無償ソフトウェア・ダウンロード

Go
  • ベータ版
  • アーカイブ

検索結果:

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 3.11 contains several stability and performance improvements as well as bug fixes. Updating is highly recommended.

Please click here or copy/paste this link into your browser to view the 3.11 Release Notes in their entirety.

Bug Fixes:

  • Improved stability and performance on macOS Big Sur.

 

  • HX Stomp/HX Stomp XL: Renamed snapshots would not appear in HX Edit's command center window.

 

  • HX Stomp's Input block could show as "None" on rare occasions after restoring from a backup.

 

  • Other minor improvements and bug fixes.

Compatible OS: Mac OS X, macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave, macOS Catalina, macOS Big Sur
( 27 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 3.11 contains several stability and performance improvements as well as bug fixes. Updating is highly recommended.

Please click here or copy/paste this link into your browser to view the 3.11 Release Notes in their entirety.

Bug Fixes:

  • Improved stability and performance on macOS Big Sur.

 

  • HX Stomp/HX Stomp XL: Renamed snapshots would not appear in HX Edit's command center window.

 

  • HX Stomp's Input block could show as "None" on rare occasions after restoring from a backup.

 

  • Other minor improvements and bug fixes.

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 88 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

 

Helix/HX 3.10 includes a new amp, new effects, new features, improvements, and bug fixes and is recommended for all users.

 

How do I update to 3.10?

Did you happen to update HX Edit to 3.01 (released on Feb 2, 2021)? If so, just connect Helix/HX to your computer via USB and launch HX Edit. The software will walk you through the entire procedure, including updating HX Edit 3.01 to 3.10, and backing everything up to your computer.

 

What if I didn't update HX Edit to 3.01? What if I don't remember? What's going on? Where am I?

That's fine, just make ABSOLUTELY SURE you install HX Edit 3.10 BEFORE you install 3.10 firmware and make ABSOLUTELY SURE you back everything up! Here's the link:

 

Anything else I should know?

Yes. If you run into any odd behavior, before running to the internet to complain, perform a factory reset and restore your backup. (Backing up is part of the update process). This should solve any issues. Here's how to perform a factory reset. IMPORTANT: MAKE SURE YOU HAVE A BACKUP FIRST, AS THIS WILL ERASE ALL YOUR WORK!

  • Helix Floor/LT: While holding footswitches 9 & 10 (bottom row, 2 middle switches), turn on Helix Floor/LT
  • Helix Rack: While holding knobs 5 & 6 (2 furthest right knobs below the screen), turn on Helix Rack
  • HX Effects: While holding footswitches 6 & TAP (2 furthest right switches on the bottom row), turn on HX Effects
  • HX Stomp: While holding footswitches 2 & 3, turn on HX Stomp
  • HX Stomp XL: While holding footswitches C & D, turn on HX Stomp

 

New Amp in 3.10

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Stomp, HX Stomp XL

 

310_AmpMandarin.jpg

  • Mandarin Rocker, based on* the Orange® Rockerverb 100 MKIII. NOTE: We decided to slightly alter the model so that at lower settings, the Drive knob's taper exhibits a smoother transition into distortion.

 

New Effects in 3.10

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp, HX Stomp XL

 

310_FX.jpg

  • Distortion > Ratatouille Dist (Mono, Stereo), based on* the 1984 Pro Co RAT. Turns out our Vermin Dist model was broken. Sorry! We were going to replace it completely but a bunch of people had presets with the old version. On top of that, we found out our RAT's LM308 chip had crapped out since we modeled it last so we decided to get it into perfect working order and start from scratch
    • Gain—Sets the amount of distortion
    • Filter—Sets the amount of high cut (low pass) filter applied to the distortion; basically letting more treble through (lower values) or filtering it out (higher values)
    • Level—Sets the overall level of the block
  • Modulation > Retro Reel (Mono), Line 6 Original effect that simulates playing a signal back from an analog tape machine. This signal can be distorted, filtered to sound older or more lo-fi, and modulated with wow and flutter. TIP: Helix Native users should definitely try Retro Reel on all sorts of tracks—vocals, drums, keyboards, strings, busses, you name it.
    • Wow Fluttr—Determines how much warbly tape sound is heard
    • Saturation—Adds analog tape saturation and at high enough settings, distortion. At lower settings, it's great for simply warming up a tone
    • Low Cut—Determines the frequency of the Low Cut (High Pass) filter. At higher settings, can provide a lo-fi effect
    • High Cut—Determines the frequency of the High Cut (Low Pass) filter. At lower settings, can provide the natural high-end roll-off of old tape
    • Tape Speed—Changes both the rate of the modulation applied by the Wow Fluttr control and the filtering response of the analog tape  emulation
    • Level—Sets the overall level of the block
    • Texture—Adjusts the amount of the NAB tape EQ in the simulated tape path. When Saturation is set to 0.0, the texture is invisible. When Saturation is turned up, the texture will affect the tightness (or looseness) of the distortion
  • Delay > Euclidean Delay (Mono, Stereo), Line 6 Original delay based on Euclidean algorithms. Creates multitap patterns by setting the length of the pattern (Steps) and the number of taps (Fill) in the pattern. The Euclidean algorithm spaces taps as evenly as possible throughout the pattern, resulting in rhythms from traditional to highly complex. Settle in because this one'll require diagrams and charts and whatnot. TIP: Add two Euclidean Delays in parallel (with different settings) for interesting polyrhythm patterns. When using a stereo playback system, try panning Paths A and B in the Mixer to L100 and R100.
    • Step Time—Sets the time between steps. The total delay time is Time x Steps, so [Time: 1/16 x Steps: 8] is a 1/2-note. Press the knob to toggle between ms/sec and note values
    • FeedbackControls the overall number of repeats heard for the entire sequence. If you want to hear all fills in the sequence only once, set to 0%
    • Steps—Determines the number of steps in the sequence (1-16; see diagram below)
    • Fill—The number of active taps, whose spacing is set by Euclidean algorithms (1-16, see diagram below). If Fill is higher than Steps, the extra taps are ignored
    • Rotate—Rotates all fills forward by the same amount (0-15; see diagram below). Used If you like the sound of a repeat pattern but want the fills and gaps shifted forward
    • MixControls the wet/dry mix of the delay. When set to 0%, no delay is heard; when set to 100%, no dry signal is heard
    • Low CutApplies a low cut (high pass) filter to the fills, letting you remove the effected signal below a certain frequency
    • High CutApplies a high cut (low pass) filter to the fills, letting you remove the effected signal above a certain frequency
    • Level—Controls the overall output level of the block
    • TrailsWhen on, delay repeats continue to ring out after the block is bypassed

310_EuclideanCircles.jpg

I was told there'd be no math!

Sorry. If you'd like to read more about Euclidean rhythms, check this out: https://splice.com/blog/euclidean-rhythms/ Or if you'd like to know more about Euclidean math, see ya' in a semester or two! https://en.wikipedia.org/wiki/Euclidean_algorithm

  • Reverb > Dynamic Hall (Mono, Stereo), Line 6 Original hall reverb
    • Decay—Sets the decay of the reverb (0.1 sec ~ 45.0 sec, or Infinity)
    • Predelay—Determines the amount of delay heard before the signal enters the hall. Can sometimes result in more definition between the dry and effected signals
    • Room Size—Sets the size of the hall (10, 20, or 30 meters). NOTE: This parameter actually changes the algorithm so you'll hear a small bump when changing it. Therefore, we don't recommend assigning Room Size to snapshots or other controllers
    • Diffusion—Sets the amount of smearing between discrete echoes, sometimes resulting in a softer effected signal
    • Damping—Determines the frequency above which the reverb will be absorbed. For example, if your hall is full of people wearing fake ocelot jumpsuits, more high frequencies would be absorbed than if the room were empty
    • MixControls the wet/dry mix of the reverb. When set to 0%, no reverb is heard; when set to 100%, no dry signal is heard
    • Motion—Sets the amount of randomization, which can be helpful to minimize any metallic artifacts common in extremely static reverbs. At higher values, can impart a bit of modulation to the effected signal
    • Low Freq—Sets the frequency below which the Low Gain parameter is applied
    • Low Gain—Sets the reverb time for frequencies below the Low Freq value. Values below 0.0dB mean the bass frequencies decay faster than the treble frequencies; values above 0.0dB mean the bass frequencies decay slower than the treble frequencies
    • Low CutApplies a low cut (or high pass) filter to the reverb, letting you remove the effected signal below a certain frequency
    • High CutApplies a high cut (or low pass) filter to the reverb, letting you remove the effected signal above a certain frequency
    • Level—Controls the overall output level of the block
    • TrailsWhen on, reverb decay continues to ring out after the block is bypassed
  • Reverb > Hot Springs (Mono, Stereo), Line 6 Original spring reverb
    • Dwell—Adjusts the strength of the signal sent into the spring tank. Higher values result in a longer decay
    • Spring Count—Sets how many springs are in the tank (1, 2, or 3, and numerous values in between)
    • Drip—Adjusts the intensity of the spring reverb, or how much "ploink" you might hear
    • Low CutApplies a low cut (or high pass) filter to the reverb, letting you remove the effected signal below a certain frequency
    • High CutApplies a high cut (or low pass) filter to the reverb, letting you remove the effected signal above a certain frequency
    • MixControls the wet/dry mix of the reverb. When set to 0%, no reverb is heard; when set to 100%, no dry signal is heard
    • Level—Controls the overall output level of the block
    • TrailsWhen on, reverb decay continues to ring out after the block is bypassed

*NOTE: All product names used in this document are trademarks of their respective owners and neither Yamaha Guitar Group nor Line 6 are associated or affiliated with them. These trademarks appear solely to identify products whose tones and sounds were studied by Line 6 during sound model development.

 

New Features in 3.10

Increased Oversampling Throughout

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp, HX Stomp XL

Oversampling has been increased across the board, resulting in higher fidelity, fewer aliasing artifacts, and smoother decay trails, especially when running multiple distortion stages or with higher gain tones. Many people might not notice a difference, but those highly sensitive to aliasing will appreciate 3.0's smoother response. Amp and effects models have been optimized to accommodate these improvements without increasing DSP usage.

 

Customizable Stomp Switches

HX Stomp, HX Stomp XL [Feature already in Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, and HX Effects]

 

As long as something is assigned to a stomp switch (bypass one or more blocks, toggle parameter Min/Max, or Command Center command), switches in Stomp Footswitch Mode can now have custom labels and colors. This is especially helpful when multiple blocks, controls, or commands are assigned to the same switch; it doesn't have to read "MULTIPLE (X)" anymore.

  1. Touch a stomp mode footswitch to select it and from either the Bypass Assign or Command Center menu, press PAGE> and then Customize.
  2. Use the Upper Knob and Knob 2 (Character) to name the stomp.
  3. Press PAGE> and turn Knob 3 (Switch LED) to choose a custom color. When set to "Auto" (the default), the switch reflects its assignment (Delays are green, Filters are purple, Commands are white, etc.)
  4. When finished, press <PAGE and Knob 3 (OK).

 

Customizable Snapshot Switches

HX Stomp, HX Stomp XL [Feature already in Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, and HX Effects]

Switches in Snapshot Footswitch Mode can now have custom labels and colors.

  1. From Play View, press the Upper Knob to open the Preset List.
  2. Turn Knob 2 (Snapshot) to select the snapshot you want to rename and press ACTION.
  3. Press Rename Snapshot.
  4. Use the Upper Knob and Knob 2 (Character) to name the stomp.
  5. Press PAGE> and turn Knob 3 (Switch LED) to choose a custom color. When set to "Auto" (the default), the switch is white
  6. When finished, press <PAGE and Knob 3 (OK).

 

Tuner Trails

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, HX Effects, HX Stomp, HX Stomp XL

The Tuner screen has a new "Trails" parameter. When set to "On," delay repeats and reverbs' decay continue to ring out and even the Looper keeps running when the tuner is engaged. No more awkward "everyone's staring at me because my B string went wonky."

 

Expanded 3.0 Models

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp, HX Stomp XL

3.0 added a boatload of new creative effects and after collecting feedback from users, we've added new parameters to some of them to help expand their flexibility and fun factor. IMPORTANT! These new parameters won't show up in your existing presets; they'll only appear if you remove the block (or change the model and reload it). Also, if you've saved any of the following models' defaults, they will need to be re-tweaked and saved again.

  • Delay > Poly Sustain
    • Auto EQ Determines how much compensation EQ is applied to the sustained signal. If the sustained signal sounds too harsh when pitched up (or dull when pitched down), adjust this setting to taste. The higher the value, the more EQ is applied at the shift end points; when set to 0.0, no compensation EQ is applied
    • Operation—Determines what happens to your signal when Poly Sustain is turned on (remember, it's bypassed by default)
      • "Mute All"—When Poly Sustain is on, THE ENTIRE PATH IS MUTED
      • "Dry Kill"—When Poly Sustain is on, only the sustained signal is heard. TIP: With Poly Sustain on a parallel path, assign a second stomp switch to toggle between Mute All and Dry Kill. This lets you leave the block enabled and bring the sustained signal in and out by switching between the two values
      • "Normal" (default)—When Poly Sustain is on, both the dry and sustained signals are heard. This is how Poly Sustain behaved in Firmware 3.0; that is, you're able to jam on top of the sustained drone
  • Delay > Glitch Delay
    • Pitch—Determines the likelihood of repeats changing pitch, based on the new Interval 1 and Interval 2 settings (In 3.0, the repeats were fixed to an octave below and above). Was called "Octaves" in 3.0
    • Interval 1—Sets the pitch of some repeats, the likelihood of which is determined by the Pitch parameter (from an octave down to an octave up)
    • Interval 2—Sets the pitch of other repeats, the likelihood of which is determined by the Pitch parameter (from an octave down to an octave up)
    • Low CutApplies a low cut (or high pass) filter to the slices, letting you remove the effected signal below a certain frequency
    • High CutApplies a high cut (or low pass) filter to the slices, letting you remove the effected signal above a certain frequency
    • Level—Controls the overall output level of the block
  • Looper > Shuffling Looper
    • Pitch—Determines the likelihood of your slices changing pitch, based on the new Interval 1 and Interval 2 settings (In 3.0, the repeats were fixed to an octave below and above). Was called "Octaves" in 3.0
    • Interval 1—Sets the pitch of some slices, the likelihood of which is determined by the Pitch parameter (from an octave down to an octave up)
    • Interval 2—Sets the pitch of other slices, the likelihood of which is determined by the Pitch parameter (from an octave down to an octave up)
  • Pitch/Synth > 12 String
    • PluckType—Optimizes the 12 String emulation for specific types of playing styles. We've also improved the onset detection and 12 String now uses less DSP

 

Instant Command Wait Time

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, HX Effects, HX Stomp, HX Stomp XL

On the Command Center page, Instant commands (lightning bolt icon) have a new "Wait Time" parameter, letting you delay certain events by up to 1000ms. This is to help Helix/HX control older MIDI gear that may behave incorrectly when receiving multiple commands very close together. Unless you specifically need to delay a message, leave this set to "0 ms."

 

New and Improved MIDI Implementation

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, HX Effects, HX Stomp, HX Stomp XL

Switches in Snapshot Footswitch Mode can now have custom labels and colors.

