 or later required)


OS: Mac OS X, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 20 MB )

Get Download




Line 6 Updater      
Line 6 Updater
Version 1.11
Released 3/30/17

Works with:
AMPLIFi 150
AMPLIFi 30
AMPLIFi 75
AMPLIFi FX100
AMPLIFi TT
FBV3
Firehawk 1500
Firehawk FX
Helix
Helix Control
Helix LT
Helix Rack
Relay G10 Receiver
Relay G10 Transmitter
Relay G70 Receiver
Relay G75 Receiver
Relay TB516 G
Spider V 120
Spider V 240
Spider V 240HC
Spider V 30
Spider V 60

This update includes minor big fixes.


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 54 MB )

Get Download




Drivers      
Line 6 Helix Driver2
Version 1.0.4
Released 3/30/17

Works with:
Helix
Helix LT
Helix Rack

Helix Macドライバー 1.0.4 リリースノート

Helix Macドライバー 1.0.4は、マルチチャンネルのオーディオ・パフォーマンスを改善します。44.1 kHz, 48 kHz, 88.2 kHz, 96 kHzの各サンプルレートをサポートしています。

重要! Helix Macドライバーをインストールすると、クラスコンプライアントOS X Core Audioドライバーは使用できなくなります。


ドライバーをインストールしてコンピュータを再起動した後:

1. Helix/Helix Rackが単独でUSBポートに接続されていることを確認してください。 (USBハブなどは使用しない)

2. Appleメニューから、”システム環境設定…”を選択し、「サウンド」アイコンをクリックします。

3. 「出力」のタブをクリックします。 Line 6 Helixがデバイスのリスト上に現れますので、「Line 6 Helix」(もしくは「Line 6 Helix Rack」)をクリックします。

4. 「入力」のタブをクリックします。Line 6 Helixがデバイスのリスト上に現れますので、「Line 6 Helix」(もしくは「Line 6 Helix Rack」)をクリックします。

5. DAWソフトを開きます。 オーディオデバイスのリスト上に、2つのアイテムLine 6 Helix および (Helix Audio)が見えるはずです。 「Line 6 Helix」(もしくは「Line 6 Helix Rack」)を入力、出力の両方で選択します。


何らかの理由でHelix Macドライバーをアンインストールする場合:

1. Macintosh HD/ライブラリ/Extensionsを開きます。Extensionsフォルダの中に "L6Helix.kext."と言う名前のファイルがあるはずなので、これをゴミ箱にドラッグします。

2. ゴミ箱を空にして、コンピュータを再起動します。Helixは再びOS X Core Audioドライバーを使用するようになります。


既知の問題
- ごく稀に、コンピュータをスリープから復旧した際に、オーディオが失われることがあります。

- いくつかのDAWアプリケーションでUIコントロールを調整する際に、偶発的なオーディオが出力される場合があります。


OS: Mac OS X, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 5 MB )

Get Download




Flash Memory      
07d9434
Version 2.20
Released 3/30/17

Works with:
Helix

Helix ファームウェア 2.20 リリースノート

 
Helix v2.20.0 は安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。 Helixのファームウェアが2.01の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.01となります。
 
注:新しい2.20のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.20) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。
http://jp.line6.com/software/

ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.11) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. Line 6 Updater の最新版(1.11) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.20) へアップデートします。 アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.20は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。 
 
7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。
 
HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。
 
HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.20) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。
 

■ 新しいアンプ・モデル

Line 6 Badonk, オリジナルのBig Bottomハイゲイン・モデルをベースにした新しいLine 6オリジナル・モデル

Woody Blue, Acoustic® 360ベース・アンプがベース

Del Sol 300, Sunn® Coliseum 300ベース・アンプがベース

Busy One Ch1, Pearce BC-1ベース・プリアンプのチャンネル1がベース

Busy One Ch2, Pearce BC-1ベース・プリアンプのチャンネル2がベース

Busy One Jump, Pearce BC-1ベース・プリアンプのチャンネル1と2(ジャンパー)がベース


■ 新しいハイブリッド・キャビネット

1x12 Cali IV, MESA/Boogie® Mk IV 12” cabがベース

1x12 Cali EXT, MESA/Boogie® 12” extension cab (EVM12L スピーカー)がベース

2x12 Match H30, Matchless® DC-30 cab (12” G12H30 スピーカー)がベース

2x12 Match G25, Matchless® DC-30 cab (12” Greenback 25 スピーカー)がベース

1x12 Del Sol, Sunn® Coliseum 300 bass cab (12” スピーカー)がベース

1x18 Del Sol, Sunn® Coliseum 300 bass cab (18” スピーカー)がベース

1x18 Woody Blue, Acoustic® 360 18” bass cabがベース


■ 新しいエフェクト

- Distortion > Obsidian 7000 (Mono, Stereo), Darkglass Electronics® Microtubes B7K Ultra bass preamp/overdrive/EQがベース

- Distortion > Clawthorn Drive (Mono, Stereo) Wounded Paw Battering Ram ベースオーバードライブがベース

- Dynamics > 3-Band Comp (Mono, Stereo), Line 6 オリジナル・マルチバンド・コンプレッサー

- Dynamics > Autoswell  (Mono, Stereo), Line 6 オリジナル

- Modulation > PlastiChorus (Mono, Stereo) Arion SCH-Z chorus改造版がベース

- Delay > Vintage Swell (Mono, Stereo) Line 6オリジナル

- Delay > Adriatic Swell (Mono, Stereo) Line 6オリジナル

- Pitch/Synth > 3 Note Generator (Mono, Stereo) Line 6オリジナル

- Pitch/Synth > 4 OSC Generator (Mono, Stereo) Line 6オリジナル

ご注意:3 Note Generatorと4 OSC Generatorは楽器が接続されていなくても発音するため、これらのブロックはデフォルトではオフになっています。オンにするにはBYPASSボタンを押してください。

* ここで使用されている全ての製品名は各社の商標であり、Line 6に関係するものではありません。


■ 新しい機能

- Global Settings > MIDI/Tempo > Send MIDI Clock—Helixは外部ペダル、ラック機器やソフトウェアと同期するためのMIDIクロックを出力できるようになりました。“Off” (クロックを出力しない)、“MIDI” (MIDI OUTジャックからクロックを出力)、“USB” (USB経由でクロックを出力)、もしくは“MIDI+USB” (MIDI OUTと USBの両方からクロックを出力)のいずれかを選択します。

- Global Settings > MIDI/Tempo > Receive MIDI Clock—Helixは内部のタームベースのエフェクト(ディレイやモジュレーション等)をDAWやドラムマシン、キーボードや他の機器等、外部から入力されるMIDIクロックに同期できるようになりました。“Off” (MIDIクロックを無視する)、“MIDI” (MIDI INからクロックを受信)、“USB” (USB経由でクロックを受信)、もしくは “Auto” (MIDI INまたはUSBからクロックを受信するまで内部で生成されるテンポを使用する)のいずれかを選択します。

- Variax Workbench HD のサポート—Variaxが、HelixのUSB端子経由で直接 Variax Workbench HDソフトウェア (Mac/PC) とコミュニケーションできるようになりました。ウィンドウズ・ユーザーは、こちらからHelix USBドライバー ver.1.85もダウンロードしてください: https://jp.line6.com/software/readeula.html?rid=7381

重要!Variax Workbench HD をバージョン 2.13にアップデートする必要があります。WindowsユーザーはHelix USB driver, version 1.85が必要です。
重要!Variax WorkbenchはMIDIチャンネル16を使用します。HelixのUSBポート経由でVariax Workbenchに接続する際は、HelixもしくはHelixのコマンドセンター・メッセージをMIDIチャンネル16またはOmniにアサインしないようにしてください。

Global Settings > MIDI/Tempo > MIDI PC Send/Receive はMIDI PC Receive およびMIDI PC Send の2つの独立したパラメーターになり、 Page 2に移動しました。さらに、HelixがMIDIプログラムチェンジをMIDI、USBのいずれかもしくは両方で送受信するかどうか選択できるようになりました。

- Clear Bypass Assignment—個々のブロックのバイパスアサインがクリアできるようになりました。Bypass Assign 画面から、クリアしたいブロックを選択します。 ACTION ボタンを押して、Knob 1 (Clear Assignments)を実行します。

- Line 6 Allure Pack IRs—Line 6はHelixや対応するモデリング機器やソフトウェアで使用するためのインパルス・レスポンスのパックを作成しました。
Allure Pack はこちらからダウンロードできます: www.line6.com/allure


■変更と改善

- GUIエンジンを最適化し、ナビゲーションおよびモデル選択がスピードアップしました。

- MIDI Clockの送受信は、Tempoパネルのショートカットにも追加されます。Tempoパネルを開くにはTAPにタッチします。

- 外部のMIDIクロックのスレーブ時には、TAPのスクリブルストリップはグレーアウトし、スイッチのLEDは青色に点滅します。

- Reverb > Plate、Room、Chamber、Hall、Echo、Tile、Cave、Ducking、Octoは、DSPの消費量 を抑える最適化がなされています。

- Pitch > Pitch Wham、Twin Harmony、Simple Pitch、Dual Pitchおよび3 OSC Synthは、DSPの消費量を抑える最適化がなされています。

- 選択されていないペダルエディットのスイッチは薄いカラーで表示されます。

- アクティブになっていないLooperの機能のスイッチは薄い白で表示されます。

- 既存のファクトリープリセット・バンドルの追加と改良


■バグ修正

- ごく稀にVolume/Panを含むプリセットの不具合で、Volumeが0%になることがある問題を解決しました。

- 特定のRoland社製キーボードが出力するアクティブなMIDIメッセージが、HelixのMIDIの発信に影響する場合がある問題を解決しました。

- ArchetypeアンプモデルのChannel Volumeの変化が正しくない問題を解決しました。

- その他小さなバグの修正と最適化


OS: Mac OS X, Mac OS Jaguar, Mac OS Panther, Mac OS Leopard, Windows 7, Mac OS Snow Leopard, Mac OS Lion, Mac OS Mountain Lion, Windows 8, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Windows 10, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 3 MB )

Get Download




Drivers      
Line 6 Driver2
Version 1.85
Released 3/23/17

Works with:
Helix
Helix LT
Helix Rack

This driver is required for Workbench HD connectivity through Helix.


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 7 MB )

Get Download




Flash Memory      
938685d
Version 2.12
Released 1/9/17

Works with:
Helix

Helix ファームウェア 2.12 リリースノート

 

Helix v2.12.0は安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.12をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.01の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.01となります。
 
注:新しい2.12のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。
 
3.現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.11) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。
http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.10) も含まれています。
 
4. elix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. Line 6 Updater の最新版(1.10) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.12) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.12は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 
7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。
 
HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。
 
HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.11) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。
 

<バグ(不具合)の修正>

- ごく稀に、特定のファクトリープリセットに特定のフットスイッチを組み合わせた場合、大きなノイズが発生する場合がある問題を修正

- 特定のプリセットにおいて、Variaxのパラメーターが”per preset”に設定されている場合、ごく稀にVariaxのVolumeパラメーターが0.0でリコールされる場合がある問題を修正

- 全般的な安定性の向上

- その他小さな不具合の修正と最適化


OS: Mac OS X, Mac OS Jaguar, Mac OS Panther, Mac OS Leopard, Windows 7, Mac OS Snow Leopard, Mac OS Lion, Mac OS Mountain Lion, Windows 8, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Windows 10, Mac OS El Capitan, macOS Sierra
( 3 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 2.11
Released 12/15/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helix Editor v2.11 リリースノート

 

Helix v2.11.0 は新しいアンプ/エフェクト・モデル、機能の追加・修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.11をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

 

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.00の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.00となります。

 

注:新しい2.11のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.11) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。 http://line6.com/software/ ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.10) も含まれています。

 

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

 

5. Line 6 Updater の最新版(1.10) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.11) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

 

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.11は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

 

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.11) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

 

<バグ(不具合)の修正>

- 2.10より前のバージョンで作られたスナップショットを含むプリセットをインポートした際、エクスプレッションペダルのスクリブルストリップ上にEXP2が表示されない場合がある問題を修正

- 2.10より前のバージョンで作られたIR 127もしくは128がロードされたプリセットをインポートした際に不具合が生じる場合がある問題を修正

- Bypass Assign > Waitのデフォルト値がハードウェア上では 300ms であるのに対して、Helix Editで選択した際は 100ms になっている問題を修正

- Bypass Assign >カスタムラベルおよびSwitch LED パラメーターが、見えているにも関わらずEXP 1/2/3 および Variax Vol/Toneに適用されない問題を修正

- スナップショットを選択した際、ごく稀にインプット・ブロックが"None"に戻って反応しなくなってしまう場合がある問題を修正

- 連続可変のBypassアサインが存在するプリセットが複数のスナップショット設定を含んでいる場合、ごく稀にいくつかのパラメーターが正しくリコールされない場合がある問題を修正

- 全般的な安定性の向上

- その他の小さなバグ修正と最適化

 

<既知の問題点>

- Heix Editでスナップショットを変更する際、ブロックのリドローが通常より遅くなりますが、これは実際のスナップショットの選択には影響しません。

- Helix editor から自動Enable/Bypassがアサインされたブロックをコピー/ペーストする際、実際には正しくペーストされているにも関わらず”Cannot paste block” というエラーメッセージが出る場合があります。
対処法: プリセットをセーブして、再度アプリケーションを同期させます。


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 79 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 2.11
Released 12/15/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helix Editor v2.11 リリースノート

 

Helix v2.11.0 は新しいアンプ/エフェクト・モデル、機能の追加・修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.11をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

 

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.00の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.00となります。

 

注:新しい2.11のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.11) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。 http://line6.com/software/ ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.10) も含まれています。

 

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

 

5. Line 6 Updater の最新版(1.10) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.11) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

 

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.11は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

 

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.11) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

 

<バグ(不具合)の修正>

- 2.10より前のバージョンで作られたスナップショットを含むプリセットをインポートした際、エクスプレッションペダルのスクリブルストリップ上にEXP2が表示されない場合がある問題を修正

- 2.10より前のバージョンで作られたIR 127もしくは128がロードされたプリセットをインポートした際に不具合が生じる場合がある問題を修正

- Bypass Assign > Waitのデフォルト値がハードウェア上では 300ms であるのに対して、Helix Editで選択した際は 100ms になっている問題を修正

- Bypass Assign >カスタムラベルおよびSwitch LED パラメーターが、見えているにも関わらずEXP 1/2/3 および Variax Vol/Toneに適用されない問題を修正

- スナップショットを選択した際、ごく稀にインプット・ブロックが"None"に戻って反応しなくなってしまう場合がある問題を修正

- 連続可変のBypassアサインが存在するプリセットが複数のスナップショット設定を含んでいる場合、ごく稀にいくつかのパラメーターが正しくリコールされない場合がある問題を修正

- 全般的な安定性の向上

- その他の小さなバグ修正と最適化

 

<既知の問題点>

- Heix Editでスナップショットを変更する際、ブロックのリドローが通常より遅くなりますが、これは実際のスナップショットの選択には影響しません。

- Helix editor から自動Enable/Bypassがアサインされたブロックをコピー/ペーストする際、実際には正しくペーストされているにも関わらず”Cannot paste block” というエラーメッセージが出る場合があります。
対処法: プリセットをセーブして、再度アプリケーションを同期させます。


OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 88 MB )

Get Download




Flash Memory      
2569431
Version 2.11
Released 12/15/16

Works with:
Helix

Helix ファームウェア v2.11 リリースノート

 

Helix v2.11.0 は新しいアンプ/エフェクト・モデル、機能の追加・修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.11をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

 

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.00の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.00となります。

 

注:新しい2.11のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.11) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。 http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.10) も含まれています。

 

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

 

5. Line 6 Updater の最新版(1.10) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.11) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

 

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.11は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

 

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.11) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

 

<バグ(不具合)の修正>

- 2.10より前のバージョンで作られたスナップショットを含むプリセットをインポートした際、エクスプレッションペダルのスクリブルストリップ上にEXP2が表示されない場合がある問題を修正

- 2.10より前のバージョンで作られたIR 127もしくは128がロードされたプリセットをインポートした際に不具合が生じる場合がある問題を修正

- Bypass Assign > Waitのデフォルト値がハードウェア上では 300ms であるのに対して、Helix Editで選択した際は 100ms になっている問題を修正

- Bypass Assign >カスタムラベルおよびSwitch LED パラメーターが、見えているにも関わらずEXP 1/2/3 および Variax Vol/Toneに適用されない問題を修正

- スナップショットを選択した際、ごく稀にインプット・ブロックが"None"に戻って反応しなくなってしまう場合がある問題を修正

- 連続可変のBypassアサインが存在するプリセットが複数のスナップショット設定を含んでいる場合、ごく稀にいくつかのパラメーターが正しくリコールされない場合がある問題を修正

- 全般的な安定性の向上

- その他の小さなバグ修正と最適化

 

<既知の問題点>

- Heix Editでスナップショットを変更する際、ブロックのリドローが通常より遅くなりますが、これは実際のスナップショットの選択には影響しません。

- Helix editor から自動Enable/Bypassがアサインされたブロックをコピー/ペーストする際、実際には正しくペーストされているにも関わらず”Cannot paste block” というエラーメッセージが出る場合があります。
対処法: プリセットをセーブして、再度アプリケーションを同期させます。


OS: Mac OS X, Mac OS Jaguar, Mac OS Panther, Mac OS Leopard, Windows 7, Mac OS Snow Leopard, Mac OS Lion, Mac OS Mountain Lion, Windows 8, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Windows 10, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 3 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 2.10
Released 11/22/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helix Editor v2.10 リリースノート

 

Helix v2.10は新しいアンプ/エフェクト・モデル、機能の追加・修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.10をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1.全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

 

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.00の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.00となります。

 

注:新しい2.10のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.10) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.10) も含まれています。

 

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

 

5. Line 6 Updater の最新版(1.10) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.10) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

 

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.10は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.10) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

 

新しい機能

- EXP 1/2/3 およびVariax Volume/Tone ノブからのブロックのEnable/Bypass自動切替 :連続してプロセッシングするタイプのブロック(ワウやワーミー等)が、EXP 1、 EXP 2、EXP 3あるいは Variaxのボリューム/トーンノブを動かすだけでEnable/Bypassを切り替えることができるようになりました。MENUに続けてノブ 1 (Bypass Assign)を押します。ノブ 1 (Switch) を回して目的のスイッチを選択します。 連続可変タイプのコントローラーを選択している場合は、ノブ 2 (Position) および ノブ 3 (Wait) が表示されます。

-

Bypass Assign > Positionパラメーター:Positionは、ブロックで設定されているエクスプレッション・ペダルやVariaxノブの可動範囲のどの位置で切替を行うかを定義します。例えば、1%に設定されている場合、ベダルがヒール・ポジションに動かされたときにブロックはオフになります。99%に設定されている場合は、トー・ポジションに動かされるとオンになります。ポジションに関係なく、オン/オフを入れ替えるには、BYPASSボタンを押します。

- Bypass Assign > Waitパラメーター:Waitは、エクスプレッション・ペダルやVariaxノブがPosition設定を下回った際、ブロックがオフになるまでの時間を定義します。例えば、ワウを効かせたかっこいいファンク・ソロの途中で、ヒール・ポジションに行く度にすぐにオフになってしまったりしないようにする事ができます。

- MIDI経由でのブロックバイパス:個々のプロセッシング・ブロックは、外部からのMIDI CCメッセージでEnable/Bypassが切り替えられるようになりました。MENUボタン、続いてノブ 1(Bypass Assign)を押します。ノブ4(MIDI In) をまわして目的のMIDI CCを選択します。CC値0-63はブロックをオフに、64-127はオンにします。いくつかのMIDI CCは、他の共通機能向けにリザーブされているため、選択できないようになっています。

- バイパス・アサインのラーン機能対応:コントローラー・アサインと同様に、選択したブロックのバイパス・アサインも手動で設定する以外に、ソースを「ラーン」機能で覚えさせる事ができるようになりました。Bypass Assignのスクリーン上で、ノブ6 (Learn) を押し、目的のフットスイッチ、エクスプレッション・ペダル、Variaxノブ、MIDI CCを設定します。Helixは、ノブ1の上にスイッチを、MIDI CCの場合はノブ4(MIDI In)の上に表示します。

- 全てのバイパス・アサインを一括でクリア:すべてのバイパス・アサインを一度にクリアできるようになりました。Bypass AssignのスクリーンからACTION を押し、続いて ノブ 1 (Clear All Assignments). そして確認のためノブ 6 (OK) を押します。

- スナップショット時のフットスイッチのLED カラー:スナップショット時のフットスイッチの色を選択できるようになりました。PRESETSノブ、続いて ノブ 6 (Rename Snapshot)を押します。 ノブ 5 (LED Color) を回して目的の色を選択します。 “Auto Color” はデフォルトの赤です。
注:現時点では、Helixアプリケーションからスナップショット時のフットスイッチの色を設定することはできません。

- Split > Y パランス・パラメーター:これまでのSplit > Y ブロックは左右両方の信吾をパスAとBに均等に送っていました。2.10では、パスAとBに送る信号の個々のバランス(パン)をコントロールできるようになりました。デフォルトでは “Center”に設定されており、従来のSplit > Yブロックと同様に動作します。

- MIDIパンツのサポート

 

改善と変更

- Delay > Vintage DigitalにHeadroomのパラメーターを追加しました。

- スナップショットで現在のアクティブなエクスプレッション・コントローラー (EXP 1 もしくは EXP 2) をペダル上でリコールできるようになりました。

- Split > Y がバイパスできるようになりました。バイパス時には、ブロックは左右両方の信号をパスA/Bに均等に送ります。(従来のSplit Yブロック同様)

- ルーパー・モード時のLEDが、状態がより分かりやすいdim/litの2段階表示になりました。

-ペダルエディットモードで、選択されていないパラメーターのスイッチのLEDがdim表示になりました。

- プリセット、セットリスト、スナップショットおよびストンプモードのカスタムラベルの名前を付ける際、リストでスラッシュ「/」が選択できるようになりました。

- Bypass Assign > ノブ 1 (Footswitch)は 、より適切に意味を反映するため“Switch” に変更されました。

- タップ・テンポはプリセットの歪み具合に影響しなくなりました。

- ファクトリープリセット・バンドルのマイナー・アップデート

- ユーザーがアップデートの手順に従わなかった場合、Helixは毎週木曜日の午後1時から3時の間、ユーザーの車のラジオからポルカ・デスメタルしか流れないようにしてしまいます。

 

既知の問題点

- ごく稀に、Volume/Pan を含んだデータの破損したプリセットで、ボリュームペダルが0%に落ちる事があります。このような場合では、ボリュームペダルを完全に消去してから、再度追加します。もし同じプリセットでこの問題が繰り返される場合は、Line 6 カスタマーサービスに連絡してください。

- Bypass Assign > Wait のデフォルト値がハードウエア上では300msなのに、Helix Editで選択した場合は100ms になっている。

- Helix editor から自動Enable/Bypassがアサインされたブロックをコピー/ペーストする際、実際には正しくペーストされているにも関わらず”Cannot paste block” というエラーメッセージが出る場合があります。
対処法:プリセットをセーブして、再度アプリケーションを同期させます。

 


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 79 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 2.10
Released 11/22/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helix Editor v2.10 リリースノート

 

Helix v2.10は新しいアンプ/エフェクト・モデル、機能の追加・修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.10をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1.全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

 

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.00の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.00となります。

 

注:新しい2.10のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.10) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.10) も含まれています。

 

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

 

5. Line 6 Updater の最新版(1.10) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.10) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

 

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.10は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.10) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

 

新しい機能

- EXP 1/2/3 およびVariax Volume/Tone ノブからのブロックのEnable/Bypass自動切替 :連続してプロセッシングするタイプのブロック(ワウやワーミー等)が、EXP 1、 EXP 2、EXP 3あるいは Variaxのボリューム/トーンノブを動かすだけでEnable/Bypassを切り替えることができるようになりました。MENUに続けてノブ 1 (Bypass Assign)を押します。ノブ 1 (Switch) を回して目的のスイッチを選択します。 連続可変タイプのコントローラーを選択している場合は、ノブ 2 (Position) および ノブ 3 (Wait) が表示されます。

-

Bypass Assign > Positionパラメーター:Positionは、ブロックで設定されているエクスプレッション・ペダルやVariaxノブの可動範囲のどの位置で切替を行うかを定義します。例えば、1%に設定されている場合、ベダルがヒール・ポジションに動かされたときにブロックはオフになります。99%に設定されている場合は、トー・ポジションに動かされるとオンになります。ポジションに関係なく、オン/オフを入れ替えるには、BYPASSボタンを押します。

- Bypass Assign > Waitパラメーター:Waitは、エクスプレッション・ペダルやVariaxノブがPosition設定を下回った際、ブロックがオフになるまでの時間を定義します。例えば、ワウを効かせたかっこいいファンク・ソロの途中で、ヒール・ポジションに行く度にすぐにオフになってしまったりしないようにする事ができます。