  • MIDI Snapshot changes on CC69 that are received during preset loads will now be buffered and executed once the preset load is finished. This means that you can send a MIDI Snapshot change immediately after a PC message to effectively load a preset with a different Snapshot than it was saved with.
  • Bank/Preset/Snapshot Up and Down messages how properly work via incoming FS1/FS7 emulation MIDI messages
  • FS1/2/3 emulation MIDI messages can now be momentary for HX Stomp (values 64-127=footswitch press; values 0-63=footswitch release)
  • Also, footswitch emulation MIDI messages now work while in preset or snapshot footswitch mode
  • New MIDI message (Helix Floor/Rack/LT/HX Stomp XL): CC71 engages the MODE switch
  • New MIDI message: CC 72, value 64-127 increments preset, value 0-63 decrements preset
  • New MIDI message (Helix LT, HX Stomp, HX Stomp XL): CC 73 toggles between Play and Edit views

 

Other Changes and Improvements in 3.10

  • HX Edit now adds support for macOS 11 Big Sur
  • Helix Floor and Rack/Control only: The scribble strip above FS6 (MODE) now displays which mode is currently active—Preset or Stomp. You can still hold FS6 to engage hands-free Pedal Edit mode
  • On the Controller Assign page, turning Knob 2 (Controller) no longer resets the Min Value and Max Value

 

Bug Fixes in 3.10

  • Pressing the Bank Down switch would skip banks in certain situations–FIXED
  • When Tuner View is active while Spillover is engaged, changing presets can sometimes cause audio output to stop—FIXED
  • The tuner screen and gain reduction meters could sometimes appear laggy—FIXED
  • Many other minor fixes and improvements

 

Known Issues in 3.10

  • Helix Native's performance can be laggy in new M1-based Apple computers
  • As Delay > Poly Sustain, Delay > Glitch Delay, Pitch/Synth > 12 String, and Looper > Shuffling Looper models have been updated, any existing user defaults for these models will need to be re-tweaked and saved again

  • Variax Model min and max sliders do not automatically update when a Variax is connected

  • After importing a .WAV file into the current 'Empty' slot of an Impulse Response block, all audio output can stop

  • Helix Floor/Rack/LT and HX Stomp only—Sending more than one MIDI program change messages one after another can sometimes cause HX Edit to lose connection

  • Helix Floor/Rack/LT only—Clearing a Split block on Path 2 does not automatically remove its bypass assignment

  • Helix LT only—FS1 and FS7 do not transmit Command Center messages

  • HX Stomp and XL only—Quickly scrolling across the signal flow view immediately after booting can sometimes cause HX Stomp/XL to freeze

  • HX Stomp and XL only—In rare cases, after restoring a 3.01 backup, parallel presets' blocks may be shifted one position to the right

  • Impulse responses with names consisting of more than 54 characters cannot be copied or exported

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 88 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

 

Helix/HX 3.10 includes a new amp, new effects, new features, improvements, and bug fixes and is recommended for all users.

 

How do I update to 3.10?

Did you happen to update HX Edit to 3.01 (released on Feb 2, 2021)? If so, just connect Helix/HX to your computer via USB and launch HX Edit. The software will walk you through the entire procedure, including updating HX Edit 3.01 to 3.10, and backing everything up to your computer.

 

What if I didn't update HX Edit to 3.01? What if I don't remember? What's going on? Where am I?

That's fine, just make ABSOLUTELY SURE you install HX Edit 3.10 BEFORE you install 3.10 firmware and make ABSOLUTELY SURE you back everything up! Here's the link:

 

Anything else I should know?

Yes. If you run into any odd behavior, before running to the internet to complain, perform a factory reset and restore your backup. (Backing up is part of the update process). This should solve any issues. Here's how to perform a factory reset. IMPORTANT: MAKE SURE YOU HAVE A BACKUP FIRST, AS THIS WILL ERASE ALL YOUR WORK!

  • Helix Floor/LT: While holding footswitches 9 & 10 (bottom row, 2 middle switches), turn on Helix Floor/LT
  • Helix Rack: While holding knobs 5 & 6 (2 furthest right knobs below the screen), turn on Helix Rack
  • HX Effects: While holding footswitches 6 & TAP (2 furthest right switches on the bottom row), turn on HX Effects
  • HX Stomp: While holding footswitches 2 & 3, turn on HX Stomp
  • HX Stomp XL: While holding footswitches C & D, turn on HX Stomp

 

New Amp in 3.10

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Stomp, HX Stomp XL

 

310_AmpMandarin.jpg

  • Mandarin Rocker, based on* the Orange® Rockerverb 100 MKIII. NOTE: We decided to slightly alter the model so that at lower settings, the Drive knob's taper exhibits a smoother transition into distortion.

 

New Effects in 3.10

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp, HX Stomp XL

 

310_FX.jpg

  • Distortion > Ratatouille Dist (Mono, Stereo), based on* the 1984 Pro Co RAT. Turns out our Vermin Dist model was broken. Sorry! We were going to replace it completely but a bunch of people had presets with the old version. On top of that, we found out our RAT's LM308 chip had crapped out since we modeled it last so we decided to get it into perfect working order and start from scratch
    • Gain—Sets the amount of distortion
    • Filter—Sets the amount of high cut (low pass) filter applied to the distortion; basically letting more treble through (lower values) or filtering it out (higher values)
    • Level—Sets the overall level of the block
  • Modulation > Retro Reel (Mono), Line 6 Original effect that simulates playing a signal back from an analog tape machine. This signal can be distorted, filtered to sound older or more lo-fi, and modulated with wow and flutter. TIP: Helix Native users should definitely try Retro Reel on all sorts of tracks—vocals, drums, keyboards, strings, busses, you name it.
    • Wow Fluttr—Determines how much warbly tape sound is heard
    • Saturation—Adds analog tape saturation and at high enough settings, distortion. At lower settings, it's great for simply warming up a tone
    • Low Cut—Determines the frequency of the Low Cut (High Pass) filter. At higher settings, can provide a lo-fi effect
    • High Cut—Determines the frequency of the High Cut (Low Pass) filter. At lower settings, can provide the natural high-end roll-off of old tape
    • Tape Speed—Changes both the rate of the modulation applied by the Wow Fluttr control and the filtering response of the analog tape  emulation
    • Level—Sets the overall level of the block
    • Texture—Adjusts the amount of the NAB tape EQ in the simulated tape path. When Saturation is set to 0.0, the texture is invisible. When Saturation is turned up, the texture will affect the tightness (or looseness) of the distortion
  • Delay > Euclidean Delay (Mono, Stereo), Line 6 Original delay based on Euclidean algorithms. Creates multitap patterns by setting the length of the pattern (Steps) and the number of taps (Fill) in the pattern. The Euclidean algorithm spaces taps as evenly as possible throughout the pattern, resulting in rhythms from traditional to highly complex. Settle in because this one'll require diagrams and charts and whatnot. TIP: Add two Euclidean Delays in parallel (with different settings) for interesting polyrhythm patterns. When using a stereo playback system, try panning Paths A and B in the Mixer to L100 and R100.
    • Step Time—Sets the time between steps. The total delay time is Time x Steps, so [Time: 1/16 x Steps: 8] is a 1/2-note. Press the knob to toggle between ms/sec and note values
    • FeedbackControls the overall number of repeats heard for the entire sequence. If you want to hear all fills in the sequence only once, set to 0%
    • Steps—Determines the number of steps in the sequence (1-16; see diagram below)
    • Fill—The number of active taps, whose spacing is set by Euclidean algorithms (1-16, see diagram below). If Fill is higher than Steps, the extra taps are ignored
    • Rotate—Rotates all fills forward by the same amount (0-15; see diagram below). Used If you like the sound of a repeat pattern but want the fills and gaps shifted forward
    • MixControls the wet/dry mix of the delay. When set to 0%, no delay is heard; when set to 100%, no dry signal is heard
    • Low CutApplies a low cut (high pass) filter to the fills, letting you remove the effected signal below a certain frequency
    • High CutApplies a high cut (low pass) filter to the fills, letting you remove the effected signal above a certain frequency
    • Level—Controls the overall output level of the block
    • TrailsWhen on, delay repeats continue to ring out after the block is bypassed

310_EuclideanCircles.jpg

I was told there'd be no math!

Sorry. If you'd like to read more about Euclidean rhythms, check this out: https://splice.com/blog/euclidean-rhythms/ Or if you'd like to know more about Euclidean math, see ya' in a semester or two! https://en.wikipedia.org/wiki/Euclidean_algorithm

  • Reverb > Dynamic Hall (Mono, Stereo), Line 6 Original hall reverb
    • Decay—Sets the decay of the reverb (0.1 sec ~ 45.0 sec, or Infinity)
    • Predelay—Determines the amount of delay heard before the signal enters the hall. Can sometimes result in more definition between the dry and effected signals
    • Room Size—Sets the size of the hall (10, 20, or 30 meters). NOTE: This parameter actually changes the algorithm so you'll hear a small bump when changing it. Therefore, we don't recommend assigning Room Size to snapshots or other controllers
    • Diffusion—Sets the amount of smearing between discrete echoes, sometimes resulting in a softer effected signal
    • Damping—Determines the frequency above which the reverb will be absorbed. For example, if your hall is full of people wearing fake ocelot jumpsuits, more high frequencies would be absorbed than if the room were empty
    • MixControls the wet/dry mix of the reverb. When set to 0%, no reverb is heard; when set to 100%, no dry signal is heard
    • Motion—Sets the amount of randomization, which can be helpful to minimize any metallic artifacts common in extremely static reverbs. At higher values, can impart a bit of modulation to the effected signal
    • Low Freq—Sets the frequency below which the Low Gain parameter is applied
    • Low Gain—Sets the reverb time for frequencies below the Low Freq value. Values below 0.0dB mean the bass frequencies decay faster than the treble frequencies; values above 0.0dB mean the bass frequencies decay slower than the treble frequencies
    • Low CutApplies a low cut (or high pass) filter to the reverb, letting you remove the effected signal below a certain frequency
    • High CutApplies a high cut (or low pass) filter to the reverb, letting you remove the effected signal above a certain frequency
    • Level—Controls the overall output level of the block
    • TrailsWhen on, reverb decay continues to ring out after the block is bypassed
  • Reverb > Hot Springs (Mono, Stereo), Line 6 Original spring reverb
    • Dwell—Adjusts the strength of the signal sent into the spring tank. Higher values result in a longer decay
    • Spring Count—Sets how many springs are in the tank (1, 2, or 3, and numerous values in between)
    • Drip—Adjusts the intensity of the spring reverb, or how much "ploink" you might hear
    • Low CutApplies a low cut (or high pass) filter to the reverb, letting you remove the effected signal below a certain frequency
    • High CutApplies a high cut (or low pass) filter to the reverb, letting you remove the effected signal above a certain frequency
    • MixControls the wet/dry mix of the reverb. When set to 0%, no reverb is heard; when set to 100%, no dry signal is heard
    • Level—Controls the overall output level of the block
    • TrailsWhen on, reverb decay continues to ring out after the block is bypassed

*NOTE: All product names used in this document are trademarks of their respective owners and neither Yamaha Guitar Group nor Line 6 are associated or affiliated with them. These trademarks appear solely to identify products whose tones and sounds were studied by Line 6 during sound model development.

 

New Features in 3.10

Increased Oversampling Throughout

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp, HX Stomp XL

Oversampling has been increased across the board, resulting in higher fidelity, fewer aliasing artifacts, and smoother decay trails, especially when running multiple distortion stages or with higher gain tones. Many people might not notice a difference, but those highly sensitive to aliasing will appreciate 3.0's smoother response. Amp and effects models have been optimized to accommodate these improvements without increasing DSP usage.

 

Customizable Stomp Switches

HX Stomp, HX Stomp XL [Feature already in Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, and HX Effects]

 

As long as something is assigned to a stomp switch (bypass one or more blocks, toggle parameter Min/Max, or Command Center command), switches in Stomp Footswitch Mode can now have custom labels and colors. This is especially helpful when multiple blocks, controls, or commands are assigned to the same switch; it doesn't have to read "MULTIPLE (X)" anymore.

  1. Touch a stomp mode footswitch to select it and from either the Bypass Assign or Command Center menu, press PAGE> and then Customize.
  2. Use the Upper Knob and Knob 2 (Character) to name the stomp.
  3. Press PAGE> and turn Knob 3 (Switch LED) to choose a custom color. When set to "Auto" (the default), the switch reflects its assignment (Delays are green, Filters are purple, Commands are white, etc.)
  4. When finished, press <PAGE and Knob 3 (OK).

 

Customizable Snapshot Switches

HX Stomp, HX Stomp XL [Feature already in Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, and HX Effects]

Switches in Snapshot Footswitch Mode can now have custom labels and colors.

  1. From Play View, press the Upper Knob to open the Preset List.
  2. Turn Knob 2 (Snapshot) to select the snapshot you want to rename and press ACTION.
  3. Press Rename Snapshot.
  4. Use the Upper Knob and Knob 2 (Character) to name the stomp.
  5. Press PAGE> and turn Knob 3 (Switch LED) to choose a custom color. When set to "Auto" (the default), the switch is white
  6. When finished, press <PAGE and Knob 3 (OK).

 

Tuner Trails

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, HX Effects, HX Stomp, HX Stomp XL

The Tuner screen has a new "Trails" parameter. When set to "On," delay repeats and reverbs' decay continue to ring out and even the Looper keeps running when the tuner is engaged. No more awkward "everyone's staring at me because my B string went wonky."

 

Expanded 3.0 Models

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp, HX Stomp XL

3.0 added a boatload of new creative effects and after collecting feedback from users, we've added new parameters to some of them to help expand their flexibility and fun factor. IMPORTANT! These new parameters won't show up in your existing presets; they'll only appear if you remove the block (or change the model and reload it). Also, if you've saved any of the following models' defaults, they will need to be re-tweaked and saved again.

  • Delay > Poly Sustain
    • Auto EQ Determines how much compensation EQ is applied to the sustained signal. If the sustained signal sounds too harsh when pitched up (or dull when pitched down), adjust this setting to taste. The higher the value, the more EQ is applied at the shift end points; when set to 0.0, no compensation EQ is applied
    • Operation—Determines what happens to your signal when Poly Sustain is turned on (remember, it's bypassed by default)
      • "Mute All"—When Poly Sustain is on, THE ENTIRE PATH IS MUTED
      • "Dry Kill"—When Poly Sustain is on, only the sustained signal is heard. TIP: With Poly Sustain on a parallel path, assign a second stomp switch to toggle between Mute All and Dry Kill. This lets you leave the block enabled and bring the sustained signal in and out by switching between the two values
      • "Normal" (default)—When Poly Sustain is on, both the dry and sustained signals are heard. This is how Poly Sustain behaved in Firmware 3.0; that is, you're able to jam on top of the sustained drone
  • Delay > Glitch Delay
    • Pitch—Determines the likelihood of repeats changing pitch, based on the new Interval 1 and Interval 2 settings (In 3.0, the repeats were fixed to an octave below and above). Was called "Octaves" in 3.0
    • Interval 1—Sets the pitch of some repeats, the likelihood of which is determined by the Pitch parameter (from an octave down to an octave up)
    • Interval 2—Sets the pitch of other repeats, the likelihood of which is determined by the Pitch parameter (from an octave down to an octave up)
    • Low CutApplies a low cut (or high pass) filter to the slices, letting you remove the effected signal below a certain frequency
    • High CutApplies a high cut (or low pass) filter to the slices, letting you remove the effected signal above a certain frequency
    • Level—Controls the overall output level of the block
  • Looper > Shuffling Looper
    • Pitch—Determines the likelihood of your slices changing pitch, based on the new Interval 1 and Interval 2 settings (In 3.0, the repeats were fixed to an octave below and above). Was called "Octaves" in 3.0
    • Interval 1—Sets the pitch of some slices, the likelihood of which is determined by the Pitch parameter (from an octave down to an octave up)
    • Interval 2—Sets the pitch of other slices, the likelihood of which is determined by the Pitch parameter (from an octave down to an octave up)
  • Pitch/Synth > 12 String
    • PluckType—Optimizes the 12 String emulation for specific types of playing styles. We've also improved the onset detection and 12 String now uses less DSP

 

Instant Command Wait Time

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, HX Effects, HX Stomp, HX Stomp XL

On the Command Center page, Instant commands (lightning bolt icon) have a new "Wait Time" parameter, letting you delay certain events by up to 1000ms. This is to help Helix/HX control older MIDI gear that may behave incorrectly when receiving multiple commands very close together. Unless you specifically need to delay a message, leave this set to "0 ms."

 

New and Improved MIDI Implementation

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, HX Effects, HX Stomp, HX Stomp XL

Switches in Snapshot Footswitch Mode can now have custom labels and colors.