- MIDI経由でのブロックバイパス:個々のプロセッシング・ブロックは、外部からのMIDI CCメッセージでEnable/Bypassが切り替えられるようになりました。MENUボタン、続いてノブ 1(Bypass Assign)を押します。ノブ4(MIDI In) をまわして目的のMIDI CCを選択します。CC値0-63はブロックをオフに、64-127はオンにします。いくつかのMIDI CCは、他の共通機能向けにリザーブされているため、選択できないようになっています。

- バイパス・アサインのラーン機能対応:コントローラー・アサインと同様に、選択したブロックのバイパス・アサインも手動で設定する以外に、ソースを「ラーン」機能で覚えさせる事ができるようになりました。Bypass Assignのスクリーン上で、ノブ6 (Learn) を押し、目的のフットスイッチ、エクスプレッション・ペダル、Variaxノブ、MIDI CCを設定します。Helixは、ノブ1の上にスイッチを、MIDI CCの場合はノブ4(MIDI In)の上に表示します。

- 全てのバイパス・アサインを一括でクリア:すべてのバイパス・アサインを一度にクリアできるようになりました。Bypass AssignのスクリーンからACTION を押し、続いて ノブ 1 (Clear All Assignments). そして確認のためノブ 6 (OK) を押します。

- スナップショット時のフットスイッチのLED カラー:スナップショット時のフットスイッチの色を選択できるようになりました。PRESETSノブ、続いて ノブ 6 (Rename Snapshot)を押します。 ノブ 5 (LED Color) を回して目的の色を選択します。 “Auto Color” はデフォルトの赤です。
注:現時点では、Helixアプリケーションからスナップショット時のフットスイッチの色を設定することはできません。

- Split > Y パランス・パラメーター:これまでのSplit > Y ブロックは左右両方の信吾をパスAとBに均等に送っていました。2.10では、パスAとBに送る信号の個々のバランス(パン)をコントロールできるようになりました。デフォルトでは “Center”に設定されており、従来のSplit > Yブロックと同様に動作します。

- MIDIパンツのサポート

 

改善と変更

- Delay > Vintage DigitalにHeadroomのパラメーターを追加しました。

- スナップショットで現在のアクティブなエクスプレッション・コントローラー (EXP 1 もしくは EXP 2) をペダル上でリコールできるようになりました。

- Split > Y がバイパスできるようになりました。バイパス時には、ブロックは左右両方の信号をパスA/Bに均等に送ります。(従来のSplit Yブロック同様)

- ルーパー・モード時のLEDが、状態がより分かりやすいdim/litの2段階表示になりました。

-ペダルエディットモードで、選択されていないパラメーターのスイッチのLEDがdim表示になりました。

- プリセット、セットリスト、スナップショットおよびストンプモードのカスタムラベルの名前を付ける際、リストでスラッシュ「/」が選択できるようになりました。

- Bypass Assign > ノブ 1 (Footswitch)は 、より適切に意味を反映するため“Switch” に変更されました。

- タップ・テンポはプリセットの歪み具合に影響しなくなりました。

- ファクトリープリセット・バンドルのマイナー・アップデート

- ユーザーがアップデートの手順に従わなかった場合、Helixは毎週木曜日の午後1時から3時の間、ユーザーの車のラジオからポルカ・デスメタルしか流れないようにしてしまいます。

 

既知の問題点

- ごく稀に、Volume/Pan を含んだデータの破損したプリセットで、ボリュームペダルが0%に落ちる事があります。このような場合では、ボリュームペダルを完全に消去してから、再度追加します。もし同じプリセットでこの問題が繰り返される場合は、Line 6 カスタマーサービスに連絡してください。

- Bypass Assign > Wait のデフォルト値がハードウエア上では300msなのに、Helix Editで選択した場合は100ms になっている。

- Helix editor から自動Enable/Bypassがアサインされたブロックをコピー/ペーストする際、実際には正しくペーストされているにも関わらず”Cannot paste block” というエラーメッセージが出る場合があります。
対処法:プリセットをセーブして、再度アプリケーションを同期させます。


OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 88 MB )

Get Download




Flash Memory      
e561954
Version 2.10
Released 11/22/16

Works with:
Helix

Helix ファームウェア 2.10 リリースノート

 Helix v2.10.0 は新しいモデル、機能、修正、安定性の向上や最適化を含むファームウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.10をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

 

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.00の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.00となります。

 

注:新しい2.10のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.10) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.10) も含まれています。

 

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

 

5. Line 6 Updater の最新版(1.10) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.10) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

 

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.10は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.10) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

 

新しいアンプ・モデル

Archetype Clean - Paul Reed Smith® Archon® のクリーン・チャンネルがベース

Archetype Lead - Paul Reed Smith® Archon® のリード・チャンネルがベース

Line 6 Litigator - ブティック系ミッドゲイン・アンプにヒントを得た新しいLine 6オリジナルアンプ


新しいエフェクト・モデル

- Distortion > Stupor OD (Mono, Stereo) - BOSS® SD-1 スーパー・オーバードライブがベース

- Delay > Pitch Echo (Mono, Stereo) - Line 6 オリジナル

* Paul Reed Smith、ArchonはPaul Reed Smith Guitars, LPの登録商標です。

* BOSSはRoland Corporation U.S.の登録商標です。


新しい機能

- EXP 1/2/3 およびVariax Volume/Tone ノブからのブロックのEnable/Bypass自動切替 :連続可変でプロセッシングするタイプのブロック(ワウやワーミー等)が、EXP 1、 EXP 2、EXP 3あるいは Variaxのボリューム/トーンノブを動かすだけでEnable/Bypassを切り替えることができるようになりました。MENUに続けてノブ 1 (Bypass Assign)を押します。ノブ 1 (Switch) を回して目的のスイッチを選択します。連続可変タイプのコントローラーを選択している場合は、ノブ 2 (Position) および ノブ 3 (Wait) が表示されます。

- Bypass Assign > Positionパラメーター:Positionは、ブロックで設定されているエクスプレッション・ペダルやVariaxノブの可動範囲のどの位置で切替を行うかを定義します。例えば、1%に設定されている場合、ベダルがヒール・ポジションに動かされたときにブロックはオフになります。99%に設定されている場合は、トー・ポジションに動かされるとオンになります。ポジションに関係なく、オン/オフを入れ替えるには、BYPASSボタンを押します。

- Bypass Assign > Waitパラメーター:Waitは、エクスプレッション・ペダルやVariaxノブがPosition設定を下回った際、ブロックがオフになるまでの時間を定義します。例えば、ワウを効かせたかっこいいファンク・ソロの途中で、ヒール・ポジションに行く度にすぐにオフになってしまったりしないようにする事ができます。

- MIDI経由でのブロックバイパス:個々のプロセッシング・ブロックは、外部からのMIDI CCメッセージでEnable/Bypassが切り替えられるようになりました。MENUボタン、続いてノブ 1(Bypass Assign)を押します。ノブ4(MIDI In) をまわして目的のMIDI CCを選択します。 CC値0-63はブロックをオフに、64-127はオンにします。いくつかのMIDI CCは、他の共通機能向けにリザーブされているため、選択できないようになっています。

- バイパス・アサインのラーン機能対応:コントローラー・アサインと同様に、選択したブロックのバイパス・アサインも手動で設定する以外に、ソースを「ラーン」機能で覚えさせる事ができるようになりました。Bypass Assignのスクリーン上で、ノブ6 (Learn) を押し、目的のフットスイッチ、エクスプレッション・ペダル、Variaxノブ、MIDI CCを設定します。Helixは、ノブ1の上にスイッチを、MIDI CCの場合はノブ4(MIDI In)の上に表示します。

- 全てのバイパス・アサインを一括でクリア:すべてのバイパス・アサインを一度にクリアできるようになりました。Bypass AssignのスクリーンからACTION を押し、続いて ノブ 1 (Clear All Assignments). そして確認のためノブ 6 (OK) を押します。

- スナップショット時のフットスイッチのLED カラー:スナップショット時のフットスイッチの色を選択できるようになりました。PRESETSノブ、続いて ノブ 6 (Rename Snapshot)を押します。 ノブ 5 (LED Color) を回して目的の色を選択します。 “Auto Color” はデフォルトの赤です。
注:現時点では、Helixアプリケーションからスナップショット時のフットスイッチの色を設定することはできません。

- Split > Y パランス・パラメーター:これまでのSplit > Y ブロックは左右両方の信吾をパスAとBに均等に送っていました。2.10では、パスAとBに送る信号の個々のバランス(パン)をコントロールできるようになりました。デフォルトでは “Center”に設定されており、従来のSplit > Yブロックと同様に動作します。

- MIDIパンツのサポート


改善と変更

- Delay > Vintage DigitalにHeadroomのパラメーターを追加しました。

- スナップショットで現在のアクティブなエクスプレッション・コントローラー (EXP 1 もしくは EXP 2) をペダル上でリコールできるようになりました。

- Split > Y がバイパスできるようになりました。バイパス時には、ブロックは左右両方の信号をパスA/Bに均等に送ります。(従来のSplit Yブロック同様)

- ルーパー・モード時のLEDが、状態がより分かりやすいdim/litの2段階表示になりました。

- ペダルエディットモードで、選択されていないパラメーターのスイッチのLEDがdim表示になりました。

- プリセット、セットリスト、スナップショットおよびストンプモードのカスタムラベルの名前を付ける際、リストでスラッシュ「/」が選択できるようになりました。

- Bypass Assign > ノブ 1 (Footswitch)は 、より適切に意味を反映するため“Switch” に変更されました。

- タップ・テンポはプリセットの歪み具合に影響しなくなりました。

- ファクトリープリセット・バンドルのマイナー・アップデート

- ユーザーがアップデートの手順に従わなかった場合、Helixは毎週木曜日の午後1時から3時の間、ユーザーの車のラジオからポルカ・デスメタルしか流れないようにしてしまいます。


バグ修正

- Controller AssignページでIRブロックを選択した際、おかしなグラフィックが表示される場合がある問題を解決しました。

- Command Center ページでEXP 3にコマンドをアサインする際、 まれに緑色のインジケーターが表示されない場合がある問題を解決しました。

- Looper MIDI CC メッセージを外部機器を通じて送受信する際、MIDIフィードバックが起きる場合がある問題を解決しました。

- 全般的な安定性の向上

- その他小さなバグの修正と最適化


既知の問題点

- ごく稀に、Volume/Pan を含んだデータの破損したプリセットで、ボリュームペダルが0%に落ちる事があります。このような場合では、ボリュームペダルを完全に消去してから、再度追加します。もし同じプリセットでこの問題が繰り返される場合は、Line 6 カスタマーサービスに連絡してください。

- Bypass Assign > Wait のデフォルト値がハードウエア上では300msなのに、Helix Editで選択した場合は100ms になっている。

- Helix editor から自動Enable/Bypassがアサインされたブロックをコピー/ペーストする際、実際には正しくペーストされているにも関わらず”Cannot paste block” というエラーメッセージが出る場合があります。
対処法:プリセットをセーブして、再度アプリケーションを同期させます。


OS: Mac OS X, Mac OS Jaguar, Mac OS Panther, Mac OS Leopard, Windows 7, Mac OS Snow Leopard, Mac OS Lion, Mac OS Mountain Lion, Windows 8, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Windows 10, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 3 MB )

Get Download




Drivers      
Line 6 Driver2
Version 1.84
Released 11/2/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Adds drivers attestation signing, which is necessary for passing installation on secure boot enabled systems that have a clean install of Windows 10 Anniversary Edition.


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 7 MB )

Get Download




Line 6 Updater      
Line 6 Updater
Version 1.10
Released 9/23/16

Works with:
AMPLIFi 150
AMPLIFi 30
AMPLIFi 75
AMPLIFi FX100
AMPLIFi TT
FBV3
Firehawk 1500
Firehawk FX
Helix
Helix Control
Helix Rack
Relay G10 Receiver
Relay G10 Transmitter
Relay G70 Receiver
Relay G75 Receiver
Relay TB516 G
Spider V 120
Spider V 240
Spider V 240HC
Spider V 30
Spider V 60

This update adds support for Spider V.


OS: Mac OS X, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 65 MB )

Get Download




Line 6 Updater      
Line 6 Updater
Version 1.10
Released 9/23/16

Works with:
AMPLIFi 150
AMPLIFi 30
AMPLIFi 75
AMPLIFi FX100
AMPLIFi TT
FBV3
Firehawk 1500
Firehawk FX
Helix
Helix Control
Helix Rack
Relay G10 Receiver
Relay G10 Transmitter
Relay G70 Receiver
Relay G75 Receiver
Relay TB516 G
Spider V 120
Spider V 240
Spider V 240HC
Spider V 30
Spider V 60

本アップデートによりSpider Vシリーズへの対応が追加されます。


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 53 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 2.01
Released 7/20/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helix Editor v2.01 リリースノーツ

 
Helix v2.01.0 は新しい機能、修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
重要! 新しいソフトウェアをインストールする前に必ずお読みください。
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelixアプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが1.12の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは1.12となります。
 
注:新しい2.01のファクトリープリセットに影響を与えずに空のセットリストに復元するには、個々のセットリストのバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードはこちらから行ってください: http://jp.line6.com/software/ 。ここに最新バージョンのLine 6 Updater (1.09) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. 新しいLine 6 Updater (1.09) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.01) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
“Will reset Globals and restore stock Presets, Setlists and IRs…”のメッセージを待ち、そのまま進めます。
Helix 2.01を正しく機能させるためには、グローバル設定をリセットし、プリセットを再構築する必要があります。
 
7. Helix/Helix Rackの電源を切ります。
Helix: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。
Helix Rack: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.01) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。
 

改善点

- Tapテンポに加えて、スナップショットとフットスイッチにもGlobal Settings > Preferences > Tap Tempo Pitch settingが適用されます。

- Ver2.0で新しいプリセットを作成した場合のギター入力インピーダンス設定が“Auto”に変わりましたが、既存のファクトリープリセットでもその設定が反映されるようになりました。

 

バグ・フィックス

- 多くのコントローラー・アサインが含まれた2.0未満のバージョン(v1.x)で作成された特定のプリセットにおいて、アップデート後に適切にプリセットが再構築されないことがある問題を修正しました。

- Controller Assignの画面からフットスイッチのLEDパラメーターが切り替わらなかった問題を修正しました。

- 稀に、エクスポートしたExt AmpとNote Onメッセージの状態がインポートすると無視される問題を修正しました。

- Helix > Preferences > Stereo IR Importの設定が記憶できない問題を修正しました。

- プリセット、セットリスト、またはIRをロード/エクスポート中にキー・コマンドを操作すると動作が不安定になる問題を修正しました。

- 全般的な安定性の向上

- 軽微なバグ修正と最適化

 

既知の問題点

- Distortion > Bitcrusher Bit Depthパラメーターが“undefined”と表示されるにもかかわらず、ハードウェアからは正常に機能する


OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra
( 87 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 2.01
Released 7/20/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helix Editor v2.01 リリースノーツ

 
Helix v2.01.0 は新しい機能、修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
重要! 新しいソフトウェアをインストールする前に必ずお読みください。
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelixアプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが1.12の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは1.12となります。
 
注:新しい2.01のファクトリープリセットに影響を与えずに空のセットリストに復元するには、個々のセットリストのバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードはこちらから行ってください: http://jp.line6.com/software/ 。ここに最新バージョンのLine 6 Updater (1.09) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. 新しいLine 6 Updater (1.09) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.01) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
“Will reset Globals and restore stock Presets, Setlists and IRs…”のメッセージを待ち、そのまま進めます。
Helix 2.01を正しく機能させるためには、グローバル設定をリセットし、プリセットを再構築する必要があります。
 
7. Helix/Helix Rackの電源を切ります。
Helix: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。
Helix Rack: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.01) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。
 

改善点

- Tapテンポに加えて、スナップショットとフットスイッチにもGlobal Settings > Preferences > Tap Tempo Pitch settingが適用されます。

- Ver2.0で新しいプリセットを作成した場合のギター入力インピーダンス設定が“Auto”に変わりましたが、既存のファクトリープリセットでもその設定が反映されるようになりました。

 

バグ・フィックス

- 多くのコントローラー・アサインが含まれた2.0未満のバージョン(v1.x)で作成された特定のプリセットにおいて、アップデート後に適切にプリセットが再構築されないことがある問題を修正しました。

- Controller Assignの画面からフットスイッチのLEDパラメーターが切り替わらなかった問題を修正しました。

- 稀に、エクスポートしたExt AmpとNote Onメッセージの状態がインポートすると無視される問題を修正しました。

- Helix > Preferences > Stereo IR Importの設定が記憶できない問題を修正しました。

- プリセット、セットリスト、またはIRをロード/エクスポート中にキー・コマンドを操作すると動作が不安定になる問題を修正しました。

- 全般的な安定性の向上

- 軽微なバグ修正と最適化

 

既知の問題点

- Distortion > Bitcrusher Bit Depthパラメーターが“undefined”と表示されるにもかかわらず、ハードウェアからは正常に機能する


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 76 MB )

Get Download




Flash Memory      
b8e2346
Version 2.00
Released 7/6/16

Works with:
Helix

Helix Firmware 2.0 リリースノーツ

 

Helix v2.00は新しいモデル、機能、修正、安定性の向上や最適化を含むファームウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

重要! 新しいソフトウェアをインストールする前に必ずお読みください。

 

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

 

2. 現在インストール済みのHelixアプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが1.12の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは1.12となります。

 

注:新しい2.0のファクトリープリセットに影響を与えずに空のセットリストに復元するには、個々のセットリストのバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードはこちらから行ってください: http://jp.line6.com/software/。ここに最新バージョンのLine 6 Updater (1.09) も含まれています。

 

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

 

5. 新しいLine 6 Updater (1.09) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.00) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

 

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

7. Helix/Helix Rackの電源を切ります。
Helix: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。
Helix Rack: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

“Will reset Globals and restore stock Presets, Setlists and IRs…”のメッセージを待ち、そのまま進めます。
Helix 2.0を正しく機能させるためには、グローバル設定をリセットし、プリセットを再構築する必要があります。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

 

新しいアンプモデル

Cali IV Rhythm 1, MESA/Boogie® Mk IVのRhythm Iチャンネルがベース*

Cali IV Rhythm 2, MESA/Boogie® Mk IVのRhythm IIチャンネルがベース*

Cali IV Lead, MESA/Boogie® Mk IVのLeadチャンネルがベース*

Line 6 2204 Mod, ホットロッド仕様のMarshall® JCM 800をベース*にしたLine 6オリジナル

- Line 6 Fatality, Line 6 オリジナル

 

新しいエフェクトモデル

- Distortion > Wringer Fuzz (Mono, Stereo), Garbageの特別仕様BOSS® FZ-2がベース*

- EQ > Cali Q Graphic (Mono, Stereo), MESA/Boogie® Mk IVの 5バンド EQ*

- Modulation > Harmonic Tremolo (Mono, Stereo), Line 6 オリジナル

- Delay > Vintage Digital (Mono, Stereo), Line 6 オリジナル

 

* 全ての製品名は各社が所有する商標であり、Line 6との協力、協賛関係はありません。他社の商標は、Line 6がサウンド・モデルの開発において研究したトーンとサウンドを識別する目的でのみ使用されています。Mesa/BoogieはMesa/Boogie, Ltd.の商標です。 Marshall及びJCMはMarshall Amplification Plc.の商標です。 BOSSはRoland Corporationの商標です。

 

新機能

- スナップショット — アンプ/エフェクトブロックのオン/オフ、最大64のパラメータ値、特定のコマンドセンターの設定、テンポ、あるいはディレイ/リバーブ/FXループで音切れなく切り替えるTrailの設定等、1つのプリセット内で8種類の異なる設定を「スナップショット」として保存し、それぞれを瞬時に呼び出す事ができます。
スナップショットを選択するには、BANK UPとBANK DOWNを同時に押し、中央の8つのフットスイッチの内何れかを押します。Helix Rackのオーナーで、まだHelix Controlを導入していない場合は(導入をお勧めします!)、PRESETSを押してノブ5を回して選択します。

- スナップショット・パラメーター・アサイン — パラメータを調整する際、各スナップショットに自動的にアップデートを反映させるには、ノブを押しながら回します。自動的に反映させないようにするには、単にノブを回して調整します。もし、不注意によって押しながら回してしまった場合には、BYPASSを押しながらノブを押すとスナップショットから解除されます。

- スナップショットのコピー/ペースト — コピーしたいスナップショットのフットスイッチにしばらく触れている間に、上書きしたいスナップショットのフットスイッチに触れて離します。Helix RackでHelix Controlをまだ導入していない場合は(導入をお勧めします!)、コピーしたいプリセットを選択してPRESETS、ACTIONの順に押します。その後上書きしたいスナップショットを選択し、ACTION,そしてノブ2の順に押します。

- スナップショットの入替 — 対象になる2つのスナップショット・フットスイッチにしばらく触れていると、スナップショットを入れ替えるかどうかを確認するダイアログが表示されます。

- スナップショットの名前の変更 PRESETS 、そしてノブ6(Rename Snapshot)を押して、“VERSE 1”、“BIG SOLO”、 “D. IGLOO.”と言ったわかりやすい名前を付けます。スナップショットの名前には最大10文字まで使用できます。

- スナップショットの編集(Global Settings > Preferences > Snapshot Edits) — スナップショット上で行ったあらゆる編集を記憶させてくかどうかを選択できます。”Recall”はスナップショットへのあらゆる編集を自動的に記憶し、”Discard” はプリセットが最後にセーブされた状態以降に加えられた編集は記憶しません。何れにしても、スナップショット上の変更を保存するにはプリセットをセーブする必要があります。
“Discard.”に設定している場合は、ホームスクリーン上のカメラのアイコンが赤く表示されます。
ショートカット:この設定を切り替えるにはBYPASS を長押ししながらSAVEを押します。

- テンポ設定(Global Settings > MIDI/Tempo > Tempo Select) — Global とPer Preset (これがデフォルトです)に加え, Helixのテンポはスナップショット毎にセットできるようになりました。
ショートカット:パラメータの設定/確認するにはTAPに触れます。

- プリセットモード・スイッチ(Global Settings > Footswitches > Preset Mode Switches) — プリセットスイッチ・モードではPresets、Snapshots、Stompsが選択できるようになりました。デフォルトの設定は変わりませんが、“8 Presets”と表示されます。

- スナップショットモード・フットスイッチ(Global Settings > Footswitches > Snapshot Mode Footswitches) — Global Settings > Footswitchesの パラメータでは、スナップショットモードの場合フットスイッチをAuto Return (選択後自動的にプリセットまたはストンプフットスイッチ・モードに戻る)もしくは Manual Return (FS6 [CANCEL]を押すまでスナップショット・フットスイッチ・モードを維持する)に設定できます。

- Up/Downスイッチ(Global Settings > Footswitches > Up/Down Switches) — FS1 とFS7は、Bank Up/Down、Preset Up/Down、Snapshot Up/Downの3種類のオプションが、Global Settings > Footswitches メニューから選択可能になりました。
ショートカット:FS1とFS7を1秒間長押しするとBank Up/Down、Preset Up/Down、Snapshot Up/Downが切り替わります。

- USB In 1/2のトリム(Global Settings > Ins/Outs > USB In 1/2 Trim) — USB 1/2から入ってくる信号のレベルをアッテネートする機能が追加されました。これにより、Mac/PC/iOSのアプリケーションでレベルの調整ができない場合でも、簡単にHelixのプロセッシングに加える事ができます。

- デジタル出力レベル(Global Settings > Ins/Outs > Digital Out Level) — デジタル (S/PDIFおよびAES/EBU)の出力レベルが調整できるようになりました。

- エクスプレッション・ペダルの極性変更(Global Settings > EXP Pedals > EXP 1/2/3 Polarity) — より多くのサードパーティー製エクスプレッション・ペダルに対応するため、EXP 1、 2、 3の極性が変更できるようになりました。

- エクスプレッション・ペダルのポジション設定(Global Settings > EXP Pedals > EXP 1/2/3 Pedal Position) — Global Settings > Footswitches > EXP Pedal Position が各エクスプレッション・ペダル単位で個別のパラメータに分割されました。例えば、ワウに設定したEXP 1はプリセット単位で呼び出し、EXP 2のボリュームペダルは共通の設定、リバーブのDepthをアサインしたEXP 3はスナップショット単位で呼び出すと言った事が可能です。

- Variaxパラメータのコントローラー・アサイン — 各コントローラー (Snapshotsを含む)でVariaxのパラメータをコントロール/リコールできるようになりました。これにより、フットスイッチで2つのギターモデルを切り替えたり、Variaxのトーンノブをエクスプレッション・ペダルでコントロールしたり、Momentary フットスイッチにドロップDをアサインしたり, スナップショット毎に全く異なるチューニングを呼び出すと言ったクールな使い方ができます。
特別な設定はなく、単に他と同様にコントローラーにVariaxのパラメータをアサインするだけです。