  • MIDI Snapshot changes on CC69 that are received during preset loads will now be buffered and executed once the preset load is finished. This means that you can send a MIDI Snapshot change immediately after a PC message to effectively load a preset with a different Snapshot than it was saved with.
  • Bank/Preset/Snapshot Up and Down messages how properly work via incoming FS1/FS7 emulation MIDI messages
  • FS1/2/3 emulation MIDI messages can now be momentary for HX Stomp (values 64-127=footswitch press; values 0-63=footswitch release)
  • Also, footswitch emulation MIDI messages now work while in preset or snapshot footswitch mode
  • New MIDI message (Helix Floor/Rack/LT/HX Stomp XL): CC71 engages the MODE switch
  • New MIDI message: CC 72, value 64-127 increments preset, value 0-63 decrements preset
  • New MIDI message (Helix LT, HX Stomp, HX Stomp XL): CC 73 toggles between Play and Edit views

 

Other Changes and Improvements in 3.10

  • HX Edit now adds support for macOS 11 Big Sur
  • Helix Floor and Rack/Control only: The scribble strip above FS6 (MODE) now displays which mode is currently active—Preset or Stomp. You can still hold FS6 to engage hands-free Pedal Edit mode
  • On the Controller Assign page, turning Knob 2 (Controller) no longer resets the Min Value and Max Value

 

Bug Fixes in 3.10

  • Pressing the Bank Down switch would skip banks in certain situations–FIXED
  • When Tuner View is active while Spillover is engaged, changing presets can sometimes cause audio output to stop—FIXED
  • The tuner screen and gain reduction meters could sometimes appear laggy—FIXED
  • Many other minor fixes and improvements

 

Known Issues in 3.10

  • Helix Native's performance can be laggy in new M1-based Apple computers
  • As Delay > Poly Sustain, Delay > Glitch Delay, Pitch/Synth > 12 String, and Looper > Shuffling Looper models have been updated, any existing user defaults for these models will need to be re-tweaked and saved again

  • Variax Model min and max sliders do not automatically update when a Variax is connected

  • After importing a .WAV file into the current 'Empty' slot of an Impulse Response block, all audio output can stop

  • Helix Floor/Rack/LT and HX Stomp only—Sending more than one MIDI program change messages one after another can sometimes cause HX Edit to lose connection

  • Helix Floor/Rack/LT only—Clearing a Split block on Path 2 does not automatically remove its bypass assignment

  • Helix LT only—FS1 and FS7 do not transmit Command Center messages

  • HX Stomp and XL only—Quickly scrolling across the signal flow view immediately after booting can sometimes cause HX Stomp/XL to freeze

  • HX Stomp and XL only—In rare cases, after restoring a 3.01 backup, parallel presets' blocks may be shifted one position to the right

  • Impulse responses with names consisting of more than 54 characters cannot be copied or exported

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave, macOS Catalina, macOS Big Sur
( 27 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 3.01

 
HX Edit 3.01 includes bug fixes and an improved firmware updating procedure, and is strongly recommended for all Helix and HX owners. Doesn't matter what version of HX Edit you're currently running; you can go straight to 3.01.
 
New Features
  • AFTER installing HX Edit 3.01, updating firmware for Helix and HX products is now more consistent and seamless. For example, the update process now forces you to update HX Edit before your Helix/HX hardware. (Imagine that.) Even if the bugs below don’t apply to you, we strongly recommend updating HX Edit to 3.01 so you’ll be ready to go for our next release.
 
Bug Fixes
  • After logging into your Line 6 account, the “Check for Updates” link could disappear—FIXED
  • After exporting and then importing presets into HX Stomp, any snapshot-controlled Command Center values could sometimes not be recalled properly—FIXED
  • In HX Stomp, creating a Command Center > HX Preset command would result in preset numbering from Helix, Helix Rack, or Helix LT (that is, D presets could appear, even though HX Stomp’s presets are limited to A, B, and C)—FIXED
  • In rare cases, moving a block from the far left of the signal path to the far right could result in a "Failed to Move Item" error (-4)—FIXED

Compatible OS: Mac OS X, macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave, macOS Catalina
( 27 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 3.01

 
HX Edit 3.01 includes bug fixes and an improved firmware updating procedure, and is strongly recommended for all Helix and HX owners. Doesn't matter what version of HX Edit you're currently running; you can go straight to 3.01.
 
New Features
  • AFTER installing HX Edit 3.01, updating firmware for Helix and HX products is now more consistent and seamless. For example, the update process now forces you to update HX Edit before your Helix/HX hardware. (Imagine that.) Even if the bugs below don’t apply to you, we strongly recommend updating HX Edit to 3.01 so you’ll be ready to go for our next release.
 
Bug Fixes
  • After logging into your Line 6 account, the “Check for Updates” link could disappear—FIXED
  • After exporting and then importing presets into HX Stomp, any snapshot-controlled Command Center values could sometimes not be recalled properly—FIXED
  • In HX Stomp, creating a Command Center > HX Preset command would result in preset numbering from Helix, Helix Rack, or Helix LT (that is, D presets could appear, even though HX Stomp’s presets are limited to A, B, and C)—FIXED
  • In rare cases, moving a block from the far left of the signal path to the far right could result in a "Failed to Move Item" error (-4)—FIXED

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 88 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

Helix 3.0 includes new amps, cabs, effects, features, bug fixes, and other changes and improvements and is strongly recommended for all Helix and HX owners.

New Amps

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Stomp

  • US Princess, based on* the Fender® Princeton Reverb
  • Das Benzin Mega, based on* the Mega channel of the Diezel VH4
  • Das Benzin Lead, based on* the Lead channel of the Diezel VH4

New Cabs

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Stomp

  • 1x10 US Princess, based on* the Fender® Princeton Reverb cab
  • 1x12 US Princess, based on* the Fender® Princeton Reverb with a 12" Alnico Blue driver

New Effects

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp

  • Distortion > Horizon Drive (Mono, Stereo), based on* the Horizon Devices Precision Drive. Includes an extra Gate Range parameter that, when set to "Extended," drops the gate's threshold down to -90dB
  • Distortion > Swedish Chainsaw (Mono, Stereo), based on* the BOSS® HM-2 Heavy Metal Distortion (Made in Japan black label)
  • Distortion > Pocket Fuzz (Mono, Stereo), inspired by* the Jordan Boss Tone fuzz
  • Distortion > Bighorn Fuzz (Mono, Stereo), based on* the 1973 Electro-Harmonix® Ram's Head Big Muff Pi
  • Distortion > Ballistic Fuzz (Mono, Stereo), based on* the Euthymia ICBM fuzz
  • Dynamics > Horizon Gate (Mono, Stereo), based on* the Horizon Devices Precision Drive's gate circuit. Includes an extra Gate Range parameter that, when set to "Extended," drops the gate's threshold down to -90dB. Works best before an amp
  • EQ > Acoustic Sim (Mono, Stereo), based on* the BOSS® AC-2 Acoustic Simulator. Can be used alone or in conjunction with an acoustic IR
  • Modulation > Poly Detune (Mono), Line 6 Original
  • Delay > Poly Sustain (Mono), Line 6 Original
    1. Assign Poly Sustain to a stomp footswitch. By default, Poly Sustain appears bypassed.
    2. First play the note or chord you wish to sustain, and then press the footswitch (on) to sustain it indefinitely. Keep playing while the note or chord loops. TIP: Some players may find it easier to change the footswitch mode to Momentary; that way, the note or chord sustains only while you hold the switch on, much like the sustain pedal on a piano.
    3. Press the switch again (off) and the sustained note or chord fades out.
    • Interval—Sets the pitch of the sustained note or chord. TIP: This parameter is especially cool for creating massive drones to play over
    • Attack—Sets the speed at which the sustained note or chord fades in
    • Decay—Sets the speed at which the sustained note or chord fades out after bypassing the effect
    • Mod Freq—Sets the speed of the built in modulation
    • Mod Depth—Sets the depth of the built in modulation
    • FX Level—Sets the level of the sustained signal
    • RandDpth—Higher values increase the randomization of the section of audio being sustained, resulting in a more natural, but less predictable drone
    • RandSpeed—Controls how fast the randomization wanders. Setting both RndDpth and RndSpd to high values will result in a glitch fest (not that there's anything wrong with that)
    • Level—Controls the overall output level of the block
  • Delay > Glitch Delay (Mono, Stereo), Line 6 Original performance delay that lets you freely manipulate the repeats' behavior in real time
    • Time—Sets the delay time; press the knob to toggle between ms/sec and note values
    • Delay Div—Divides the delay time into smaller increments
    • Mix—Controls the wet/dry mix of the delay. When set to 0%, no delay is heard; when set to 100%, no dry signal is heard
    • Feedback—Controls the overall number of repeats heard for the entire sequence
    • SliceFdbk—Controls the number of repeats heard for individual slices. At higher values, you could call this "Super Chaotic Feedback"
    • Shuffle—Determines the likelihood of repeats shuffling/reordering
    • Octaves—Determines the likelihood of repeats playing back an octave higher or lower
    • Reverse—Determines the likelihood of repeats playing backwards
    • Seq Drift—Determines the likelihood of the entire sequence changing every time it loops around. When set to 0%, the same sequence loops forever. TIP: Assign this parameter to a footswitch set to toggle between a higher number and 0%. If you hear a random sequence you want to maintain, press the switch to set Seq Drift to 0%, and it'll repeat that way indefinitely
    • Smoothing—Higher values apply smoothing between slices and can give a synth-pad type quality, lower values maintain transients. Or set it just high enough to avoid pops and clicks
    • Trails—When on, delay repeats continue to ring out after the block is bypassed
  • Pitch/Synth > Poly Pitch (Mono), Line 6 Original
    • NOTE: Polyphonic pitch engines are designed for shifting complex chords with minimal artifacts, at the expense of latency (and our algorithms have lower latency than leading standalone poly pitch pedals). If you're looking to pitch individual notes (such as in a solo), monophonic pitchshifting is often preferred. See the Tracking parameter below for more information
    • IMPORTANT! 3.0's new poly models are extremely DSP-intensive. Some effects can eat up roughly a quarter of all available DSP on a Helix Floor, Rack, or LT or half (!!!) of all available DSP on HX Stomp or HX Effects. You also can't run more than one on the same path/DSP. Don't say we didn't warn you...
    • Interval—Sets the pitch of the effect in semitones
    • Cents—Sets the pitch of the effect in cents
    • ShiftTime—Determines how long it takes for the signal to ramp up or down to the set pitch when the block is enabled. Press the knob to toggle between ms/Sec and note/beat values. TIP: Want to hit the switch and have Poly Pitch dive bomb and land on the selected interval exactly one bar later? Press the knob to select note values and set ShiftTime to "1/1"
    • ShiftCurve—Determines the trajectory curve of the pitch shift over time. StartSlow values are concave (slower changes to start, speeding up toward the end); StartFast values are convex (the opposite). The default is "Linear"
    • ReturnTime—Determines how long it takes for the signal to return to normal pitch when the block is bypassed. Press the knob to toggle between ms/Sec and note/beat values
    • ReturnCurv—Determines the trajectory curve when returning to the original pitch. StartSlow values are concave (slower changes to start, speeding up toward the end); StartFast values are convex (the opposite)
    • Tracking—Determines how the poly pitch engine behaves. "X Fast" results in lower latency, ideal for faster lead lines. "X Stable" (the default) results in fewer artifacts when pitch shifting complex, sustained chords. "Fast" and "Stable" are somewhere in between. TIP: If you find yourself changing playing styles—say from fast lead lines to clean, open chords—you can assign this parameter to a footswitch (or snapshots) to optimize the balance between transparency and low latency
    • Auto EQ—Determines how much compensation EQ is applied to the shifted signal. If the effected signal sounds too harsh when pitched up (or dull when pitched down), adjust this setting to taste. When set to 0.0, no compensation is applied
    • Mix—Controls the wet/dry mix of the pitchshift
    • Level—Controls the overall output level of the block
  • Pitch/Synth > Poly Wham (Mono), Line 6 Original. Works equally well on guitar and bass, although you might want to tweak the Auto EQ parameter for your particular instrument. See Poly Pitch notes above for additional information
  • Pitch/Synth > Poly Capo (Mono), Line 6 Original. Simpler version of Poly Pitch when you just want to change keys. Works equally well on guitar and bass, although you might want to tweak the Auto EQ parameter for your particular instrument. See Poly Pitch notes above for additional information
  • Pitch/Synth > 12 String (Mono), Line 6 Original 12-string guitar emulation
  • Volume/Pan > Stereo Imager (Stereo), Line 6 Original
  • Looper > Shuffling Looper (Mono, Stereo), Line 6 Original. Part looper, part sampler, part inspiration generator, part performance instrument, the Shuffling Looper intelligently chops up your playing and gives you realtime control over reordering, octave shifting, reversing, and repeating. It's all immense fun (even on vocals, drums, and percussion), but you'll want to familiarize yourself with its controls. IMPORTANT: The Shuffling Looper does not currently respond to Command Center > HX Commands or per-function MIDI commands
  1. Add Looper > Shuffling Looper to a preset and assign it to a footswitch.
  2. Turn Knob 1 (Slices) to set the number of slices your loop will be chopped into. 8 slices is the default.
  3. Press the switch to begin recording. The LED lights red, indicating the loop is recording.
  4. At the end of your loop, press the switch. The LED lights green and the sliced loop sequence immediately plays.
  5. During playback, adjust the following knobs (or assign them to controllers, like expression pedals or snapshots):
    • Slices—Changes the number of slices your loop will be chopped into
    • SeqLength—Determines the number of slices in the sequence. This can be changed even after recording a loop
    • Shuffle—Determines the likelihood of slices shuffling/reordering. At 0%, the slices never shuffle; at 100%, they're constantly reshuffling
    • Octave—Determines the likelihood of slices playing back an octave higher or lower
    • Reverse—Determines the likelihood of slices playing backwards
    • Repeat—Determines the likelihood of slices repeating
    • Smoothing—Higher values apply smoothing between slices and can give a synth-pad type quality, lower values maintain transients. Or set it just high enough to avoid pops and clicks
    • Seq Drift—Determines the likelihood of the entire slice sequence changing every time it loops around. When set to 0.0, the same sequence repeats forever; when set to 10.0, the sequence changes completely every time it loops TIP: Assign this parameter to a footswitch set to toggle between a higher number and 0%. If you hear a random sequence you want to maintain, press the switch to set Seq Drift to 0%, and it'll repeat that way indefinitely
    • Playback—Sets the looper's playback level
    • Low Cut—Applies a low cut (or high pass) filter to the loop, letting you remove looper signal below a certain frequency
    • High Cut—Applies a high cut (or low pass) filter to the loop, letting you remove looper signal above a certain frequency
  6. Want to change it up? While the loop is playing, press the switch to randomize its slice sequence.
  7. Quickly double-press the switch. Playback/recording stops and the LED lights white, indicating a loop is in memory. Press again to restart.
  8. While the loop is playing or stopped, press and hold the switch. The recording is deleted and the LED lights dim white.

*NOTE: All product names used in this document are trademarks of their respective owners and neither Yamaha Guitar Group nor Line 6 are associated or affiliated with them. These trademarks appear solely to identify products whose tones and sounds were studied by Line 6 during sound model development.

New Features

True Preset Spillover

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT

Despite what some might have you believe, the only digital multieffects units with true preset spillover were the DigiTech GSP1101, 2112, and 2120, and they accomplished this by dedicating one of their two DSPs to spillover and only spillover. (Basically, to hear two dynamically allocated presets with absolutely zero gap—not a global reverb smeared to cover the gap—you need enough DSP to run both of them simultaneously.) So... if you're willing to sacrifice half your DSP—that is, COMPLETELY DISABLE PATH 2—you too can have true preset spillover. IMPORTANT! Unfortunately, Looper recording or playback will not currently spill over from one preset to another. Also, note that there may be a slight hiccup when switching between two presets with different impedance values for the Guitar Input.

  1. In the Global Settings > Preferences menu, set Preset Spillover to "On." (SHORTCUT: Hold ACTION and press HOME.) A dialog appears, reading "Remove Path 2 to enable preset spillover?"
  2. Press Knob 6 (OK).
  3. Press HOME. Path 2 has disappeared! You may now switch presets to your heart's delight with true spillover but note that if Preset A is still spilling over into Preset B (say one of its delay blocks' feedback is making it self-oscillate), switching to Preset C will abruptly cut off Preset A.
  4. To return to normal operation with two paths, turn Preset Spillover back to "Off". (SHORTCUT: Hold ACTION and press HOME again.) A dialog appears, reading "The preset must be reloaded. All unsaved changes will be lost!" So if you've made changes to the preset, be sure to save it before turning Spillover off.
  5. Press Knob 6 (OK).

But but but... I don't wanna lose Path 2 just for spillover!

Then keep using snapshots.

Favorites

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp

If you've dialed in an amp or effects block exactly the way you like it, you can now save its settings as a favorite so it can be added very quickly, complete with bypass state and footswitch assignment. Favorites appear in a new "Favorites" category and can be renamed, reordered, and cleared. TIP: If you don't want a favorite to be recalled with its footswitch assignment, add the block before you assign a switch.

  1. Choose one of your favorite amps or effects and tweak it exactly how you like it, with or without footswitch assignment.
  2. Press ACTION and then press Add to Favorites. The Favorites list appears.
  3. If you wish to replace an existing favorite (you get 128 total), select it and press Replace Favorite. If you wish to add a new favorite, select the location where you want to place it and press Add New Favorite.
  4. OPTIONAL: While the Favorites list is open, press ACTION.
    • To reorder the selected favorite up or down the list, turn Reorder Favorite (on HX Effects, press Reorder Up or Reorder Down)
    • To rename the selected favorite, press Rename Favorite
    • To clear the selected favorite, press Clear Favorite
    • To clear all favorites, press Clear All Favorites. A dialog appears. Press OK to confirm.

All right, so what?

Here's what:

  1. At any time, select an empty block and turn the joystick (Big Knob on HX Effects or Lower Knob on HX Stomp). All your perfectly-tweaked favorite amps and effects instantly appear, without having to open the model list at all. If you typically keep model categories on the same stomp footswitches, you could conceivably create a brand new preset with all of your favorite stuff—including all footswitch assignments—in less than 10 seconds. Creating tones has never been faster or easier. TIP: If you keep one or more external pedals connected to Helix's FX Loops, add the FX Loop blocks as favorites and then rename them after the real thing.

User Model Defaults

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp

3.0 lets you save any amp, cab, or effect block's settings as default so every time you call that model up, it sounds exactly the way you want it. Or, if you want to revert it to factory default, you can do that too. NOTE: Unlike Favorites, user model defaults do not store any footswitch assignments.

  1. Choose any model and tweak it exactly how you like it.
  2. Press ACTION and then User Default. From Helix Native or HX Edit, right-click (Mac: control-click) the block icon and select "User Default"

Global Settings > Preferences > Auto Impedance

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, HX Stomp

A new Global Settings > Preference parameter determines how the Guitar In's impedance circuit behaves when Input > In-Z is set to "Auto." When set to "First Block" (the default), the impedance circuit reflects the impedance of the first block on Path 1A, regardless of whether it's enabled or bypassed. When set to "First Enabled", the impedance circuit reflects the impedance of the first enabled block on Path 1A. Called "Auto Impedance" because "Sorry-this-took-so-long-we-love-you-Tito83" wouldn't fit.

Min/Max Value Indicators

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, HX Stomp [Feature already in HX Effects]

Parameters assigned to controllers or snapshots now display small Min Value (below) and Max Value (above) indicators. You can now see the range of continuous controllers from the Home screen.

8 Blocks in HX Stomp

HX Stomp

HX Stomp's simultaneous block count has been increased from six to eight.

IMPORTANT! Although HX Stomp now has two additional block locations, this doesn't mean it magically has more DSP horsepower to accommodate those blocks. Don't be surprised if you're not able to fill all eight blocks with exactly what you want, especially considering the new polyphonic pitch models take up a lot more DSP. We've taken note of those who've bemoaned HX Stomp's 6 block limit, and if the same person now complains about running out of DSP with 8 blocks, we're sending hooligans to their home to administer an atomic wedgie.

NOTE: It shouldn't come as any surprise, but any presets you make in 3.0 will not be compatible with 2.92 or earlier firmware.

Command Center in HX Stomp

HX Stomp [Feature already in Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, and HX Effects]

Why would people expect a stompbox with only three footswitches to also act as a master MIDI controller? Yeah, we don't know either, but enough of you asked for it and it wasn't exceedingly difficult to add.

  1. Press together to open the Menu and then press Knob 3 (Command Center).
  2. Turn the Upper Knob to select the command source (Instant 1-6, Footswitch 1-5, or EXP 1-2).
  3. Turn Knob 1 (Command) to select the type of command you wish to transmit. For information on the types of commands HX Stomp transmits, see the HX Stomp 3.0 Owner's Manual.

Wait, does this mean I can use HX Stomp as both an audio interface AND a remote control for YouTube lesson videos by sending QWERTY hotkeys?

Yes.

Tuner in Helix Native

Helix Native [Feature already in Helix and HX hardware]

Helix Native now has the same needle and strobe tuner from Helix.

  1. Click the tuner icon.
  2. Choose the tuner type by selecting Coarse, Fine, or Strobe.

Gain Reduction Meters in Helix Native

Helix Native [Feature already in Helix hardware]

The following block types display a gain reduction meter in the inspector when selected:

  • Dynamics > Compressor
  • Dynamics > Gate

Artist Presets

IMPORTANT! Because we never want to overwrite your own presets, upgrading to 3.0 does NOT automatically make these presets visible; you will need to manually restore them. Restoring factory setlists and presets will completely overwrite your own, so make sure they're backed up first!

TIP: With Helix Floor/Rack/LT/Native, if you want to keep both your presets and the latest factory presets, back up your custom presets as setlists and after the procedure below, drag your setlists onto unused setlist locations.

  1. Make sure you've backed up your presets and turn off Helix/HX.
  2. Perform the following procedure:
    • Helix Floor/LT: While holding footswitches 7 and 8 (two leftmost switches on the bottom row), turn on Helix Floor/LT. Wait for "Will restore..." to appear and let go
    • Helix Rack/Control: While holding knobs 3 and 4 (two middle knobs below the screen), turn on Helix Rack. Wait for "Will restore..." to appear and let go
    • Helix Native: Click the gear icon in the lower left corner, click the Presets/IRs tab, and click "Restore Factory Setlists"

Helix 3.0 includes factory presets created by the following artists:

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, Helix Native [FACTORY 1 setlist]

  • 13B-14C—Fish (Christina Aguilera)
  • 14D—Jeff Waters (Annihilator)
  • 15A, 15B—Richie Castellano (Blue Öyster Cult)
  • 15C—Robbie Calvo
  • 15D—Ryan "Fluff" Bruce (Dragged Under)
  • 16A-16D—Felix Martin
  • 17A—Mario Quintaro (Spotlights)
  • 17B, 17C—Bumblefoot (Sons of Apollo)
  • 17D, 18A—Billy Sheehan (Sons of Apollo, Winery Dogs)
  • 18B—Andy Abad (Jennifer Lopez)
  • 18C-19B—Misha Mansoor (Periphery)
  • 19C—Duke Erikson (Garbage)
  • 19D—Steve Marker (Garbage)
  • 20A—Eric Avery (Garbage)
  • 20B—Bill Kelliher (Mastodon)
  • 20C—John Browne (Monuments)
  • 20D—Olly Steele (Monuments)
  • 21A—Jon Button (The Who)
  • 21B—Trev Lukather (Levara)
  • 21C—Steve Howe (Yes)
  • 21D—Dustin Kensrue (Thrice)
  • 22A—Pete Thorn
  • 22B—Rhett Shull
  • 22C—Jade Puget (A.F.I.)
  • 22D, 23A—Jeff Schroeder (The Smashing Pumpkins)
  • 23B—Graham Coxon (Blur)
  • 23C, 23D—Chris Buck
  • 24A—Lewis Allen (Sam Smith)
  • 24B-25A—Rabea Massaad
  • 25B—Soren Andersen
  • 25C—Devin Townsend
  • 25D—Nathan Navarro
  • Vernon Reid
  • 27B—Philip Bynoe
  • 27C, 27D—Markus Reuter

HX Effects

  • 12A-12D—Julien Baker
  • 13A—Sarah "Noveller" Lipstate
  • 13B, 13C—Steve Stevens

3.0 Owner's Manuals

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp, HX Edit

As it's immensely expensive and complicated to translate Owner's Manuals into the many languages we're required by law to provide, Helix and HX Owner's Manuals have not been updated since 2.X. They've now been updated for 3.0:

  • Helix Floor: Link available soon—watch this space
  • Helix Rack/Control: Link available soon—watch this space
  • Helix LT: Link available soon—watch this space
  • Helix Native: Link available soon—watch this space
  • HX Effects: Link available soon—watch this space
  • HX Stomp: Link available soon—watch this space
  • HX Edit: Link available soon—watch this space

Other Changes and Improvements

  • On HX Stomp, Global Settings > Footswitches > Stomp Select now has an "Off" value. When set this way, neither touching nor pressing will change which block is in focus [value is already in Helix Floor, Rack, and LT]
  • Favorites can now be restored from a backup, independently of setlists, presets, IRs, and Global Settings
  • User Model Defaults can now be restored from a backup, independently of setlists, presets, IRs, and Global Settings
  • Gain reduction meters now also appear for the Input block's noise gate
  • Gain reduction meters and signal present indicators are now more responsive
  • Parameter knob ballistics have been improved
  • New splash screens for Helix Floor/Rack/LT and HX Stomp
  • Parameter slider handles are thinner to accommodate new min/max value indicators
  • Press-turning a knob to assign Snapshot control now requires a bit more turning to minimize accidental assignments
  • Pitch/Synth > 4 OSC Generator OscFreq parameters now display single Hz resolution between 100 and 1000 Hz

Bug Fixes

  • When synced to external MIDI clock or retriggering via TAP, certain models with tremolo circuits' LFO set to square wave would invert the waveform–FIXED
  • If Helix had been left powered on for 24 hours with the same preset active (What? Why?), its reverb blocks could become disabled until selecting another preset—FIXED
  • Many other minor fixes and improvements

Known Issues

  • Distortion > Vermin Dist's resonant filter was mapped incorrectly, and is especially apparent at higher gain settings. This will be fixed in 3.10
  • In the Poly Pitch models, very fast playing may exhibit some minor onset smearing. Additional improvements to the poly pitch engine are forthcoming
  • The Shuffling Looper does not currently respond to Command Center > HX Commands or per-function MIDI commands
  • Variax Model min and max sliders do not automatically update when a Variax is connected
  • When Tuner View is active while Spillover is engaged, changing presets can sometimes cause audio output to stop
  • After importing a .WAV file into the current 'Empty' slot of an Impulse Response block, all audio output can stop
  • After exiting a menu, HX Stomp’s TAP LED can occasionally appear to blink erratically
  • Clearing a Split block on Path 2 does not automatically remove its bypass assignment

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 89 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

Helix 3.0 includes new amps, cabs, effects, features, bug fixes, and other changes and improvements and is strongly recommended for all Helix and HX owners.

New Amps

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Stomp

  • US Princess, based on* the Fender® Princeton Reverb
  • Das Benzin Mega, based on* the Mega channel of the Diezel VH4
  • Das Benzin Lead, based on* the Lead channel of the Diezel VH4

New Cabs

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Stomp

  • 1x10 US Princess, based on* the Fender® Princeton Reverb cab
  • 1x12 US Princess, based on* the Fender® Princeton Reverb with a 12" Alnico Blue driver