 - プリセット毎のGuitar 入力インピーダンス設定 — Global Settings > Ins/Outs > Guitar In Impedance haは Input > Multi and Input > Guitar In ブロックへ移動し、プリセット毎に呼び出す事ができるようになりました。これは、ノブ4に “Guitar In-Z.”と表示されます。これはHomeページにあるので、お使いのギターに装備されているピックアップに応じて、フットスイッチやスナップショットにリアルタイムでアサインする事が可能です。初期設定は“Auto.”に変更されています。

- チューナー表示の向上 — チューナーのディスプレイに –3-centから+3-centの表示が追加され、より詳細な表示調整が可能になりました。精度自体は変更ありません。

- MIDIリコール表示 — Setlistメニューを開くためにPRESETSを押します。ノブ2の上にグレーの文字で、現在のセットリストや、プリセット、スナップショットをリモートで呼び出すために必要なMIDI メッセージが表示されますので、マニュアル内を探し回る必要がありません。

 

その他の改善点

- ショートカット: BYPASSを長押ししてパラメータ・ノブを押すと、コントローラー・アサイン(スナップショット・コントローラーを含む)をすぐにクリアする事ができます。

- ショートカット: ペダルエディット・モードで、FS10 (VALUE–) と FS11 (VALUE+)を長押しすると値を素早くスクロールする事ができます。 Helix Rack/Controlユーザーはエクスプレッション・ペダルが接続されていなくても、足でパラメータを素早く調整できます。

- ショートカット: ペダルエディット・モードで、Time(もしくはSpeed)のパラメータ・スイッチを長押しすると、ノブを押すのと同様に、ms (もしくは Hz)とノートの値を切り替える事ができます。

- Helixのピッチ検出アルゴリズムが最適化され、トラッキングがわずかに早くなりました。

- グローバル設定メニューのパラメータが、カテゴリーをより適切に反映するよう再構築されました。例えば、Tap Tempo Pitch は新しいPreferences のサブメニューに移動し、Infoサブメニューは削除され、 現在のファームウェア・バージョンはGlobal Settingsスクリーンの最上段に表示されます。

- Save、Name、Customizeスクリーン上で、ノブ3 (Clear)はInsertに置き換わり、以降の文字の前にスペースやシフトをインサートできます。 文字のクリアは、依然ジョイスティックを押す事で可能で、A, a, 0, [SPACE]の順で切り替わります。

- フットスイッチのアサインページは 、機能をより適切に表現するため、“Bypass Assign” に変更されました。

- アサインされたフットスイッチにしばらくの間触れると、Customize ボタンがノブ5にも表示されるようになりました。 Customizeボタンは、フットスイッチに何もアサインされていない場合はグレーアウトします。

- Customize スクリーン上で、ノブ4は カスタムラベルがアサインされている(通常のボタン)かいない(グレーアウトしたボタン)かに関わらず、常にRemoveを表示します。

- 入れ替えるために2つのストンプモード・スイッチにタッチすると、どのフットスイッチが入れ換わるかのテキストが表示されるようになりました。

- スナップショットをMIDI CCメッセージ経由で、リモートで呼び出す事ができるようになりました。CC69メッセージ 値0 はSnapshot 1、値1 はSnapshot 2, 値2 はSnapshot 3…といったようにそれぞれ呼び出します。

- ルーパー・モードのフットスイッチはMIDI CCを送信するようになりました。

- ファクトリープリセットに追加と改善が施されています。

- プリセットのレベルが再設定されています。

- Helixオーナーズマニュアルが2.0にアップデートされました: http://line6.jp/helix/resource.html

 

バグ・フィックス

- 高速のMIDI CCデータを一度に大量に処理する際に、パラメーターの反応が鈍くなる問題を修正しました。

- 300ms毎にアクティブ・センシングのメッセージを送る一部MIDIキーボード(Roland、M-Audio含む)使用時に、Helixからコンピューターへ入力されるMIDI信号が稀に影響を受け、断続的に生じる途切れを修正しました。

- 121Ribbonマイクがデフォルトで設定されている特定のキャビネット・モデルにおいて、マイクが421 Dynamicと表示される問題を修正しました。

- プリセットのインポート/エクスポート時にEXP1/2/3を高速で動かすと、データがロックアウトされる問題を修正しました。

- Command Center > Copy/Paste All Commands実行時、カスタマイズしたラベルがコピーされない問題を修正しました。

- 10スイッチ・ストンプ・モードで動作中に、FS1またはFS7の“Learn Controller”が適応されない問題を修正しました。

- 電源を入れ直した際、Helixがチューナーの出力ルーティングを記憶していない問題を修正しました。

- ファクトリー・リセット後、設定されている値に関わらず、Global Settings > Ins/Outs > XLR Out LevelがトグルされるまでMicのレベルになる問題を修正しました。

- 特定のディレイ・モデルのタイム・パラメーターが、低い値に設定されているにもかかわらず、20ms以下にならない問題を修正しました。

- フットスイッチのLEDのTAPがPer PresetテンポではなくGlobalテンポを反映する問題を修正しました。

- 安定性の向上

- 軽微なバグ修正と最適化

 


OS: Mac OS X, Mac OS Jaguar, Mac OS Panther, Mac OS Leopard, Windows 7, Mac OS Snow Leopard, Mac OS Lion, Mac OS Mountain Lion, Windows 8, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Windows 10, Mac OS El Capitan, macOS Sierra
( 3 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 2.00
Released 7/6/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helix Editor v2.00 リリースノーツ

Helix v2.00は新しい機能、修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
重要! 新しいソフトウェアをインストールする前に必ずお読みください。
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelixアプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが1.12の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは1.12となります。
 
注:新しい2.0のファクトリープリセットに影響を与えずに空のセットリストに復元するには、個々のセットリストのバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードはこちらから行ってください:http://jp.line6.com/software/ 。ここに最新バージョンのLine 6 Updater (1.09) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. 新しいLine 6 Updater (1.09) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.00) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
7. Helix/Helix Rackの電源を切ります。
Helix: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。
Helix Rack: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
“Will reset Globals and restore stock Presets, Setlists and IRs…”のメッセージを待ち、そのまま進めます。
Helix 2.0を正しく機能させるためには、グローバル設定をリセットし、プリセットを再構築する必要があります。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

新しい機能

- スナップショット — アンプ/エフェクトブロックのオン/オフ、最大64のパラメータ値、特定のコマンドセンターの設定、テンポ、あるいはディレイ/リバーブ/FXループで音切れなく切り替えるTrailの設定等、1つのプリセット内で8種類の異なる設定を「スナップショット」として保存し、それぞれを瞬時に呼び出す事ができます。
大きなプリセットネームの下にあるグレーのボックスをクリックして目的のスナップショットをリストから選択します。

- スナップショットのコピー/ペースト — コピーしたいスナップショットを選択し、カメラのアイコンをクリックして”Copy”を選択します。上書きしたいスナップショットを選択して、カメラのアイコンをクリックして”Paste”を選択します。

- スナップショットの名前の変更 — カメラのアイコンを選択して”Rename”を選択します。
ショートカット:スナップショットの名前をクリックして長押し

- テンポ設定 — Tempoボックス(TAPの左側)をクリックしてPer Snapshot、Per Preset (初期設定)、 Globalのいずれかを選択

- Variaxパラメータのコントローラー・アサイン — Controllers (Snapshotsを含む)でVariaxのパラメータをコントロール/リコールできるようになりました。これにより、フットスイッチで2つのギターモデルを切り替えたり、Variaxのトーンノブをエクスプレッション・ペダルでコントロールしたり、Momentary フットスイッチにドロップDをアサインしたり, スナップショット毎に全く異なるチューニングを呼び出すと言ったクールな使い方ができます。
特別な設定はなく、単に他と同様にコントローラーにVariaxのパラメータをアサインするだけです。

- 追加されたショートカット

Shift-Command-C (Win: Ctrl-Shift-C): 選択中のスナップショットをクリップボードにコピー
Shift-Command-V (Win: Ctrl-Shift-V): コピーしたスナップショットを、選択中のスナップショットにペースト
Shift-Command-R (Win: Ctrl-Shift-R): 選択中のスナップショットの名前を変更

その他の改善点

- コントローラーが割り当てられている場合は、値を括弧書きで白く表示
- フットスイッチのアサインページを 、機能をより適切に表現するため“Bypass Assign” に変更
- Helix Application Pilot’s Guideが2.0にアップデート。ヘルプメニューより参照可能。 (英語版のみ)

バグ・フィックス

- 安定性の向上
- 軽微なバグ修正と最適化

既知の問題点
- 128種類以上のIRをHelix アプリケーションにドラッグした場合、IRが全くロードされない
- コントローラーのアサインを解除した場合も、値を囲む括弧表示が消えない場合がある

OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra
( 87 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 2.00
Released 7/6/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helix Editor v2.00 リリースノーツ

Helix v2.00は新しい機能、修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
重要! 新しいソフトウェアをインストールする前に必ずお読みください。
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelixアプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが1.12の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは1.12となります。
 
注:新しい2.0のファクトリープリセットに影響を与えずに空のセットリストに復元するには、個々のセットリストのバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードはこちらから行ってください:http://jp.line6.com/software/ 。ここに最新バージョンのLine 6 Updater (1.09) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. 新しいLine 6 Updater (1.09) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.00) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
7. Helix/Helix Rackの電源を切ります。
Helix: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。
Helix Rack: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
“Will reset Globals and restore stock Presets, Setlists and IRs…”のメッセージを待ち、そのまま進めます。
Helix 2.0を正しく機能させるためには、グローバル設定をリセットし、プリセットを再構築する必要があります。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

新しい機能

- スナップショット — アンプ/エフェクトブロックのオン/オフ、最大64のパラメータ値、特定のコマンドセンターの設定、テンポ、あるいはディレイ/リバーブ/FXループで音切れなく切り替えるTrailの設定等、1つのプリセット内で8種類の異なる設定を「スナップショット」として保存し、それぞれを瞬時に呼び出す事ができます。
大きなプリセットネームの下にあるグレーのボックスをクリックして目的のスナップショットをリストから選択します。

- スナップショットのコピー/ペースト — コピーしたいスナップショットを選択し、カメラのアイコンをクリックして”Copy”を選択します。上書きしたいスナップショットを選択して、カメラのアイコンをクリックして”Paste”を選択します。

- スナップショットの名前の変更 — カメラのアイコンを選択して”Rename”を選択します。
ショートカット:スナップショットの名前をクリックして長押し

- テンポ設定 — Tempoボックス(TAPの左側)をクリックしてPer Snapshot、Per Preset (初期設定)、 Globalのいずれかを選択

- Variaxパラメータのコントローラー・アサイン — Controllers (Snapshotsを含む)でVariaxのパラメータをコントロール/リコールできるようになりました。これにより、フットスイッチで2つのギターモデルを切り替えたり、Variaxのトーンノブをエクスプレッション・ペダルでコントロールしたり、Momentary フットスイッチにドロップDをアサインしたり, スナップショット毎に全く異なるチューニングを呼び出すと言ったクールな使い方ができます。
特別な設定はなく、単に他と同様にコントローラーにVariaxのパラメータをアサインするだけです。

- 追加されたショートカット
    
     Shift-Command-C (Win: Ctrl-Shift-C): 選択中のスナップショットをクリップボードにコピー
     Shift-Command-V (Win: Ctrl-Shift-V): コピーしたスナップショットを、選択中のスナップショットにペースト
     Shift-Command-R (Win: Ctrl-Shift-R): 選択中のスナップショットの名前を変更

その他の改善点

- コントローラーが割り当てられている場合は、値を括弧書きで白く表示
- フットスイッチのアサインページを 、機能をより適切に表現するため“Bypass Assign” に変更
- Helix Application Pilot’s Guideが2.0にアップデート。ヘルプメニューより参照可能。 (英語版のみ)

バグ・フィックス

- 安定性の向上
- 軽微なバグ修正と最適化

既知の問題点
- 128種類以上のIRをHelix アプリケーションにドラッグした場合、IRが全くロードされない
- コントローラーのアサインを解除した場合も、値を囲む括弧表示が消えない場合がある
 

OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 76 MB )

Get Download




Flash Memory      
0dab6d6
Version 1.12.0
Released 5/11/16

Works with:
Helix

Helix Firmware v1.12.0 Release Notes

Helix 1.12.0 is a free update that includes new fixes, stability improvements, and optimizations.

 IMPORTANT! READ BEFORE INSTALLING ANY NEW SOFTWARE!