New Effects

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp

  • Distortion > Horizon Drive (Mono, Stereo), based on* the Horizon Devices Precision Drive. Includes an extra Gate Range parameter that, when set to "Extended," drops the gate's threshold down to -90dB
  • Distortion > Swedish Chainsaw (Mono, Stereo), based on* the BOSS® HM-2 Heavy Metal Distortion (Made in Japan black label)
  • Distortion > Pocket Fuzz (Mono, Stereo), inspired by* the Jordan Boss Tone fuzz
  • Distortion > Bighorn Fuzz (Mono, Stereo), based on* the 1973 Electro-Harmonix® Ram's Head Big Muff Pi
  • Distortion > Ballistic Fuzz (Mono, Stereo), based on* the Euthymia ICBM fuzz
  • Dynamics > Horizon Gate (Mono, Stereo), based on* the Horizon Devices Precision Drive's gate circuit. Includes an extra Gate Range parameter that, when set to "Extended," drops the gate's threshold down to -90dB. Works best before an amp
  • EQ > Acoustic Sim (Mono, Stereo), based on* the BOSS® AC-2 Acoustic Simulator. Can be used alone or in conjunction with an acoustic IR
  • Modulation > Poly Detune (Mono), Line 6 Original
  • Delay > Poly Sustain (Mono), Line 6 Original
    1. Assign Poly Sustain to a stomp footswitch. By default, Poly Sustain appears bypassed.
    2. First play the note or chord you wish to sustain, and then press the footswitch (on) to sustain it indefinitely. Keep playing while the note or chord loops. TIP: Some players may find it easier to change the footswitch mode to Momentary; that way, the note or chord sustains only while you hold the switch on, much like the sustain pedal on a piano.
    3. Press the switch again (off) and the sustained note or chord fades out.
    • Interval—Sets the pitch of the sustained note or chord. TIP: This parameter is especially cool for creating massive drones to play over
    • Attack—Sets the speed at which the sustained note or chord fades in
    • Decay—Sets the speed at which the sustained note or chord fades out after bypassing the effect
    • Mod Freq—Sets the speed of the built in modulation
    • Mod Depth—Sets the depth of the built in modulation
    • FX Level—Sets the level of the sustained signal
    • RandDpth—Higher values increase the randomization of the section of audio being sustained, resulting in a more natural, but less predictable drone
    • RandSpeed—Controls how fast the randomization wanders. Setting both RndDpth and RndSpd to high values will result in a glitch fest (not that there's anything wrong with that)
    • Level—Controls the overall output level of the block
  • Delay > Glitch Delay (Mono, Stereo), Line 6 Original performance delay that lets you freely manipulate the repeats' behavior in real time
    • Time—Sets the delay time; press the knob to toggle between ms/sec and note values
    • Delay Div—Divides the delay time into smaller increments
    • Mix—Controls the wet/dry mix of the delay. When set to 0%, no delay is heard; when set to 100%, no dry signal is heard
    • Feedback—Controls the overall number of repeats heard for the entire sequence
    • SliceFdbk—Controls the number of repeats heard for individual slices. At higher values, you could call this "Super Chaotic Feedback"
    • Shuffle—Determines the likelihood of repeats shuffling/reordering
    • Octaves—Determines the likelihood of repeats playing back an octave higher or lower
    • Reverse—Determines the likelihood of repeats playing backwards
    • Seq Drift—Determines the likelihood of the entire sequence changing every time it loops around. When set to 0%, the same sequence loops forever. TIP: Assign this parameter to a footswitch set to toggle between a higher number and 0%. If you hear a random sequence you want to maintain, press the switch to set Seq Drift to 0%, and it'll repeat that way indefinitely
    • Smoothing—Higher values apply smoothing between slices and can give a synth-pad type quality, lower values maintain transients. Or set it just high enough to avoid pops and clicks
    • Trails—When on, delay repeats continue to ring out after the block is bypassed
  • Pitch/Synth > Poly Pitch (Mono), Line 6 Original
    • NOTE: Polyphonic pitch engines are designed for shifting complex chords with minimal artifacts, at the expense of latency (and our algorithms have lower latency than leading standalone poly pitch pedals). If you're looking to pitch individual notes (such as in a solo), monophonic pitchshifting is often preferred. See the Tracking parameter below for more information
    • IMPORTANT! 3.0's new poly models are extremely DSP-intensive. Some effects can eat up roughly a quarter of all available DSP on a Helix Floor, Rack, or LT or half (!!!) of all available DSP on HX Stomp or HX Effects. You also can't run more than one on the same path/DSP. Don't say we didn't warn you...
    • Interval—Sets the pitch of the effect in semitones
    • Cents—Sets the pitch of the effect in cents
    • ShiftTime—Determines how long it takes for the signal to ramp up or down to the set pitch when the block is enabled. Press the knob to toggle between ms/Sec and note/beat values. TIP: Want to hit the switch and have Poly Pitch dive bomb and land on the selected interval exactly one bar later? Press the knob to select note values and set ShiftTime to "1/1"
    • ShiftCurve—Determines the trajectory curve of the pitch shift over time. StartSlow values are concave (slower changes to start, speeding up toward the end); StartFast values are convex (the opposite). The default is "Linear"
    • ReturnTime—Determines how long it takes for the signal to return to normal pitch when the block is bypassed. Press the knob to toggle between ms/Sec and note/beat values
    • ReturnCurv—Determines the trajectory curve when returning to the original pitch. StartSlow values are concave (slower changes to start, speeding up toward the end); StartFast values are convex (the opposite)
    • Tracking—Determines how the poly pitch engine behaves. "X Fast" results in lower latency, ideal for faster lead lines. "X Stable" (the default) results in fewer artifacts when pitch shifting complex, sustained chords. "Fast" and "Stable" are somewhere in between. TIP: If you find yourself changing playing styles—say from fast lead lines to clean, open chords—you can assign this parameter to a footswitch (or snapshots) to optimize the balance between transparency and low latency
    • Auto EQ—Determines how much compensation EQ is applied to the shifted signal. If the effected signal sounds too harsh when pitched up (or dull when pitched down), adjust this setting to taste. When set to 0.0, no compensation is applied
    • Mix—Controls the wet/dry mix of the pitchshift
    • Level—Controls the overall output level of the block
  • Pitch/Synth > Poly Wham (Mono), Line 6 Original. Works equally well on guitar and bass, although you might want to tweak the Auto EQ parameter for your particular instrument. See Poly Pitch notes above for additional information
  • Pitch/Synth > Poly Capo (Mono), Line 6 Original. Simpler version of Poly Pitch when you just want to change keys. Works equally well on guitar and bass, although you might want to tweak the Auto EQ parameter for your particular instrument. See Poly Pitch notes above for additional information
  • Pitch/Synth > 12 String (Mono), Line 6 Original 12-string guitar emulation
  • Volume/Pan > Stereo Imager (Stereo), Line 6 Original
  • Looper > Shuffling Looper (Mono, Stereo), Line 6 Original. Part looper, part sampler, part inspiration generator, part performance instrument, the Shuffling Looper intelligently chops up your playing and gives you realtime control over reordering, octave shifting, reversing, and repeating. It's all immense fun (even on vocals, drums, and percussion), but you'll want to familiarize yourself with its controls. IMPORTANT: The Shuffling Looper does not currently respond to Command Center > HX Commands or per-function MIDI commands
  1. Add Looper > Shuffling Looper to a preset and assign it to a footswitch.
  2. Turn Knob 1 (Slices) to set the number of slices your loop will be chopped into. 8 slices is the default.
  3. Press the switch to begin recording. The LED lights red, indicating the loop is recording.
  4. At the end of your loop, press the switch. The LED lights green and the sliced loop sequence immediately plays.
  5. During playback, adjust the following knobs (or assign them to controllers, like expression pedals or snapshots):
    • Slices—Changes the number of slices your loop will be chopped into
    • SeqLength—Determines the number of slices in the sequence. This can be changed even after recording a loop
    • Shuffle—Determines the likelihood of slices shuffling/reordering. At 0%, the slices never shuffle; at 100%, they're constantly reshuffling
    • Octave—Determines the likelihood of slices playing back an octave higher or lower
    • Reverse—Determines the likelihood of slices playing backwards
    • Repeat—Determines the likelihood of slices repeating
    • Smoothing—Higher values apply smoothing between slices and can give a synth-pad type quality, lower values maintain transients. Or set it just high enough to avoid pops and clicks
    • Seq Drift—Determines the likelihood of the entire slice sequence changing every time it loops around. When set to 0.0, the same sequence repeats forever; when set to 10.0, the sequence changes completely every time it loops TIP: Assign this parameter to a footswitch set to toggle between a higher number and 0%. If you hear a random sequence you want to maintain, press the switch to set Seq Drift to 0%, and it'll repeat that way indefinitely
    • Playback—Sets the looper's playback level
    • Low Cut—Applies a low cut (or high pass) filter to the loop, letting you remove looper signal below a certain frequency
    • High Cut—Applies a high cut (or low pass) filter to the loop, letting you remove looper signal above a certain frequency
  6. Want to change it up? While the loop is playing, press the switch to randomize its slice sequence.
  7. Quickly double-press the switch. Playback/recording stops and the LED lights white, indicating a loop is in memory. Press again to restart.
  8. While the loop is playing or stopped, press and hold the switch. The recording is deleted and the LED lights dim white.

*NOTE: All product names used in this document are trademarks of their respective owners and neither Yamaha Guitar Group nor Line 6 are associated or affiliated with them. These trademarks appear solely to identify products whose tones and sounds were studied by Line 6 during sound model development.

New Features

True Preset Spillover

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT

Despite what some might have you believe, the only digital multieffects units with true preset spillover were the DigiTech GSP1101, 2112, and 2120, and they accomplished this by dedicating one of their two DSPs to spillover and only spillover. (Basically, to hear two dynamically allocated presets with absolutely zero gap—not a global reverb smeared to cover the gap—you need enough DSP to run both of them simultaneously.) So... if you're willing to sacrifice half your DSP—that is, COMPLETELY DISABLE PATH 2—you too can have true preset spillover. IMPORTANT! Unfortunately, Looper recording or playback will not currently spill over from one preset to another. Also, note that there may be a slight hiccup when switching between two presets with different impedance values for the Guitar Input.

  1. In the Global Settings > Preferences menu, set Preset Spillover to "On." (SHORTCUT: Hold ACTION and press HOME.) A dialog appears, reading "Remove Path 2 to enable preset spillover?"
  2. Press Knob 6 (OK).
  3. Press HOME. Path 2 has disappeared! You may now switch presets to your heart's delight with true spillover but note that if Preset A is still spilling over into Preset B (say one of its delay blocks' feedback is making it self-oscillate), switching to Preset C will abruptly cut off Preset A.
  4. To return to normal operation with two paths, turn Preset Spillover back to "Off". (SHORTCUT: Hold ACTION and press HOME again.) A dialog appears, reading "The preset must be reloaded. All unsaved changes will be lost!" So if you've made changes to the preset, be sure to save it before turning Spillover off.
  5. Press Knob 6 (OK).

But but but... I don't wanna lose Path 2 just for spillover!

Then keep using snapshots.

Favorites

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp

If you've dialed in an amp or effects block exactly the way you like it, you can now save its settings as a favorite so it can be added very quickly, complete with bypass state and footswitch assignment. Favorites appear in a new "Favorites" category and can be renamed, reordered, and cleared. TIP: If you don't want a favorite to be recalled with its footswitch assignment, add the block before you assign a switch.

  1. Choose one of your favorite amps or effects and tweak it exactly how you like it, with or without footswitch assignment.
  2. Press ACTION and then press Add to Favorites. The Favorites list appears.
  3. If you wish to replace an existing favorite (you get 128 total), select it and press Replace Favorite. If you wish to add a new favorite, select the location where you want to place it and press Add New Favorite.
  4. OPTIONAL: While the Favorites list is open, press ACTION.
    • To reorder the selected favorite up or down the list, turn Reorder Favorite (on HX Effects, press Reorder Up or Reorder Down)
    • To rename the selected favorite, press Rename Favorite
    • To clear the selected favorite, press Clear Favorite
    • To clear all favorites, press Clear All Favorites. A dialog appears. Press OK to confirm.

All right, so what?

Here's what:

  1. At any time, select an empty block and turn the joystick (Big Knob on HX Effects or Lower Knob on HX Stomp). All your perfectly-tweaked favorite amps and effects instantly appear, without having to open the model list at all. If you typically keep model categories on the same stomp footswitches, you could conceivably create a brand new preset with all of your favorite stuff—including all footswitch assignments—in less than 10 seconds. Creating tones has never been faster or easier. TIP: If you keep one or more external pedals connected to Helix's FX Loops, add the FX Loop blocks as favorites and then rename them after the real thing.

User Model Defaults

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp

3.0 lets you save any amp, cab, or effect block's settings as default so every time you call that model up, it sounds exactly the way you want it. Or, if you want to revert it to factory default, you can do that too. NOTE: Unlike Favorites, user model defaults do not store any footswitch assignments.

  1. Choose any model and tweak it exactly how you like it.
  2. Press ACTION and then User Default. From Helix Native or HX Edit, right-click (Mac: control-click) the block icon and select "User Default"

Global Settings > Preferences > Auto Impedance

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, HX Stomp

A new Global Settings > Preference parameter determines how the Guitar In's impedance circuit behaves when Input > In-Z is set to "Auto." When set to "First Block" (the default), the impedance circuit reflects the impedance of the first block on Path 1A, regardless of whether it's enabled or bypassed. When set to "First Enabled", the impedance circuit reflects the impedance of the first enabled block on Path 1A. Called "Auto Impedance" because "Sorry-this-took-so-long-we-love-you-Tito83" wouldn't fit.

Min/Max Value Indicators

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, HX Stomp [Feature already in HX Effects]

Parameters assigned to controllers or snapshots now display small Min Value (below) and Max Value (above) indicators. You can now see the range of continuous controllers from the Home screen.

8 Blocks in HX Stomp

HX Stomp

HX Stomp's simultaneous block count has been increased from six to eight.

IMPORTANT! Although HX Stomp now has two additional block locations, this doesn't mean it magically has more DSP horsepower to accommodate those blocks. Don't be surprised if you're not able to fill all eight blocks with exactly what you want, especially considering the new polyphonic pitch models take up a lot more DSP. We've taken note of those who've bemoaned HX Stomp's 6 block limit, and if the same person now complains about running out of DSP with 8 blocks, we're sending hooligans to their home to administer an atomic wedgie.

NOTE: It shouldn't come as any surprise, but any presets you make in 3.0 will not be compatible with 2.92 or earlier firmware.

Command Center in HX Stomp

HX Stomp [Feature already in Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, and HX Effects]

Why would people expect a stompbox with only three footswitches to also act as a master MIDI controller? Yeah, we don't know either, but enough of you asked for it and it wasn't exceedingly difficult to add.

  1. Press together to open the Menu and then press Knob 3 (Command Center).
  2. Turn the Upper Knob to select the command source (Instant 1-6, Footswitch 1-5, or EXP 1-2).
  3. Turn Knob 1 (Command) to select the type of command you wish to transmit. For information on the types of commands HX Stomp transmits, see the HX Stomp 3.0 Owner's Manual.

Wait, does this mean I can use HX Stomp as both an audio interface AND a remote control for YouTube lesson videos by sending QWERTY hotkeys?

Yes.

Tuner in Helix Native

Helix Native [Feature already in Helix and HX hardware]

Helix Native now has the same needle and strobe tuner from Helix.

  1. Click the tuner icon.
  2. Choose the tuner type by selecting Coarse, Fine, or Strobe.

Gain Reduction Meters in Helix Native

Helix Native [Feature already in Helix hardware]

The following block types display a gain reduction meter in the inspector when selected:

  • Dynamics > Compressor
  • Dynamics > Gate

Artist Presets

IMPORTANT! Because we never want to overwrite your own presets, upgrading to 3.0 does NOT automatically make these presets visible; you will need to manually restore them. Restoring factory setlists and presets will completely overwrite your own, so make sure they're backed up first!

TIP: With Helix Floor/Rack/LT/Native, if you want to keep both your presets and the latest factory presets, back up your custom presets as setlists and after the procedure below, drag your setlists onto unused setlist locations.

  1. Make sure you've backed up your presets and turn off Helix/HX.
  2. Perform the following procedure:
    • Helix Floor/LT: While holding footswitches 7 and 8 (two leftmost switches on the bottom row), turn on Helix Floor/LT. Wait for "Will restore..." to appear and let go
    • Helix Rack/Control: While holding knobs 3 and 4 (two middle knobs below the screen), turn on Helix Rack. Wait for "Will restore..." to appear and let go
    • Helix Native: Click the gear icon in the lower left corner, click the Presets/IRs tab, and click "Restore Factory Setlists"

Helix 3.0 includes factory presets created by the following artists:

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, Helix Native [FACTORY 1 setlist]

  • 13B-14C—Fish (Christina Aguilera)
  • 14D—Jeff Waters (Annihilator)
  • 15A, 15B—Richie Castellano (Blue Öyster Cult)
  • 15C—Robbie Calvo
  • 15D—Ryan "Fluff" Bruce (Dragged Under)
  • 16A-16D—Felix Martin
  • 17A—Mario Quintaro (Spotlights)
  • 17B, 17C—Bumblefoot (Sons of Apollo)
  • 17D, 18A—Billy Sheehan (Sons of Apollo, Winery Dogs)
  • 18B—Andy Abad (Jennifer Lopez)
  • 18C-19B—Misha Mansoor (Periphery)
  • 19C—Duke Erikson (Garbage)
  • 19D—Steve Marker (Garbage)
  • 20A—Eric Avery (Garbage)
  • 20B—Bill Kelliher (Mastodon)
  • 20C—John Browne (Monuments)
  • 20D—Olly Steele (Monuments)
  • 21A—Jon Button (The Who)
  • 21B—Trev Lukather (Levara)
  • 21C—Steve Howe (Yes)
  • 21D—Dustin Kensrue (Thrice)
  • 22A—Pete Thorn
  • 22B—Rhett Shull
  • 22C—Jade Puget (A.F.I.)
  • 22D, 23A—Jeff Schroeder (The Smashing Pumpkins)
  • 23B—Graham Coxon (Blur)
  • 23C, 23D—Chris Buck
  • 24A—Lewis Allen (Sam Smith)
  • 24B-25A—Rabea Massaad
  • 25B—Soren Andersen
  • 25C—Devin Townsend
  • 25D—Nathan Navarro
  • Vernon Reid
  • 27B—Philip Bynoe
  • 27C, 27D—Markus Reuter

HX Effects

  • 12A-12D—Julien Baker
  • 13A—Sarah "Noveller" Lipstate
  • 13B, 13C—Steve Stevens

3.0 Owner's Manuals

Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp, HX Edit

As it's immensely expensive and complicated to translate Owner's Manuals into the many languages we're required by law to provide, Helix and HX Owner's Manuals have not been updated since 2.X. They've now been updated for 3.0:

  • Helix Floor: Link available soon—watch this space
  • Helix Rack/Control: Link available soon—watch this space
  • Helix LT: Link available soon—watch this space
  • Helix Native: Link available soon—watch this space
  • HX Effects: Link available soon—watch this space
  • HX Stomp: Link available soon—watch this space
  • HX Edit: Link available soon—watch this space

Other Changes and Improvements

  • On HX Stomp, Global Settings > Footswitches > Stomp Select now has an "Off" value. When set this way, neither touching nor pressing will change which block is in focus [value is already in Helix Floor, Rack, and LT]
  • Favorites can now be restored from a backup, independently of setlists, presets, IRs, and Global Settings
  • User Model Defaults can now be restored from a backup, independently of setlists, presets, IRs, and Global Settings
  • Gain reduction meters now also appear for the Input block's noise gate
  • Gain reduction meters and signal present indicators are now more responsive
  • Parameter knob ballistics have been improved
  • New splash screens for Helix Floor/Rack/LT and HX Stomp
  • Parameter slider handles are thinner to accommodate new min/max value indicators
  • Press-turning a knob to assign Snapshot control now requires a bit more turning to minimize accidental assignments
  • Pitch/Synth > 4 OSC Generator OscFreq parameters now display single Hz resolution between 100 and 1000 Hz