1. Shut down all Line 6 software as well as any software that streams audio, including, but not limited to: iTunes, Spotify, DAWs, etc.

 

2. Use your CURRENT EXISTING Helix application to back up all of your presets and IRs. If you’re running Helix FW 1.06 or 1.06.5, your current Helix application version should be 1.04. If you’re running Helix FW 1.10, your current Helix application version should be 1.11.

 

3. Quit the CURRENT EXISTING Helix application and download and install the NEW Helix editor (1.12.0), available here: http://line6.com/software/ This also installs the newest version of Line 6 Updater (1.09).

 

4. If you’re using Helix Rack with Helix Control, turn off Helix Control.

 

5. Using the new Line 6 Updater (1.09), update Helix (or Helix Rack) to the newest firmware (1.12.0). If you’re using Helix Rack with Helix Control, after Helix Rack has been updated, connect and power on Helix Control, and it will update automatically.

 

6. Using the latest Helix editor (1.12), restore all user presets and IRs.

 

New Features

- Compatibility with the full version of the Helix editor (1.12)

 

Bug Fixes

- A USB port driver issue within OS X El Capitan precluded certain computers (namely MacBook Pros and iMacs from mid-2012) from allowing communication between Helix and the Helix Editor. Note: You must update OS X to El Capitan 10.11.4 - FIXED

- Helix could not correctly respond to incoming MIDI CC #64 (Tap Tempo) - FIXED

- Helix could sometimes not correctly respond to incoming MIDI PC messages after exporting and then reimporting the same setlist - FIXED

- The Tuner screen’s Output parameter would not remember its value across power cycles - FIXED

- Changing Input or Output types from the Controller Assign screen could sometimes automatically engage the Learn Controller button - FIXED

- Input > Multi and Input > Variax Tone parameter could sometimes maintain its value across presets, even when set to ‘Per Preset’

- Helix Rack’s TAP/TUNER button was unresponsive while in Pedal Edit mode - FIXED

- Expression pedals with inverted polarity could cause Helix Rack to freeze when connected to Helix Control - FIXED

- If two footswitches’ assignments are quick-swapped while in the Controller Assign screen, the most recent assignment could be removed - FIXED

- The Looper block’s icon could incorrectly reflect its state after saving a preset - FIXED

- General stability improvements

- Many other minor bug fixes and optimizations

 

KNOWN ISSUES

- After a Factory Reset, Global Settings > Ins/Outs > XLR Outputs level appears as Line level but is actually Mic level until you move the knob to "Mic" and back to "Line"

- On rare occasions, if Helix is disconnected from the computer within 10 seconds of shutting down the Helix editor, MIDI transmission may become inactive. Always wait 10 seconds after quitting the Helix editor before disconnecting. If you forget, power cycling Helix solves the issue.

- If you send MIDI CC #59 to Helix, it toggles the control between your bypass-assigned blocks for this switch, but the EXP 1 - EXP 2 Toe Switch strip label does not change states as it does when toggled via the on-board pedal.

 

 


OS: Mac OS X, Mac OS Jaguar, Mac OS Panther, Mac OS Leopard, Windows 7, Mac OS Snow Leopard, Mac OS Lion, Mac OS Mountain Lion, Windows 8, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Windows 10, Mac OS El Capitan, macOS Sierra
( 3 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 1.12
Released 5/11/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helix Editor v1.12 Release Notes

 Helix Editor 1.12 is a free update that includes new fixes, stability improvements, and optimizations.

 

IMPORTANT! READ BEFORE INSTALLING ANY NEW SOFTWARE!

 

If you have already updated Helix or Helix Rack’s firmware to 1.12:

 

1. Install the 1.12 Editor update, available at http://line6.com/software/. Check the “Beta” box.

 

 

If you have NOT already updated Helix/Helix Rack’s firmware to 1.12, please follow the instructions below:

 

1. Shut down all Line 6 software as well as any software that streams audio, including, but not limited to: iTunes, Spotify, DAWs, etc.

 

2. Use your CURRENT EXISTING Helix application to back up all of your presets and IRs. If you’re running Helix FW 1.06 or 1.06.5, your current Helix application version should be 1.04. If you’re running Helix FW 1.10, your current Helix application version should be 1.11.

 

3. Quit the CURRENT EXISTING Helix application and download and install the NEW Helix editor (1.12), available here: http://line6.com/software/ This also installs the newest version of Line 6 Updater (1.09).

 

4. If you’re using Helix Rack with Helix Control, turn off Helix Control.

 

5. Using the new Line 6 Updater (1.09), update Helix (or Helix Rack) to the newest firmware (1.12.0). If you’re using Helix Rack with Helix Control, after Helix Rack has been updated, connect and power on Helix Control, and it will update automatically.

 

6. Using the latest Helix editor (1.12), restore all user presets and IRs.

 

NEW FEATURES

- Scribble strips and footswitch LED colors can now be customized from the Footswitch Assign, Controller Assign, and Command Center screens for any items assigned to a footswitch

- Processing blocks can be copied and pasted. Control-click (Win: Right-click) a block and select “Copy Block.” Control/right-click the destination location or block you want to overwrite and select “Paste Block.”

- Additional keyboard shortcuts:

H - Selects the Home tab

F - Selects the Footswitch Assign tab

C - Selects the Controller Assign tab

M - Selects the Command Center tab

G - Selects the Global EQ screen

P - Selects the Preset list

I - Selects the Impulse Responses list

A - Selects and cycles through Amp+Cab, Amp, and/or Preamp tonestacks

T - Tap Tempo

Space Bar - Toggles the currently selected block on and off

Tab - Toggles focus between the librarian and editor windows

Arrow Up/Down/Left/Right (Editor) - Selects the current block

Arrow Up/Down/Left/Right (Model List) - Navigates the model list

Arrow Up/Down (Librarian) - Navigates the preset or IR list

Enter/Return (Librarian) - Loads the selected preset

[,][.], [-][+] - Manually adjusts the most recently clicked slider

Shift-[,][.], Shift-[-][+] - Manually adjusts the most recently clicked slider faster

Command-C (Win: Control-C) - Copies the current block

Command-V (Win: Control-V) - Pastes the block

Command-S (Win: Control-S) - Saves the preset

Control-click (Win: Right-click) a slider - Allows for manually entering a value

Command-click (Win: Control-click) a slider - Resets to default value

 

OTHER IMPROVEMENTS

- Input > Multi and Input > Variax now displays a Variax Volume slider

- A light blue box surrounds either the librarian or editor panel, telling you which one is in focus; press Tab to toggle between them

- Block selection is now synchronized between Helix and the Helix editor

- A confirmation dialog now appears when attempting to clear all controllers

- Added graphics for Input > USB 3/4, USB 5/6, and USB 7/8

- Manually entering delay Time values is now accomplished in milliseconds, not seconds

- The Helix firmware indicator in the upper left corner now reads “Firmware”

 

BUG FIXES

- A USB port driver issue within OS X El Capitan precluded certain computers (namely MacBook Pros and iMacs from mid-2012) from allowing communication between Helix and the Helix Editor. Note: You must update OS X to El Capitan 10.11.4 - FIXED

- Quickly moving an expression pedal assigned to many parameters can sometimes cause disconnection with Helix on Windows 7 - FIXED

- Note sync was not assignable to a controller - FIXED

- Importing a bundle while streaming audio could cause the Helix editor to disconnect - FIXED

- Removing the last block on parallel path B would display a floating “None” block until a different block was selected - FIXED

- Certain menu sliders could behave erratically when a footswitch had eight items assigned - FIXED

- Moving blocks could automatically select EXP 2 if one of the blocks’ parameters defaulted to EXP 1 - FIXED

- Hardware and software could lose sync if a controller-assigned block was moved from Path 1A to 1B and back - FIXED

- The Looper block’s Footswitch Assign page displayed a momentary/latching slider - FIXED

- A couple effects parameters were incorrect or missing - FIXED

- Certain stereo delay models could display an incorrect Time parameter value - FIXED

- Helix editor would sometimes not open immediately after closing Line 6 Updater - FIXED

- General stability improvements

- Many other minor bug fixes and optimizations


OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra
( 86 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 1.12
Released 5/11/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helix Editor v1.12 Release Notes

 Helix Editor 1.12 is a free update that includes new fixes, stability improvements, and optimizations.

 

IMPORTANT! READ BEFORE INSTALLING ANY NEW SOFTWARE!

 

If you have already updated Helix or Helix Rack’s firmware to 1.12:

 

1. Install the 1.12 Editor update, available at http://line6.com/software/. Check the “Beta” box.

 

 

If you have NOT already updated Helix/Helix Rack’s firmware to 1.12, please follow the instructions below:

 

1. Shut down all Line 6 software as well as any software that streams audio, including, but not limited to: iTunes, Spotify, DAWs, etc.

 

2. Use your CURRENT EXISTING Helix application to back up all of your presets and IRs. If you’re running Helix FW 1.06 or 1.06.5, your current Helix application version should be 1.04. If you’re running Helix FW 1.10, your current Helix application version should be 1.11.

 

3. Quit the CURRENT EXISTING Helix application and download and install the NEW Helix editor (1.12), available here: http://line6.com/software/ This also installs the newest version of Line 6 Updater (1.09).

 

4. If you’re using Helix Rack with Helix Control, turn off Helix Control.

 

5. Using the new Line 6 Updater (1.09), update Helix (or Helix Rack) to the newest firmware (1.12.0). If you’re using Helix Rack with Helix Control, after Helix Rack has been updated, connect and power on Helix Control, and it will update automatically.

 

6. Using the latest Helix editor (1.12), restore all user presets and IRs.

 

NEW FEATURES

- Scribble strips and footswitch LED colors can now be customized from the Footswitch Assign, Controller Assign, and Command Center screens for any items assigned to a footswitch

- Processing blocks can be copied and pasted. Control-click (Win: Right-click) a block and select “Copy Block.” Control/right-click the destination location or block you want to overwrite and select “Paste Block.”

- Additional keyboard shortcuts:

H - Selects the Home tab

F - Selects the Footswitch Assign tab

C - Selects the Controller Assign tab

M - Selects the Command Center tab

G - Selects the Global EQ screen

P - Selects the Preset list

I - Selects the Impulse Responses list

A - Selects and cycles through Amp+Cab, Amp, and/or Preamp tonestacks

T - Tap Tempo

Space Bar - Toggles the currently selected block on and off

Tab - Toggles focus between the librarian and editor windows

Arrow Up/Down/Left/Right (Editor) - Selects the current block

Arrow Up/Down/Left/Right (Model List) - Navigates the model list

Arrow Up/Down (Librarian) - Navigates the preset or IR list

Enter/Return (Librarian) - Loads the selected preset

[,][.], [-][+] - Manually adjusts the most recently clicked slider

Shift-[,][.], Shift-[-][+] - Manually adjusts the most recently clicked slider faster

Command-C (Win: Control-C) - Copies the current block

Command-V (Win: Control-V) - Pastes the block

Command-S (Win: Control-S) - Saves the preset

Control-click (Win: Right-click) a slider - Allows for manually entering a value

Command-click (Win: Control-click) a slider - Resets to default value

 

OTHER IMPROVEMENTS

- Input > Multi and Input > Variax now displays a Variax Volume slider

- A light blue box surrounds either the librarian or editor panel, telling you which one is in focus; press Tab to toggle between them

- Block selection is now synchronized between Helix and the Helix editor

- A confirmation dialog now appears when attempting to clear all controllers

- Added graphics for Input > USB 3/4, USB 5/6, and USB 7/8

- Manually entering delay Time values is now accomplished in milliseconds, not seconds

- The Helix firmware indicator in the upper left corner now reads “Firmware”

 

BUG FIXES

- A USB port driver issue within OS X El Capitan precluded certain computers (namely MacBook Pros and iMacs from mid-2012) from allowing communication between Helix and the Helix Editor. Note: You must update OS X to El Capitan 10.11.4 - FIXED

- Quickly moving an expression pedal assigned to many parameters can sometimes cause disconnection with Helix on Windows 7 - FIXED

- Note sync was not assignable to a controller - FIXED

- Importing a bundle while streaming audio could cause the Helix editor to disconnect - FIXED

- Removing the last block on parallel path B would display a floating “None” block until a different block was selected - FIXED

- Certain menu sliders could behave erratically when a footswitch had eight items assigned - FIXED

- Moving blocks could automatically select EXP 2 if one of the blocks’ parameters defaulted to EXP 1 - FIXED

- Hardware and software could lose sync if a controller-assigned block was moved from Path 1A to 1B and back - FIXED

- The Looper block’s Footswitch Assign page displayed a momentary/latching slider - FIXED

- A couple effects parameters were incorrect or missing - FIXED

- Certain stereo delay models could display an incorrect Time parameter value - FIXED

- Helix editor would sometimes not open immediately after closing Line 6 Updater - FIXED

- General stability improvements

- Many other minor bug fixes and optimizations


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 75 MB )

Get Download




Line 6 Updater      
Line 6 Updater
Version 1.09
Released 5/10/16

Works with:
AMPLIFi 150
AMPLIFi 30
AMPLIFi 75
AMPLIFi FX100
AMPLIFi TT
FBV3
Firehawk 1500
Firehawk FX
Helix
Helix Control
Helix Rack
Relay G10 Receiver
Relay G10 Transmitter
Relay G70 Receiver
Relay G75 Receiver
Relay TB516 G

This update includes minor bug fixes.