Bug Fixes

  • When synced to external MIDI clock or retriggering via TAP, certain models with tremolo circuits' LFO set to square wave would invert the waveform–FIXED
  • If Helix had been left powered on for 24 hours with the same preset active (What? Why?), its reverb blocks could become disabled until selecting another preset—FIXED
  • Many other minor fixes and improvements

Known Issues

  • Distortion > Vermin Dist's resonant filter was mapped incorrectly, and is especially apparent at higher gain settings. This will be fixed in 3.10
  • In the Poly Pitch models, very fast playing may exhibit some minor onset smearing. Additional improvements to the poly pitch engine are forthcoming
  • The Shuffling Looper does not currently respond to Command Center > HX Commands or per-function MIDI commands
  • Variax Model min and max sliders do not automatically update when a Variax is connected
  • When Tuner View is active while Spillover is engaged, changing presets can sometimes cause audio output to stop
  • After importing a .WAV file into the current 'Empty' slot of an Impulse Response block, all audio output can stop
  • After exiting a menu, HX Stomp’s TAP LED can occasionally appear to blink erratically
  • Clearing a Split block on Path 2 does not automatically remove its bypass assignment

Compatible OS: Mac OS X, macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave, macOS Catalina
( 26 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

Helix/HX ファームウェア 2.92

Helix/HX 2.92 および Helix Native 1.92 は重要なバグ修正を含んでおり、すべてのHelix/HX製品オーナーに適用が強く推奨されます。現在お使いのバージョンに関わらず、直接2.92へのアップデートが可能です。

重要! 以下のアップデート手順をよく読んで実行してください。

Helix/HX ファームウェアを 2.92にアップデートする

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, HX Effects, HX Stomp

STEP 1—HX Edit を2.92にアップデートする (もしまだしていない場合)

  1. line6.jpから Line 6アカウントにログインし、ダウンロードメニューからHX Edit 2.92をダウンロードしてインストールします:

STEP 2—Helix/HXファームウェアを2.92にアップデートする

  1. Helix Rack/Controlを一緒にお使いの場合は、Helix Controlの電源をオフにします。また、全てのLine 6ソフトウェアおよびDAW、iTunes、Spotify、ビデオ・ゲームなど、オーディオを使用する全てのソフトウェアやプログラムを閉じます。
  2. Helix/HX製品をMac またはWindows PC にUSB経由で接続し (USBハブやタワーPCの前面のUSBポートは使用しないでください) 電源を入れます。
  3. 上記STEP 1でインストールした新しいバージョンのHX Edit 2.92を起動します。まだサインインしていない場合は、右下の"Check for Updates"をクリックしてサインインします。サインインが完了していれば、有効なアップデートがある旨が表示されます。
  4. ”Update Now”を選択します。最初にバックアップをするかどうかを尋ねるウィンドウが開くので、当然のごとく"OK"をクリックします。必要に応じてバックアップのファイル名や保存先を変更したら、"Create Backup"を選択します。重要! バックアップを保存した場所を忘れないようにしましょう。
  5. 指示に従ってアップデートを続けます。HX Editは、バックアップ、デバイスのアップデート、再起動までを一気に行います。アップデートが終了すると"Update Complete"と表示され、Helix/HXデバイスはプリセットの再構築を始めるので、終了するのを待ち、それから"Back to HX Edit"をクリックします。
  6. Fileプルダウン・メニューから "Restore from backup..."を選択します。ダイアログが表示されるので、"Restore Backup" それから "Yes."をクリックします。
  7. リストアが終了したら、Helix/HX本体の電源をオフにして、再起動します。
  8. Helix ControlをHelix Rackに接続している場合は、Helix Controlの電源をオンにします。Helix Rackに、"Helix Control must be updated to work properly"と表示されるので、Helix Controlを正しく動作させるためにノブ6 (OK)を押します。

バグ修正 in 2.92

以下の問題を修正しました。

  • Global Settings > Footswitches > Stomp Select が "Off" または "Press," に設定されている場合でも、スイッチにしばらくタッチしているとswapのダイアログが表示される場合がある
  • Helix Floor、Rack/ControlおよびLTで、 TAP LEDが実際のテンポよりも僅かに遅く点滅する場合がある
  • HX EffectsのCommand Centerにおいて、HotkeyコマンドがHX Preset の値を表示する場合がある
  • HX Effectsの Command Centerにおいて、ホールド・タイプのHXコマンドをアサインしても適切に反映されない場合がある
  • Global Settingsが見えている状態でMODEスイッチを操作すると予期しない挙動になる場合がある
  • バンクキューで別のモデルを選択した後にMODEスイッチを操作すると予期しない挙動になる場合がある
  • ごくまれに、Helix Floor、RackおよびLTから行ったバイパスやパラメーターの変更が反映されない場合がある
  • Helix Floor およびHelix Controlの 1 Switch Looperのスクリブルストリップ上に Undo または Redoの文字が表示される場合がある
  • HX EffectsのCommand Centerにおいて、ホールド・タイプのHXコマンドを追加すると、スイッチの状態が反転する場合がある
  • HX EffectsのCommand Centerにおいて、HX Snapshotコマンドが異なるLED色を表示する場合がある
  • HX EffectsのCommand Centerにおいて、HX Looper > 1/2 Speed または Fullコマンドを実行するとロックアップを引き起こす場合がある
  • ごくまれに、Helix Floor、Rack,およびLTにおいて、スナップショットの名前を変更するとプリセットが変更される場合がある
  • 2.91で一部のアンプモデルの極性が逆になっていた
  • Dynamics > Rochester CompでMixパラメーターが100%に設定されていると、可聴フェイズ・キャンセレーションが発生する場合がある
  • Dynamics > Rochester Comp は、Ratio が3:1より低く設定されていると正しく動作しない場合がある
  • ごくまれに、HX Editでモデルリストを素早くスクロールすると、ハードウェア側が反応しなくなる場合がある
  • Looper > 1 Switch Looper LED は、外部からのMIDI CCでコントロールされている場合、正しく機能しない場合がある

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 97 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

Helix/HX ファームウェア 2.92

Helix/HX 2.92 および Helix Native 1.92 は重要なバグ修正を含んでおり、すべてのHelix/HX製品オーナーに適用が強く推奨されます。現在お使いのバージョンに関わらず、直接2.92へのアップデートが可能です。

重要! 以下のアップデート手順をよく読んで実行してください。

Helix/HX ファームウェアを 2.92にアップデートする

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, HX Effects, HX Stomp

STEP 1—HX Edit を2.92にアップデートする (もしまだしていない場合)

  1. line6.jpから Line 6アカウントにログインし、ダウンロードメニューからHX Edit 2.92をダウンロードしてインストールします:

STEP 2—Helix/HXファームウェアを2.92にアップデートする

  1. Helix Rack/Controlを一緒にお使いの場合は、Helix Controlの電源をオフにします。また、全てのLine 6ソフトウェアおよびDAW、iTunes、Spotify、ビデオ・ゲームなど、オーディオを使用する全てのソフトウェアやプログラムを閉じます。
  2. Helix/HX製品をMac またはWindows PC にUSB経由で接続し (USBハブやタワーPCの前面のUSBポートは使用しないでください) 電源を入れます。
  3. 上記STEP 1でインストールした新しいバージョンのHX Edit 2.92を起動します。まだサインインしていない場合は、右下の"Check for Updates"をクリックしてサインインします。サインインが完了していれば、有効なアップデートがある旨が表示されます。
  4. ”Update Now”を選択します。最初にバックアップをするかどうかを尋ねるウィンドウが開くので、当然のごとく"OK"をクリックします。必要に応じてバックアップのファイル名や保存先を変更したら、"Create Backup"を選択します。重要! バックアップを保存した場所を忘れないようにしましょう。
  5. 指示に従ってアップデートを続けます。HX Editは、バックアップ、デバイスのアップデート、再起動までを一気に行います。アップデートが終了すると"Update Complete"と表示され、Helix/HXデバイスはプリセットの再構築を始めるので、終了するのを待ち、それから"Back to HX Edit"をクリックします。
  6. Fileプルダウン・メニューから "Restore from backup..."を選択します。ダイアログが表示されるので、"Restore Backup" それから "Yes."をクリックします。
  7. リストアが終了したら、Helix/HX本体の電源をオフにして、再起動します。
  8. Helix ControlをHelix Rackに接続している場合は、Helix Controlの電源をオンにします。Helix Rackに、"Helix Control must be updated to work properly"と表示されるので、Helix Controlを正しく動作させるためにノブ6 (OK)を押します。

バグ修正 in 2.92

以下の問題を修正しました。

  • Global Settings > Footswitches > Stomp Select が "Off" または "Press," に設定されている場合でも、スイッチにしばらくタッチしているとswapのダイアログが表示される場合がある
  • Helix Floor、Rack/ControlおよびLTで、 TAP LEDが実際のテンポよりも僅かに遅く点滅する場合がある
  • HX EffectsのCommand Centerにおいて、HotkeyコマンドがHX Preset の値を表示する場合がある
  • HX Effectsの Command Centerにおいて、ホールド・タイプのHXコマンドをアサインしても適切に反映されない場合がある
  • Global Settingsが見えている状態でMODEスイッチを操作すると予期しない挙動になる場合がある
  • バンクキューで別のモデルを選択した後にMODEスイッチを操作すると予期しない挙動になる場合がある
  • ごくまれに、Helix Floor、RackおよびLTから行ったバイパスやパラメーターの変更が反映されない場合がある
  • Helix Floor およびHelix Controlの 1 Switch Looperのスクリブルストリップ上に Undo または Redoの文字が表示される場合がある
  • HX EffectsのCommand Centerにおいて、ホールド・タイプのHXコマンドを追加すると、スイッチの状態が反転する場合がある
  • HX EffectsのCommand Centerにおいて、HX Snapshotコマンドが異なるLED色を表示する場合がある
  • HX EffectsのCommand Centerにおいて、HX Looper > 1/2 Speed または Fullコマンドを実行するとロックアップを引き起こす場合がある
  • ごくまれに、Helix Floor、Rack,およびLTにおいて、スナップショットの名前を変更するとプリセットが変更される場合がある
  • 2.91で一部のアンプモデルの極性が逆になっていた
  • Dynamics > Rochester CompでMixパラメーターが100%に設定されていると、可聴フェイズ・キャンセレーションが発生する場合がある
  • Dynamics > Rochester Comp は、Ratio が3:1より低く設定されていると正しく動作しない場合がある
  • ごくまれに、HX Editでモデルリストを素早くスクロールすると、ハードウェア側が反応しなくなる場合がある
  • Looper > 1 Switch Looper LED は、外部からのMIDI CCでコントロールされている場合、正しく機能しない場合がある

Compatible OS: Mac OS X, macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave, macOS Catalina
( 34 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

Helix / HX 2.90 アップデート・リリースノート

Helix/HX 2.90は、新しいアンプ/キャビネット/エフェクト・モデル、追加機能、バグ修正を含んでおり、すべてのHelix/HX製品オーナーに強く推奨されます。
*これまでのバージョンとはアップデートの方法が異なりますので、以下のインストラクションをよく読んでから実行してください。

2.90にアップデートする

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, HX Effects, HX Stomp

STEP 1 — HX Editを2.90にアップデートする(HELIX/HX ファームウェアをアップデートする前に必ず実行する必要があります!)

  1. line6.jpからLine 6アカウントにログインし、「ダウンロード」メニューからHX Edit 2.90をダウンロードしてインストールします。

STEP 2 — Helix/HXファームウェアを2.90にアップデートする

  1. 1. Helix Rack/Controlを一緒にお使いの場合は、Helix Controlの電源をオフにします。また、全てのLine 6ソフトウェアおよびDAW、iTunes、Spotify、ビデオ・ゲームなど、オーディオを使用する全てのソフトウェアやプログラムを閉じます。
  2. Helix/HX製品をMac またはWindows PC にUSB経由で接続し (USBハブやタワーPCの前面のUSBポートは使用しないでください) 電源を入れます。
  3. 上記STEP 1でインストールした新しいバージョンのHX Edit 2.90を起動します。まだサインインしていない場合は、右下の"Check for Updates"をクリックしてサインインします。サインインが完了していれば、有効なアップデートがある旨が表示されます。
  4. ”Update Now”を選択します。最初にバックアップをするかどうかを尋ねるウィンドウが開くので、当然のごとく"OK"をクリックします。必要に応じてバックアップのファイル名や保存先を変更したら、"Create Backup"を選択します。
  5. 指示に従ってアップデートを続けます。HX Editは、バックアップ、デバイスのアップデート、再起動までを一気に行います。アップデートが終了すると"Update Complete"と表示され、Helix/HXデバイスはプリセットの再構築を始めるので、終了するのを待ち、それから"Back to HX Edit"をクリックします。
  6. Helix ControlをHelix Rackに接続している場合は、Helix Controlの電源をオンにします。Helix Rackに、"Helix Control must be updated to work properly"と表示されるので、Helix Controlを正しく動作させるためにノブ6 (OK)を押します。

新しいアンプ・モデル in 2.90

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Stomp

  • Revv Gen Purple, Revv® Generator 120のパープル(ゲイン1)チャンネルがベース

新しいキャビネット・モデル in 2.90

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Stomp

  • 1x12 Fullerton, 1958 Fender® 5C3 Tweed Deluxeがベース
  • 1x12 Grammatico, 2016 Grammatico LaGrangeがベース

新しいエフェクト・モデル in 2.90

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp

  • Distortion > Alpaca Rouge (Mono, Stereo), Way Huge Red Llama (モディファイ)からインスパイア
  • Distortion > Legendary Drive (Mono, Stereo), Carvin VLD1 Legacy Drive (ハイゲイン・チャンネル)がベース
  • Distortion > Xenomorph Fuzz (Mono, Stereo), Subdecay Harmonic Antagonizerからインスパイア
  • Dynamics > Rochester Comp (Mono, Stereo), Billy Sheehanとの共同製作によるLine 6オリジナル
  • Modulation > Pebble Phaser (Mono, Stereo), Electro-Harmonix Small Stone phaserがベース
  • Split > Dynamics, Line 6 オリジナル この新しいSplitブロックにより、プレイした強さに応じてシグナルをパスBにダイナミックにルーティングすることが可能です。例えば、ボリュームを抑えたクリーン・コードはパスAのGrammaticoから、そしてボリュームを上げて力強く弾くエネルギッシュなリードはパスBにあるRevv Gen Purpleから鳴らす、といったことができます。
    • ノブ1 (Threshold) — 設定したスレッショルドより低いシグナルはパスAに、高いシグナルはパスBにルーティングされます。
    • ノブ2 (Attack) — スレッショルドに達した際にシグナルがパスBにルーティングされる速さを決定します。
    • ノブ3 (Decay) — スレッショルドを下回った際にシグナルがパスAに戻る速さを決定します。
    • ノブ4 (Reverse) — ダイナミック・パス・ルーティングを入れ替えます。"On"に設定すると、スレッショルドより低いシグナルはパスBに、高いシグナルはパスAにルーティングされます。

ご注意: ここで使用されている全ての製品名は各所有者の商標であり、Yamaha Guitar GroupおよびLine 6との関連や協力関係はありません。他社の商標は、Line 6がサウンド・モデルの開発において研究したトーンとサウンドを識別する目的でのみ使用されています。

新しい機能 in 2.90

■アウトプット・メーター

Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT

以下の各ブロックは、選択した際、インスペクター内にアウトプット・メーターを表示します:

  • Output
  • Send/Return > Send
  • Send/Return > FX Loop

重要!: メーターは (Helixに限らず、どんな製品においてもですが) 、各プリセット間で統一されたレベルを確保する目的には適しているとは言えません。使用しているモデル、プリセットの周波数帯域やダイナミック・レスポンス、ギターやベース、ピックアップ、再生システム、使用環境、再生システムとの位置関係、そしてさらには他のバンドメンバーの音もプリセットの聴感上のラウドネスに根本的な影響を及ぼします。メーターが、あるプリセットが別のプリセットより音が大きいことを示しているにも関わらず、実際には逆に聴こえるのはよくあることです。プリセットのレベル調整をするときは、常に自分の耳を信じて、可能であれば、ステージで使用するボリュームで、他のバンドメンバーがプレイしている間に行うようにしましょう。

■ゲイン・リダクション・メーター

Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT

以下の各ブロックは、選択した際、インスペクター内にゲイン・リダクション・メーターを表示します:

  • Dynamics > Compressor (3-Band Compは3つのメーターを表示します)
  • Dynamics > Gate

■シグナル・プリセット・インジケーター

Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, HX Stomp

以下の各ブロックは、シグナルが存在する場合には薄い緑色、ブロックがクリップしている場合には赤色の表示をバックグラウンドに表示します:

  • Input
  • Output
  • Send/Return > Send (クリップ表示のみ)
  • Send/Return > Return(クリップ表示のみ)
  • Send/Return > FX Loop(クリップ表示のみ)

■IR参照機能の強化

Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp

インパルス・レスポンス・ブロックは、各IRファイルをインデックス・ナンバーではなく、波形で参照するようになりました。これにより、プリセットを共有する相手が同じIRファイルを持っている場合、IRを一致させるためにマニュアルで順番を入れ替えたりすることなく、正しい場所に表示されます。

重要!: この新しいIR参照機能を機能させるには、すべてのプリセットを再構築する必要があります。2.90にアップデートすると、通常プリセットは自動的に再構築されますが、もしされない場合は、以下の方法でマニュアルで再構築することができます。

  • Helix Floor、Helix LT: FS10とFS11(下段)を押しながら電源を入れます。"Will rebuild all Presets..." が表示されて終了するのを待ちます。
  • Helix Rack: スクリーンの下のノブ1とノブ3を押しながら電源を入れます。"Will rebuild all Presets..." が表示されて終了するのを待ちます。
  • HX Stomp: アッパーノブとロワーノブを押しながら電源を入れます。"Will rebuild all Presets..." が表示されて終了するのを待ちます。
  • Helix Native: 最初にプラグインを開くと"Your presets are being parsed to associate IR blocks intelligently with the IRs they reference"をいうダイアログが表示されるので、”OK”をクリックします。

■コマンド・センター > HX Preset

Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, HX Effects

新しいCommand Center のコマンド・タイプでは、あらゆるプリセット(またはプリセットのアップ/ダウン)をどのストンプ・モード・スイッチにもアサインできるようになりました。HX SnapshotやHX Looperとともに、ストンプ・フットスイッチ・モードをお好きなようにカスタマイズすることができます。

  1. Command Centerから任意のストンプ・スイッチを選択し、ノブ1(Command)を回して"HX Preset"を選択します。
  2. ノブ2(Preset)を回して、“Next”(次のプリセット)か”Prev”(前のプリセット)、もしくは現在のセットリスト内の任意のプリセットを選択します。

重要!: ストンプ・モードではフットスイッチに複数の機能をアサインできますが、予期せぬ挙動を避けるため、HX Presetコマンドは何もアサインされていないフットスイッチにアサインすることを強く推奨します。

■コマンド・センター > HX Snapshot

Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, HX Effects

新しいCommand Center のコマンド・タイプでは、あらゆるスナップショット(またはスナップショットのアップ/ダウン)をどのストンプ・モード・スイッチにもアサインできるようになりました。HX SnapshotやHX Looperとともに、ストンプ・フットスイッチ・モードをお好きなようにカスタマイズすることができます。

  1. Command Centerから任意のストンプ・スイッチを選択し、ノブ1(Command)を回して"HX Snapshot."を選択します。
  2. ノブ2を回してストンプ・スイッチの挙動を設定します。
    • Press/Release -スイッチを押した場合はノブ3(Press)で設定した機能、離した場合はノブ4(Release)で設定した機能となります。
    • Press/Hold -スイッチを短く押した場合はノブ3(Press)で設定した機能、長押しした場合はノブ4(Hold)で設定した機能となります。
  3. 重要!: ストンプ・モードではフットスイッチに複数の機能をアサインできますが、予期せぬ挙動を避けるため、HX Snapshotコマンドは何もアサインされていないフットスイッチにアサインすることを強く推奨します。

    ■コマンド・センター > HX Looper

    Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, HX Effects

    新しいCommand Center のコマンド・タイプでは、あらゆるルーパー機能をどのストンプ・モード・スイッチまたはインスタント・コマンドにもアサインできるようになりました。HX PresetやHX Snapshotとともに、ストンプ・フットスイッチ・モードをお好きなようにカスタマイズすることができます。HX Looperコマンドが正しく機能するには、6 Switch Looperまたは1 Switch Looperブロックがプリセット内に存在している必要があります。

    1. Command Centerから任意のストンプ・スイッチを選択し、ノブ1(Command)を回して"HX Looper."を選択します
    2. ノブ2を回してストンプ・スイッチの挙動を設定します。
      • Press/Release -スイッチを押した場合はノブ3(Press)で設定した機能、離した場合はノブ4(Release)で設定した機能となります。
      • Press/Hold -スイッチを短く押した場合はノブ3(Press)で設定した機能、長押しした場合はノブ4(Hold)で設定した機能となります。
    3. 重要!: ストンプ・モードではフットスイッチに複数の機能をアサインできますが、予期せぬ挙動を避けるため、HX Looperコマンドは何もアサインされていないフットスイッチにアサインすることを強く推奨します。

      ■ショートカット > モデル・サブカテゴリー

      Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, HX Effects, HX Stomp

      モデル・リストを開くことなく、モデルのサブカテゴリーに飛ぶことができるようになりました。特定のモデルの選択をこれまでよりも素早く行うことができます。

      • Helix/Helix Rack/Helix LT — ホーム画面から、< PAGE を長押ししながらPAGE > を押すと次のサブカテゴリーにジャンプします。PAGE > を押しながら < PAGE を押すと前のカテゴリーにジャンプします。そしてジョイスティックを回すと左サブカテゴリー内のモデルが選択できます。
      • HX Effects — ストンプ画面から、ビッグノブを押しながら回すとサブカテゴリーにスキップし、そして普通に回すとサブカテゴリー内のモデルを選択できます。
      • HX Stomp — エディット画面から、ロワーノブを押しながら回すとサブカテゴリーにスキップし、そして普通に回すとサブカテゴリー内のモデルを選択できます。

      例えば、HX Stompで空のブロックを選択している状態でロワーノブを押しながら回すと、各サブカテゴリーの最初のモデルにジャンプします。
      Distortion > Mono, Distortion > Stereo, Distortion > Legacy, Dynamics > Mono, Dynamics > Stereo, Dynamics > Legacy, EQ > Mono, EQ > Stereo, Modulation > Mono, Modulation > Stereo…と続きます。

      ■HX Editからのファームウェア・アップデート

      Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, HX Effects, HX Stomp

      ソーシャル・メディア上で、次のファームウェアがいつ公開されるかの情報を血眼なって探したり尋ねたりする必要はもうありません。ただギターを弾いていればよいのです。アップデートが入手できるようになれば、HX Editが教えてくれるので、あとはただ"Next."をクリックするだけです。

      その他の変更・改善点in 2.90

      • 起動時間が従来の約半分になりました。(Helix Floor/Rack/LT, HX Effects)
      • チューナー・モードの際、3つのスイッチのLEDが追加のチューナーのインジケーターとして機能します。(HX Stomp [この機能はHX Effectsにはすでに搭載されています])
      • 編集されたプリセットに小さな"E"のアイコンを表示します。(HX Effects, HX Stomp [この機能はHelix Floor/Rack/LTにはすでに搭載されています])
      • ブロックのシグナルフローを跨いだコピー/ペーストが素早くできるようになりました。Option(Mac)またはControl(Windows)キーを押しながらブロックをドラッグします。(Helix Native, HX Edit)
      • IRはインパルス・リストから直接シグナルフロー・ビューにドラッグできるようになりました。 (Helix Native, HX Edit)
      • インパルス・リスト上でIRをダブルクリックすると、選択中のIRブロックに自動的に配置されます。 (Helix Native, HX Edit)
      • 値が少ないパラメータはスライダーではなく、セレクトボックスになりました。(Helix Native, HX Edit)
      • "Check for Updates" ボックスがプレファレンス・ウィンドウに追加されました。 (Helix Native, HX Edit)

      Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave, macOS Catalina
      ( 34 MB )
      Get Download

HX Edit      

HX Edit

Helix / HX 2.90 アップデート・リリースノート

Helix/HX 2.90は、新しいアンプ/キャビネット/エフェクト・モデル、追加機能、バグ修正を含んでおり、すべてのHelix/HX製品オーナーに強く推奨されます。
*これまでのバージョンとはアップデートの方法が異なりますので、以下のインストラクションをよく読んでから実行してください。

2.90にアップデートする

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, HX Effects, HX Stomp

STEP 1 — HX Editを2.90にアップデートする(HELIX/HX ファームウェアをアップデートする前に必ず実行する必要があります!)

  1. line6.jpからLine 6アカウントにログインし、「ダウンロード」メニューからHX Edit 2.90をダウンロードしてインストールします。

STEP 2 — Helix/HXファームウェアを2.90にアップデートする

  1. 1. Helix Rack/Controlを一緒にお使いの場合は、Helix Controlの電源をオフにします。また、全てのLine 6ソフトウェアおよびDAW、iTunes、Spotify、ビデオ・ゲームなど、オーディオを使用する全てのソフトウェアやプログラムを閉じます。
  2. Helix/HX製品をMac またはWindows PC にUSB経由で接続し (USBハブやタワーPCの前面のUSBポートは使用しないでください) 電源を入れます。
  3. 上記STEP 1でインストールした新しいバージョンのHX Edit 2.90を起動します。まだサインインしていない場合は、右下の"Check for Updates"をクリックしてサインインします。サインインが完了していれば、有効なアップデートがある旨が表示されます。
  4. ”Update Now”を選択します。最初にバックアップをするかどうかを尋ねるウィンドウが開くので、当然のごとく"OK"をクリックします。必要に応じてバックアップのファイル名や保存先を変更したら、"Create Backup"を選択します。
  5. 指示に従ってアップデートを続けます。HX Editは、バックアップ、デバイスのアップデート、再起動までを一気に行います。アップデートが終了すると"Update Complete"と表示され、Helix/HXデバイスはプリセットの再構築を始めるので、終了するのを待ち、それから"Back to HX Edit"をクリックします。
  6. Helix ControlをHelix Rackに接続している場合は、Helix Controlの電源をオンにします。Helix Rackに、"Helix Control must be updated to work properly"と表示されるので、Helix Controlを正しく動作させるためにノブ6 (OK)を押します。

新しいアンプ・モデル in 2.90

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Stomp

  • Revv Gen Purple, Revv® Generator 120のパープル(ゲイン1)チャンネルがベース

新しいキャビネット・モデル in 2.90

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Stomp

  • 1x12 Fullerton, 1958 Fender® 5C3 Tweed Deluxeがベース
  • 1x12 Grammatico, 2016 Grammatico LaGrangeがベース

新しいエフェクト・モデル in 2.90

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp

  • Distortion > Alpaca Rouge (Mono, Stereo), Way Huge Red Llama (モディファイ)からインスパイア
  • Distortion > Legendary Drive (Mono, Stereo), Carvin VLD1 Legacy Drive (ハイゲイン・チャンネル)がベース
  • Distortion > Xenomorph Fuzz (Mono, Stereo), Subdecay Harmonic Antagonizerからインスパイア
  • Dynamics > Rochester Comp (Mono, Stereo), Billy Sheehanとの共同製作によるLine 6オリジナル
  • Modulation > Pebble Phaser (Mono, Stereo), Electro-Harmonix Small Stone phaserがベース
  • Split > Dynamics, Line 6 オリジナル この新しいSplitブロックにより、プレイした強さに応じてシグナルをパスBにダイナミックにルーティングすることが可能です。例えば、ボリュームを抑えたクリーン・コードはパスAのGrammaticoから、そしてボリュームを上げて力強く弾くエネルギッシュなリードはパスBにあるRevv Gen Purpleから鳴らす、といったことができます。
    • ノブ1 (Threshold) — 設定したスレッショルドより低いシグナルはパスAに、高いシグナルはパスBにルーティングされます。
    • ノブ2 (Attack) — スレッショルドに達した際にシグナルがパスBにルーティングされる速さを決定します。
    • ノブ3 (Decay) — スレッショルドを下回った際にシグナルがパスAに戻る速さを決定します。
    • ノブ4 (Reverse) — ダイナミック・パス・ルーティングを入れ替えます。"On"に設定すると、スレッショルドより低いシグナルはパスBに、高いシグナルはパスAにルーティングされます。

ご注意: ここで使用されている全ての製品名は各所有者の商標であり、Yamaha Guitar GroupおよびLine 6との関連や協力関係はありません。他社の商標は、Line 6がサウンド・モデルの開発において研究したトーンとサウンドを識別する目的でのみ使用されています。

新しい機能 in 2.90

■アウトプット・メーター

Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT

以下の各ブロックは、選択した際、インスペクター内にアウトプット・メーターを表示します:

  • Output
  • Send/Return > Send
  • Send/Return > FX Loop

重要!: メーターは (Helixに限らず、どんな製品においてもですが) 、各プリセット間で統一されたレベルを確保する目的には適しているとは言えません。使用しているモデル、プリセットの周波数帯域やダイナミック・レスポンス、ギターやベース、ピックアップ、再生システム、使用環境、再生システムとの位置関係、そしてさらには他のバンドメンバーの音もプリセットの聴感上のラウドネスに根本的な影響を及ぼします。メーターが、あるプリセットが別のプリセットより音が大きいことを示しているにも関わらず、実際には逆に聴こえるのはよくあることです。プリセットのレベル調整をするときは、常に自分の耳を信じて、可能であれば、ステージで使用するボリュームで、他のバンドメンバーがプレイしている間に行うようにしましょう。

■ゲイン・リダクション・メーター

Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT

以下の各ブロックは、選択した際、インスペクター内にゲイン・リダクション・メーターを表示します:

  • Dynamics > Compressor (3-Band Compは3つのメーターを表示します)
  • Dynamics > Gate

■シグナル・プリセット・インジケーター

Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, HX Stomp

以下の各ブロックは、シグナルが存在する場合には薄い緑色、ブロックがクリップしている場合には赤色の表示をバックグラウンドに表示します:

  • Input
  • Output
  • Send/Return > Send (クリップ表示のみ)
  • Send/Return > Return(クリップ表示のみ)
  • Send/Return > FX Loop(クリップ表示のみ)

■IR参照機能の強化

Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, Helix Native, HX Effects, HX Stomp

インパルス・レスポンス・ブロックは、各IRファイルをインデックス・ナンバーではなく、波形で参照するようになりました。これにより、プリセットを共有する相手が同じIRファイルを持っている場合、IRを一致させるためにマニュアルで順番を入れ替えたりすることなく、正しい場所に表示されます。

重要!: この新しいIR参照機能を機能させるには、すべてのプリセットを再構築する必要があります。2.90にアップデートすると、通常プリセットは自動的に再構築されますが、もしされない場合は、以下の方法でマニュアルで再構築することができます。

  • Helix Floor、Helix LT: FS10とFS11(下段)を押しながら電源を入れます。"Will rebuild all Presets..." が表示されて終了するのを待ちます。
  • Helix Rack: スクリーンの下のノブ1とノブ3を押しながら電源を入れます。"Will rebuild all Presets..." が表示されて終了するのを待ちます。
  • HX Stomp: アッパーノブとロワーノブを押しながら電源を入れます。"Will rebuild all Presets..." が表示されて終了するのを待ちます。
  • Helix Native: 最初にプラグインを開くと"Your presets are being parsed to associate IR blocks intelligently with the IRs they reference"をいうダイアログが表示されるので、”OK”をクリックします。