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 52 MB )

Get Download




Line 6 Updater      
Line 6 Updater
Version 1.09
Released 5/10/16

Works with:
AMPLIFi 150
AMPLIFi 30
AMPLIFi 75
AMPLIFi FX100
AMPLIFi TT
FBV3
Firehawk 1500
Firehawk FX
Helix
Helix Control
Helix Rack
Relay G10 Receiver
Relay G10 Transmitter
Relay G70 Receiver
Relay G75 Receiver
Relay TB516 G

This update includes minor bug fixes.


OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra
( 63 MB )

Get Download




Drivers      
Line 6 Driver2
Version 1.78
Released 4/5/16

Works with:
Helix
Helix Rack

This is a bug fix update.


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 6 MB )

Get Download




Flash Memory      
3ce8403
Version 1.10.0
Released 3/29/16

Works with:
Helix

Helixファームウェアv1.10.0リリースノーツ
 
Helix v1.10.0は1.10 Helixエディターアプリケーションのサポートや問題点の修正、安定性の向上、最適化を含むファームウェア・アップデートです。
 
重要! 新しいソフトウェアをインストールする前に必ずお読みください。

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

2. 現在インストール済みのHelixアプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが1.06または1.06.05の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは1.04となります。

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelixアプリケーション (1.10.0) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください: : http://jp.line6.com/software/ ここに最新バージョンのLine 6 Updater (1.08) も含まれています。 

4. 新しいLine 6 Updater (1.08) を使ってHelixを最新ファームウェア (1.10.0) へアップデートします。

5. フットスイッチの5と6 (上列) を押しながら電源を投入して、Helixのグローバル設定をリセットします。

6. 新しいHelixアプリケーション (1.10.0) を使用して、全てのユーザー・プリセットとIRをレストアします。

新機能
- Compatibility with the new version of Helixエディター・アプリケーションのニュー・バージョンとの互換性
 
 

OS: Mac OS X, Mac OS Jaguar, Mac OS Panther, Mac OS Leopard, Windows 7, Mac OS Snow Leopard, Mac OS Lion, Mac OS Mountain Lion, Windows 8, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Windows 10, Mac OS El Capitan, macOS Sierra
( 3 MB )

Get Download




Line 6 Updater      
Line 6 Updater
Version 1.08
Released 3/29/16

Works with:
AMPLIFi 150
AMPLIFi 30
AMPLIFi 75
AMPLIFi FX100
AMPLIFi TT
FBV3
Firehawk 1500
Firehawk FX
Helix
Helix Control
Helix Rack
Relay G10 Receiver
Relay G10 Transmitter
Relay G70 Receiver
Relay G75 Receiver
Relay TB516 G

本アップデートにより新製品のサポートが追加されます。


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 52 MB )

Get Download




Line 6 Updater      
Line 6 Updater
Version 1.08
Released 3/29/16

Works with:
AMPLIFi 150
AMPLIFi 30
AMPLIFi 75
AMPLIFi FX100
AMPLIFi TT
FBV3
Firehawk 1500
Firehawk FX
Helix
Helix Control
Helix Rack
Relay G10 Receiver
Relay G10 Transmitter
Relay G70 Receiver
Relay G75 Receiver
Relay TB516 G

本アップデートにより新製品のサポートが追加されます。


OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 63 MB )

Get Download




Flash Memory      
4de2e39
Version 1.06.5
Released 2/16/16

Works with:
Helix

Helix Firmware v1.06.5リリースノーツ

Helix v1.06.5は問題点の修正や安定性の向上、最適化を含むファームウェア・アップデートです。本アップデートの実行を、全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

また現在のプリセットを、Helixアプリケーションでプリセット・バンドルを作成してバックアップすることを推奨します。これによりアップデート・プロセスの一部として新たなプリセットをインストールできます。

最新バージョンのLine 6 Updaterをインストールすることで、最も簡単なアップデート方法が提供されます。HelixをコンピューターへUSBポート経由で接続すると (ハブは非サポート)、Line 6 Updaterはユニットを認識して、その後のアップデート・プロセスを案内します。HelixアプリケーションとLine 6 Updaterは以下よりダウンロードできます:http://jp.line6.com/software/

 

問題点の修正

  • 非常に稀なケースですが、ファクトリー・アップデート後にHelixがハングする場合があります。1.06.5には、続けてファームウェア・アップデートを行えるよう“safe boot mode”が追加されています。このsafe boot modeに入るにはフットスイッチ6と12 (上下両列の右端のスイッチ) を押し続けながら電源を投入します。
  • Pedal Editモードをオープンした後でAmp+Cabブロック内のキャビネット・モデルを変更すると、コントローラーのアサインがリセットされる場合がある — 修正済
  • HelixがMIDIベースチャンネルとは異なるチャンネルのMIDIプログラムチェンジ・メッセージをフィルターしない — 修正済
  • Headphone volume would be louder when Global Settings > Ins/Outs > Headphone monitorが“Multi”へ設定されている際に、ヘッドフォンのボリュームが大きくなる — 修正済
  • Command Center > Action Panelの“Copy All Commands” ボタンが、メッセージを含むフットスイッチ/インスタント・コマンドが選択されていない状態では淡色表示になってしまう — 修正済
  • US Double Nrm、US Double VibモデルのSagパラメーターの効きが強すぎる — 修正済

 

Helixのグローバルの再設定 / 最新ファクトリー・プリセットのロードを行うには

重要! この手順により既存のプリセットとセットリストは完全に上書きされ、ユーザーIRは全てクリアされて、全てのグローバル設定がリセットされます! 作業の前にプリセットとIRを全てバックアップしてください!
1. Helixの電源を切る
2. フットスイッチ9と10 (下段中央の2つのスイッチ) を押しながら、Helixの電源を入れる。“Will reset Globals and restore stock Presets, Setlists and IRs…”が表示されるまで待って、その後で手を離す

 

既知の問題点

  • HelixがOS X 10.11 (El Capitan) を動作させたMac®からオーディオをストリーミングしている際に軽微なポップやクリックが発生する場合がある
  • HelixがiOS 9を動作させたiOS®デバイス & Apple® Camera Kitからオーディオをストリーミングしている際に軽微なポップやクリックが発生する場合がある
  • USB経由でオーディオをストリーミングしている際にHelixバンドルをインポートすると、Helixアプリケーションの接続が解除される場合がある

OS: Mac OS X, Mac OS Jaguar, Mac OS Panther, Mac OS Leopard, Windows 7, Mac OS Snow Leopard, Mac OS Lion, Mac OS Mountain Lion, Windows 8, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Windows 10, Mac OS El Capitan, macOS Sierra
( 3 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 1.04
Released 2/16/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helix Application v1.04リリースノーツ

Helix Application 1.04は新機能や問題点の修正、安定性の向上、最適化を含む無償のソフトウェア・アップデートです。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します! 

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.04をインストールする必要があります!

 

問題点の修正
- Dimの値がLitの値より大きいとエクスポート/インポート時にCC Toggleが正しくレストアされない 
- 複数のIRやプリセットをインポートするとアプリがクラッシュする場合がある
- エクスポート/インポートの後でCC ToggleのDimとLitの状態が切り替わる 

既知の問題点
- Mac OS X上でHelixアプリケーションが自動起動に設定されている場合、稀に接続に失敗することがある
- オーディオをストリーミングしながらプリセットバンドルのインポートやエクスポートを行うと、Helixの接続が外れる場合がある


OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 83 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 1.04
Released 2/16/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helix Application v1.04リリースノーツ

Helix Application 1.04は新機能や問題点の修正、安定性の向上、最適化を含む無償のソフトウェア・アップデートです。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します! 

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.04をインストールする必要があります!

 

問題点の修正
- Dimの値がLitの値より大きいとエクスポート/インポート時にCC Toggleが正しくレストアされない 
- 複数のIRやプリセットをインポートするとアプリがクラッシュする場合がある
- エクスポート/インポートの後でCC ToggleのDimとLitの状態が切り替わる 

既知の問題点
- Mac OS X上でHelixアプリケーションが自動起動に設定されている場合、稀に接続に失敗することがある
- オーディオをストリーミングしながらプリセットバンドルのインポートやエクスポートを行うと、Helixの接続が外れる場合がある


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 73 MB )

Get Download




Drivers      
Line 6 Driver2
Version 1.77
Released 2/11/16

Works with:
Helix
Helix Rack

問題点の修正
  • 複数台のHelixデバイスを1台のPCへ接続している場合、稀にWindowsがクラッシュすることがある — 修正済

OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 6 MB )

Get Download




Line 6 Updater      
Line 6 Updater
Version 1.07
Released 2/2/16

Works with:
AMPLIFi 150
AMPLIFi 30
AMPLIFi 75
AMPLIFi FX100
AMPLIFi TT
Firehawk 1500
Firehawk FX
Helix
Helix Control
Helix Rack
Relay G10 Receiver
Relay G10 Transmitter
Relay G70 Receiver
Relay G75 Receiver
Relay TB516 G

このアップデートにより新製品のサポートが追加されます。


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 52 MB )

Get Download




Line 6 Updater      
Line 6 Updater
Version 1.07
Released 2/2/16

Works with:
AMPLIFi 150
AMPLIFi 30
AMPLIFi 75
AMPLIFi FX100
AMPLIFi TT
Firehawk 1500
Firehawk FX
Helix
Helix Control
Helix Rack
Relay G10 Receiver
Relay G10 Transmitter
Relay G70 Receiver
Relay G75 Receiver
Relay TB516 G

このアップデートにより新製品のサポートが追加されます。


OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 63 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 1.03
Released 1/26/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helixアプリケーション v1.03 リリースノーツ

Helixアプリケーション1.03は無償ソフトウェア・アップデートで、新機能や問題点の修正、安定性の向上と最適化が含まれています。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.03をインストールする必要があります!

新機能

  • Helixファームウェア1.06.0で使用されている新しいプリセット・フォーマットのサポート
  • 1.06.0で搭載された新しいHelixアンプ、ディストーション、モジュレーション、フィルター、ピッチ・モデルのバックアップとレストアのサポート
  • プリセットとIRのフォルダーのドラッグ&ドロップをサポート

問題点の修正

  • 全般的な安定性の向上
  • IRを使用した際の動作における安定性の向上
  • その他の軽微な問題点修正と最適化

既知の問題点

  • Mac OS Xで自動起動に設定されている場合に、稀にHelixアプリケーションが接続に失敗する
  • オーディオのストリーミング中にプリセット・バンドルのインポートやエクスポートを行った際にHelixの接続が解除される

OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 48 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 1.03
Released 1/26/16

Works with:
Helix
Helix Rack

Helixアプリケーション v1.03 リリースノーツ

Helixアプリケーション1.03は無償ソフトウェア・アップデートで、新機能や問題点の修正、安定性の向上と最適化が含まれています。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.03をインストールする必要があります!

新機能

  • Helixファームウェア1.06.0で使用されている新しいプリセット・フォーマットのサポート
  • 1.06.0で搭載された新しいHelixアンプ、ディストーション、モジュレーション、フィルター、ピッチ・モデルのバックアップとレストアのサポート
  • プリセットとIRのフォルダーのドラッグ&ドロップをサポート

問題点の修正

  • 全般的な安定性の向上
  • IRを使用した際の動作における安定性の向上
  • その他の軽微な問題点修正と最適化

既知の問題点

  • Mac OS Xで自動起動に設定されている場合に、稀にHelixアプリケーションが接続に失敗する
  • オーディオのストリーミング中にプリセット・バンドルのインポートやエクスポートを行った際にHelixの接続が解除される

OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 74 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 1.02
Released 11/23/15

Works with:
Helix
Helix Rack

Helixアプリケーションv1.02リリースノーツ

Helixアプリケーション1.02は無償ソフトウェア・アップデートで、新機能や問題点の修正、安定性の向上と最適化が含まれています。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.02をインストールする必要があります!

新機能
- Helixファームウェア1.04.1で使用された新しいプリセット・フォーマットのサポート
- 1.04.1の新しいHelixディレイ・モデルのバックアップやレストアをサポート

問題点の修正
- 全般的な安定性の向上の他の軽微な問題点修正と最適化
- その他の軽微な問題点修正と最適化

既知の問題点
- セットリストをインポートしてからバンドルをインポートするとHelixアプリの接続が解除される問題
- Mac OS X上で自動起動するよう設定した際に、稀にHelixアプリが接続に失敗する


OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 48 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 1.02
Released 11/23/15

Works with:
Helix
Helix Rack

Helixアプリケーションv1.02リリースノーツ

Helixアプリケーション1.02は無償ソフトウェア・アップデートで、新機能や問題点の修正、安定性の向上と最適化が含まれています。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.02をインストールする必要があります!

新機能
- Helixファームウェア1.04.1で使用された新しいプリセット・フォーマットのサポート
- 1.04.1の新しいHelixディレイ・モデルのバックアップやレストアをサポート

問題点の修正
- 全般的な安定性の向上の他の軽微な問題点修正と最適化
- その他の軽微な問題点修正と最適化

既知の問題点
- セットリストをインポートしてからバンドルをインポートするとHelixアプリの接続が解除される問題


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 74 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 1.01
Released 10/30/15

Works with:
Helix

Helixアプリケーションv1.01リリースノーツ

Helixアプリケーション1.01は無償ソフトウェア・アップデートで、新機能や問題点の修正、安定性の向上と最適化が含まれています。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.01をインストールする必要があります!

新機能

  • Windows 10サポートを追加

問題点の修正

  • 名称にアンダースコア文字 (“_”) が含まれるIRが正しくロードされない場合がある —修正済
  • プリセット名にアンダースコア (“_”) を入れられない 修正済
  • HelixアプリがImportボタンをクリックした際にIRファイルを1つだけインポート可能 修正済
  • HelixアプリがWindowsを使って88.2 kHzのIRファイルをインポートするとクラッシュする場合がある 修正済
  • 全般的な安定性の向上
  • その他の軽微な問題点修正と最適化

既知の問題点

  • セットリストをインポートしてからバンドルをインポートするとHelixアプリの接続が解除される問題
  • Mac OS X上で自動起動するよう設定した際に、稀にHelixアプリが接続に失敗する

OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 74 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 1.01
Released 10/30/15

Works with:
Helix

Helixアプリケーションv1.01リリースノーツ

Helixアプリケーション1.01は無償ソフトウェア・アップデートで、新機能や問題点の修正、安定性の向上と最適化が含まれています。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.01をインストールする必要があります!

新機能

  • Windows 10サポートを追加

問題点の修正

  • 名称にアンダースコア文字 (“_”) が含まれるIRが正しくロードされない場合がある —修正済
  • プリセット名にアンダースコア (“_”) を入れられない 修正済
  • HelixアプリがImportボタンをクリックした際にIRファイルを1つだけインポート可能 修正済
  • HelixアプリがWindowsを使って88.2 kHzのIRファイルをインポートするとクラッシュする場合がある 修正済
  • 全般的な安定性の向上
  • その他の軽微な問題点修正と最適化

既知の問題点

  • セットリストをインポートしてからバンドルをインポートするとHelixアプリの接続が解除される問題
  • Mac OS X上で自動起動するよう設定した際に、稀にHelixアプリが接続に失敗する

OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 48 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 1.00
Released 9/30/15

Works with:
Helix

このHelixアプリケーションはプリセットやセットリストの管理やバックアップに使用でき、またサードパーティ製IR (インパルス・レスポンス) をHelix上にロードできます。


OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 48 MB )

Get Download




Helix      
Helix
Version 1.00
Released 9/29/15

Works with:
Helix

このHelixアプリケーションはプリセットやセットリストの管理やバックアップに使用でき、またサードパーティ製IR (インパルス・レスポンス) をHelix上にロードできます。

このアプリ・インストーラーには、必要となるHelix Driverも含まれています。


OS: Windows 7, Windows 8
( 57 MB )

Get Download




Drivers      
Line 6 Driver2
Version 1.76.0.1
Released 8/6/15

Works with:
Helix

Windows©ベースのコンピューターからオーディオのストリーミングやファームウェアのアップデートを行うには、このHelixドライバーが必要です。Apple© MacintoshやiOS©デバイスにはドライバーは不要です。


OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 6 MB )

Get Download




Line 6 Updater      
Line 6 Updater
Version 1.04
Released 7/23/15

Works with:
AMPLIFi 150
AMPLIFi 75
AMPLIFi FX100
AMPLIFi TT
Firehawk FX
Helix
Relay G70 Receiver
Relay G75 Receiver
Relay TB516 G

このアップデートによりWindows 10とOS X 10.11のサポートが追加されます。

Line 6 Updater v1.04は、Relay G70レシーバーとRelay TB516 Gトランスミッターのファームウェア、FirehawkのファームウェアをUSB経由でアップデートするのに使用できます。

Firehawkユーザーの場合は、最新版のFirehawkドライバーを Line6.com からダウンロードしてインストールしてください。

デバイスはPC上のUSB 2.0ポートへダイレクトに接続してください。USBハブはサポートしていません。


RELAY G70、RELAY TB516 G向けの重要なアップデート

G70レシーバー、TB516 Gレシーバーへファームウェアv1.03をインストールすることでパフォーマンスが向上します。

  • シンクロナイゼーションの向上
  • アンテナスイッチング・パフォーマンスの向上

Relay G70レシーバーのアップデート方法:

Relay G70レシーバーをUSB経由でPCへ接続し、G70の電源を投入します。G70のディスプレイは “LINE 6” の表示のままとなり、アップデートの準備ができたことを示します。この画面のままにならない場合は (例えば通常の起動を行う場合)、“LINE 6” の表示のままになるまで、レシーバーの電源を切ってから再度投入します。USBポートによっては、何度か試す必要があります。G70の画面表示が “LINE 6” のままになったら、Line 6 Updaterアプリを起動し、表示される指示に従ってデバイスのアップデートを行ってください。

Relay TB516 Gトランスミッターのアップデート方法:

Relay TB516 Gトランスミッターの電池を外してから、USB経由でPCへ接続してください。トランスミッターをUSBポートへ初めて接続した際には、USBドライバーがインストール中であることを示すウィンドウが表示される場合があります。その場合は、ドライバーインストールのプロセスが完了するまでお待ちください (約2分、場合によってはそれ以上かかる場合があります)。その後、Line 6 Updaterアプリを起動し、表示される指示に従ってデバイスのアップデートを行ってください。

アップデートのプロセスが何らかの理由で中断した場合は、以下のインストラクションに従ってください:

Relay G70レシーバーの場合:

  1. G70レシーバーはコンピューターのUSBから外し、Line 6 Updaterを終了します。
  2. レシーバーをコンピューターのUSBへ再度接続し、電源スイッチが “I” (オン) の位置にあることを確認します。
  3. レシーバーのディスプレイの “LINE 6” と表示され続けることを確認します。そうならない場合はG70レシーバーを一度外し、コンピューターのUSBへ再接続します。場合によっては複数回試す必要があります。G70のディスプレイへ “LINE 6” と表示され続けるようになったら、Line 6 Updaterアプリを再度起動してLine 6のユーザー名とパスワードでサインインし、表示されるインストラクションに従ってRelay G70レシーバーのアップデートを行います。

Relay TB516 Gトランスミッターの場合:

  1. トランスミッターをコンピューターのUSBから外し、Line 6 Updaterを終了します。
  2. 電池2個を挿入します。
  3. トランスミッターの電源を投入し、5秒以上待ちます。
  4. トランスミッターの電源を切ります。
  5. トランスミッターから電池を外します。
  6. トランスミッターをコンピューターのUSBへ再度接続します。
  7. Line 6 Updaterアプリを再度起動してLine 6のユーザー名とパスワードでサインインし、表示されるインストラクションに従ってRelay TB516 Gトランスミッターのアップデートを行います。

OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 33 MB )

Get Download




Line 6 Updater      
Line 6 Updater
Version 1.04
Released 7/23/15

Works with:
AMPLIFi 150
AMPLIFi 75
AMPLIFi FX100
AMPLIFi TT
Firehawk FX
Helix
Relay G70 Receiver
Relay G75 Receiver
Relay TB516 G

このアップデートによりWindows 10とOS X 10.11のサポートが追加されます。

Line 6 Updater v1.04は、Relay G70レシーバーとRelay TB516 Gトランスミッターのファームウェア、FirehawkのファームウェアをUSB経由でアップデートするのに使用できます。

Firehawkユーザーの場合は、最新版のFirehawkドライバーを Line6.com からダウンロードしてインストールしてください。

デバイスはPC上のUSB 2.0ポートへダイレクトに接続してください。USBハブはサポートしていません。


RELAY G70、RELAY TB516 G向けの重要なアップデート

G70レシーバー、TB516 Gレシーバーへファームウェアv1.03をインストールすることでパフォーマンスが向上します。

  • シンクロナイゼーションの向上
  • アンテナスイッチング・パフォーマンスの向上

Relay G70レシーバーのアップデート方法:

Relay G70レシーバーをUSB経由でPCへ接続し、G70の電源を投入します。G70のディスプレイは “LINE 6” の表示のままとなり、アップデートの準備ができたことを示します。この画面のままにならない場合は (例えば通常の起動を行う場合)、“LINE 6” の表示のままになるまで、レシーバーの電源を切ってから再度投入します。USBポートによっては、何度か試す必要があります。G70の画面表示が “LINE 6” のままになったら、Line 6 Updaterアプリを起動し、表示される指示に従ってデバイスのアップデートを行ってください。

Relay TB516 Gトランスミッターのアップデート方法:

Relay TB516 Gトランスミッターの電池を外してから、USB経由でPCへ接続してください。トランスミッターをUSBポートへ初めて接続した際には、USBドライバーがインストール中であることを示すウィンドウが表示される場合があります。その場合は、ドライバーインストールのプロセスが完了するまでお待ちください (約2分、場合によってはそれ以上かかる場合があります)。その後、Line 6 Updaterアプリを起動し、表示される指示に従ってデバイスのアップデートを行ってください。

アップデートのプロセスが何らかの理由で中断した場合は、以下のインストラクションに従ってください:

Relay G70レシーバーの場合:

  1. G70レシーバーはコンピューターのUSBから外し、Line 6 Updaterを終了します。
  2. レシーバーをコンピューターのUSBへ再度接続し、電源スイッチが “I” (オン) の位置にあることを確認します。
  3. レシーバーのディスプレイの “LINE 6” と表示され続けることを確認します。そうならない場合はG70レシーバーを一度外し、コンピューターのUSBへ再接続します。場合によっては複数回試す必要があります。G70のディスプレイへ “LINE 6” と表示され続けるようになったら、Line 6 Updaterアプリを再度起動してLine 6のユーザー名とパスワードでサインインし、表示されるインストラクションに従ってRelay G70レシーバーのアップデートを行います。

Relay TB516 Gトランスミッターの場合:

  1. トランスミッターをコンピューターのUSBから外し、Line 6 Updaterを終了します。
  2. 電池2個を挿入します。
  3. トランスミッターの電源を投入し、5秒以上待ちます。
  4. トランスミッターの電源を切ります。
  5. トランスミッターから電池を外します。
  6. トランスミッターをコンピューターのUSBへ再度接続します。
  7. Line 6 Updaterアプリを再度起動してLine 6のユーザー名とパスワードでサインインし、表示されるインストラクションに従ってRelay TB516 Gトランスミッターのアップデートを行います。

OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 29 MB )

Get Download




最近のアップデート

Spider V Remote

Spider® V Remote is a free tone-editing software application for macOS® and Windows® operating systems that enables guitarists to edit Spider V guitar amp...

Spider V Remote
さらに読む

Helix Native

Featuring HX Modeling, the Helix® Native plug-in delivers the authentic sounds of classic amps, cabs, mics, and effects. Not just for guitarists, Helix Native is ideal for artists, engineers, and...

Helix Native
さらに読む

Echo Farm 3.0

Echo FarmTM 3.0 is now available as a 64-bit AAX Native plug-in for Pro Tools® 11 and higher on macOS® and Windows® operating systems. Bring organic warmth...

Echo Farm 3.0
さらに読む

Line 6 Updater

Keep your Line 6 gear up-to-date with the latest updates.

Free Download

License Manager

購入したLine 6ライセンスのオーソライズと管理を実行します。

Free Download