■コマンド・センター > HX Preset

Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, HX Effects

新しいCommand Center のコマンド・タイプでは、あらゆるプリセット(またはプリセットのアップ/ダウン)をどのストンプ・モード・スイッチにもアサインできるようになりました。HX SnapshotやHX Looperとともに、ストンプ・フットスイッチ・モードをお好きなようにカスタマイズすることができます。

  1. Command Centerから任意のストンプ・スイッチを選択し、ノブ1(Command)を回して"HX Preset"を選択します。
  2. ノブ2(Preset)を回して、“Next”(次のプリセット)か”Prev”(前のプリセット)、もしくは現在のセットリスト内の任意のプリセットを選択します。

重要!: ストンプ・モードではフットスイッチに複数の機能をアサインできますが、予期せぬ挙動を避けるため、HX Presetコマンドは何もアサインされていないフットスイッチにアサインすることを強く推奨します。

■コマンド・センター > HX Snapshot

Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, HX Effects

新しいCommand Center のコマンド・タイプでは、あらゆるスナップショット(またはスナップショットのアップ/ダウン)をどのストンプ・モード・スイッチにもアサインできるようになりました。HX SnapshotやHX Looperとともに、ストンプ・フットスイッチ・モードをお好きなようにカスタマイズすることができます。

  1. Command Centerから任意のストンプ・スイッチを選択し、ノブ1(Command)を回して"HX Snapshot."を選択します。
  2. ノブ2を回してストンプ・スイッチの挙動を設定します。
    • Press/Release -スイッチを押した場合はノブ3(Press)で設定した機能、離した場合はノブ4(Release)で設定した機能となります。
    • Press/Hold -スイッチを短く押した場合はノブ3(Press)で設定した機能、長押しした場合はノブ4(Hold)で設定した機能となります。
  3. 重要!: ストンプ・モードではフットスイッチに複数の機能をアサインできますが、予期せぬ挙動を避けるため、HX Snapshotコマンドは何もアサインされていないフットスイッチにアサインすることを強く推奨します。

    ■コマンド・センター > HX Looper

    Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, HX Effects

    新しいCommand Center のコマンド・タイプでは、あらゆるルーパー機能をどのストンプ・モード・スイッチまたはインスタント・コマンドにもアサインできるようになりました。HX PresetやHX Snapshotとともに、ストンプ・フットスイッチ・モードをお好きなようにカスタマイズすることができます。HX Looperコマンドが正しく機能するには、6 Switch Looperまたは1 Switch Looperブロックがプリセット内に存在している必要があります。

    1. Command Centerから任意のストンプ・スイッチを選択し、ノブ1(Command)を回して"HX Looper."を選択します
    2. ノブ2を回してストンプ・スイッチの挙動を設定します。
      • Press/Release -スイッチを押した場合はノブ3(Press)で設定した機能、離した場合はノブ4(Release)で設定した機能となります。
      • Press/Hold -スイッチを短く押した場合はノブ3(Press)で設定した機能、長押しした場合はノブ4(Hold)で設定した機能となります。
    3. 重要!: ストンプ・モードではフットスイッチに複数の機能をアサインできますが、予期せぬ挙動を避けるため、HX Looperコマンドは何もアサインされていないフットスイッチにアサインすることを強く推奨します。

      ■ショートカット > モデル・サブカテゴリー

      Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, HX Effects, HX Stomp

      モデル・リストを開くことなく、モデルのサブカテゴリーに飛ぶことができるようになりました。特定のモデルの選択をこれまでよりも素早く行うことができます。

      • Helix/Helix Rack/Helix LT — ホーム画面から、< PAGE を長押ししながらPAGE > を押すと次のサブカテゴリーにジャンプします。PAGE > を押しながら < PAGE を押すと前のカテゴリーにジャンプします。そしてジョイスティックを回すと左サブカテゴリー内のモデルが選択できます。
      • HX Effects — ストンプ画面から、ビッグノブを押しながら回すとサブカテゴリーにスキップし、そして普通に回すとサブカテゴリー内のモデルを選択できます。
      • HX Stomp — エディット画面から、ロワーノブを押しながら回すとサブカテゴリーにスキップし、そして普通に回すとサブカテゴリー内のモデルを選択できます。

      例えば、HX Stompで空のブロックを選択している状態でロワーノブを押しながら回すと、各サブカテゴリーの最初のモデルにジャンプします。
      Distortion > Mono, Distortion > Stereo, Distortion > Legacy, Dynamics > Mono, Dynamics > Stereo, Dynamics > Legacy, EQ > Mono, EQ > Stereo, Modulation > Mono, Modulation > Stereo…と続きます。

      ■HX Editからのファームウェア・アップデート

      Helix Floor, Helix Rack / Control, Helix LT, HX Effects, HX Stomp

      ソーシャル・メディア上で、次のファームウェアがいつ公開されるかの情報を血眼なって探したり尋ねたりする必要はもうありません。ただギターを弾いていればよいのです。アップデートが入手できるようになれば、HX Editが教えてくれるので、あとはただ"Next."をクリックするだけです。

      その他の変更・改善点in 2.90

      • 起動時間が従来の約半分になりました。(Helix Floor/Rack/LT, HX Effects)
      • チューナー・モードの際、3つのスイッチのLEDが追加のチューナーのインジケーターとして機能します。(HX Stomp [この機能はHX Effectsにはすでに搭載されています])
      • 編集されたプリセットに小さな"E"のアイコンを表示します。(HX Effects, HX Stomp [この機能はHelix Floor/Rack/LTにはすでに搭載されています])
      • ブロックのシグナルフローを跨いだコピー/ペーストが素早くできるようになりました。Option(Mac)またはControl(Windows)キーを押しながらブロックをドラッグします。(Helix Native, HX Edit)
      • IRはインパルス・リストから直接シグナルフロー・ビューにドラッグできるようになりました。 (Helix Native, HX Edit)
      • インパルス・リスト上でIRをダブルクリックすると、選択中のIRブロックに自動的に配置されます。 (Helix Native, HX Edit)
      • 値が少ないパラメータはスライダーではなく、セレクトボックスになりました。(Helix Native, HX Edit)
      • "Check for Updates" ボックスがプレファレンス・ウィンドウに追加されました。 (Helix Native, HX Edit)

      Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
      ( 97 MB )
      Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.82 Release Notes

Bug Fixes

  • In some cases, an error message would appear when clicking redo after deleting a block
  • After cutting or clearing a block, its bypass/controller assignments could be lost
  • Newly created blocks on Path 2A could sometimes appear as None blocks
  • After creating a Path 1B Input block, on rare occasions, paths could disappear, and blocks could be consistent when changing presets
  • Importing a setlist could sometimes transmit a preset’s Command Center > Instant messages without loading the preset
  • If the current preset has not yet been saved, importing a presetsetlistbundle would not clear the undo history
  • Undoing certain parameter changes could sometimes not work as expected
  • Pressing your computer’s Return / Enter key while backing up or restoring data could initiate an additional backup / restore
  • Attempting to undo pasting to an Input or Output block could result in an error
  • Copying/pasting footswitch assignments in the Command Center would work properly in HX Edit, but not on the hardware
  • The ‘Anderton’s Amazing Multiband Presets’ setlist on Marketplace could sometimes not import properly on Windows computers
  • In rare cases, preset and IR files could sometimes not properly drag/drop from Explorer into HX Edit
  • Other minor bug fixes

Known Issues

  • In rare cases, Helix / HX devices can become disconnected from HX Edit. If possible, always connect your Helix / HX device directly to the USB port closest to your computer’s power connector. Never use any sort of USB hub, which may include the front USB ports on the front of towers
  • Using Learn to quickly assign a footswitch to parameter control to a footswitch can occasionally change the switch’s Latching/Momentary setting
  • If the Path 1A Input block is set to S/PDIF, it stops passing audio after creating a Path 1B Input block
  • Connecting an expression pedal to Helix Control can sometimes cause the pedal position display to behave erratically
  • When connecting Helix to Powercab 112 Plus or 212 Plus, using presets to remotely change Powercab modes sometimes results in a brief volume increase

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave, macOS Catalina
( 88 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.82 Release Notes

Bug Fixes

  • In some cases, an error message would appear when clicking redo after deleting a block
  • After cutting or clearing a block, its bypass/controller assignments could be lost
  • Newly created blocks on Path 2A could sometimes appear as None blocks
  • After creating a Path 1B Input block, on rare occasions, paths could disappear, and blocks could be consistent when changing presets
  • Importing a setlist could sometimes transmit a preset’s Command Center > Instant messages without loading the preset
  • If the current preset has not yet been saved, importing a presetsetlistbundle would not clear the undo history
  • Undoing certain parameter changes could sometimes not work as expected
  • Pressing your computer’s Return / Enter key while backing up or restoring data could initiate an additional backup / restore
  • Attempting to undo pasting to an Input or Output block could result in an error
  • Copying/pasting footswitch assignments in the Command Center would work properly in HX Edit, but not on the hardware
  • The ‘Anderton’s Amazing Multiband Presets’ setlist on Marketplace could sometimes not import properly on Windows computers
  • In rare cases, preset and IR files could sometimes not properly drag/drop from Explorer into HX Edit
  • Other minor bug fixes

Known Issues

  • In rare cases, Helix / HX devices can become disconnected from HX Edit. If possible, always connect your Helix / HX device directly to the USB port closest to your computer’s power connector. Never use any sort of USB hub, which may include the front USB ports on the front of towers
  • Using Learn to quickly assign a footswitch to parameter control to a footswitch can occasionally change the switch’s Latching/Momentary setting
  • If the Path 1A Input block is set to S/PDIF, it stops passing audio after creating a Path 1B Input block
  • Connecting an expression pedal to Helix Control can sometimes cause the pedal position display to behave erratically
  • When connecting Helix to Powercab 112 Plus or 212 Plus, using presets to remotely change Powercab modes sometimes results in a brief volume increase

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 82 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.81 リリースノート

バグ修正 in 2.81

以下の問題を解決しました。

  • アクティブなEXPペダル (1または2)がプリセットにセーブされない。
  • Helix LTで電源を入れ直すとXLR出力がMicレベルにリセットされてしまう。
  • Path 1Bまたは2Bにルーパー・ブロックを含む2つのプリセットを連続してロードすると、たまにオーディオが途切れる。
  • まれにv2.7で作成されたバックアップをリストアするとヘッドホン出力が失われる。
  • ハンズフリー・ペダル・エディット・モードで、エクスプレッション・ペダルを動かすとワウ、ボリューム/パンあるいはその他のコントローラー・アサインに影響してしまうことがある。
  • コントローラーまたはスナップショットでIRを変更すると、IR間のクロスフェードが聴こえる場合がある。
  • Presets with Input > S/PDIF ブロックが設定されたプリセットは、異なるインプットが設定された別のプリセットがロードされるまでオーディオを通さないことがある。
  • Global Settings > Preferences > Snapshot Edits is set to “Discard,” に設定されている時、"Per Snapshot"の設定ではテンポがこの設定を反映しない場合がある。
  • Command Center > MMC > Record, Punch In, and Punch Out の各コマンドが正しく送信されない場合がある。
  • まれに、Helix Floor, Helix RackおよびHelix LTで、FS6 (MODE) フットスイッチモード間の切り替えができない場合がある。
  • 特定の周波数のパラメーター(概ね1kHzより下)を調整すると、ハードウェアとHX Editの間で異なる値で変化させる場合がある。
  • HX Editで、同じフットスイッチにブロックとコマンドセンターをアサインし、LEDのカラーを変更しようとすると、不安定な動作をする場合がある。
  • SnapshotでコントロールするCommand Center > CC Toggle またはCV Toggleの値は、古いプリセットから正しくインポートされない場合がある。
  • まれに、HX Editからリモートでフットスイッチ・アサインをアンドゥすると、ファームウェアがクラッシュする場合がある。
  • HX Editで、Up/Down矢印スイッチを連続して押すと、不意にコントローラーのパラメーター・リストのボタンにジャンプすることがある。
  • HX EditでGlobal Factory Resetの後にハードウェアの変更をアンドゥしようとすると、リセット前のプリセットを再ロードすることがある。
  • HX Editでアンドゥ/リドゥを実行すると、Cab > Dual ブロックを Cab > Single ブロックに変更されてしまう場合がある。
  • HX Editでアンドゥ/リドゥを実行すると、ステレオ・エフェクト・ブロックがモノ・エフェクトブロックに変更されてしまう場合がある。
  • WindowsのHX Editで、エディット・パネルのスライダーが表示されない場合がある。
  • WindowsのHX Editで、Command Centerのテキストをカスタマイズすると、文字が切り取られてしまう場合がある。
  • Windowsで、Win DefenderポッアップがHelix NativeやHX Editのインストールをブロックする場合がある。

既知の問題点 in 2.81

  • Helix Rack/Controlで、Helix Controlにエクスプレッション・ペダルを接続すると、ペダルの位置に不規則な遅れが生じる場合があります。
  • Pitch/Synth > 3 OSC Synthで、3 Note Generatorおよび4 OSC Generator aが2.71の時よりも音が大きくなることがあります。
  • まれに、Dynamics > LA Studio Comp モデルでプリセットのボリュームが落ちることがあります。
  • HX Editで、スナップショットで適用したカスタム・カラーがハードウェアに反映されないことがあります。この場合、ハードウェア側で設定します。
  • HX Editで、現在のプリセットがセーブされていな状態で、別のプリセット、セットリスト、バンドルをインポートしても、アンドゥ履歴がクリアされない場合があります。
  • まれに、Helix/HXデバイスがHX Editとの接続を解除される場合があります。可能であれば、コンピューターの電源コネクターに最も近いUSBポートに接続してください。また、USBハブや、タワー型の前面にあるUSBポートは使用しないでください。
  • Helix Nativeは Cubase 10.5のhardened runtimeでは動作しません。
  • テンポチェンジがスナップショットでコントロールされている場合、いくつかのエフェクトに同期するテンポはグローバル設定でtransparentに設定されていてもauthenticで動作することがあります。
  • HX Editで、Command Center > Instant commands を含むセットリストをインポートすると、新しいプリセットがロードされていなくてもメッセージを発信することがあります。
  • Logic Pro Xは現時点ではHelix Nativeでスナップショットやスイッチのオートメーションデータを書き込むことができません。
  • HX Editで、ブロックのカットまたはクリアをした後にアンドゥを実行すると、ブロックのフットスイッチやコントロール・アサインが消去されることがあります。
  • HX Editでエフェクト、アンプ、キャビネットまたはIRブロックを移動すると、SplitもしくはMergeブロックの位置を不意に変えてしまう場合があります。
  • HX Editで、特定の Output > Powercab およびDTパラメーターが、現時点では Alt+click/Option+click経由でスナップショットにアサインすることができません。この場合、Helixハードウェアのノブを押しながら回します。
  • HX Editで、特定の Output > Powercab およびDTパラメーター上でCtrl+click/Command+clickを実行してもデフォルト設定にリセットされない場合があります。
  • 「これは正常な動作です」と明確に記されたインストラクションを最初に読まずに“Update Failed!”のスクリーンショットの画像をFacebookに投稿すると、ひどい仕打ちを受ける場合があります。
  • Helix Nativeで、モデルを変更すると共通のパラメーターのオートメーション・アサインをクリアする場合があります。 (例: Amp > Bass や Delay > Time)

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave
( 88 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.81 リリースノート

バグ修正 in 2.81

以下の問題を解決しました。

  • アクティブなEXPペダル (1または2)がプリセットにセーブされない。
  • Helix LTで電源を入れ直すとXLR出力がMicレベルにリセットされてしまう。
  • Path 1Bまたは2Bにルーパー・ブロックを含む2つのプリセットを連続してロードすると、たまにオーディオが途切れる。
  • まれにv2.7で作成されたバックアップをリストアするとヘッドホン出力が失われる。
  • ハンズフリー・ペダル・エディット・モードで、エクスプレッション・ペダルを動かすとワウ、ボリューム/パンあるいはその他のコントローラー・アサインに影響してしまうことがある。
  • コントローラーまたはスナップショットでIRを変更すると、IR間のクロスフェードが聴こえる場合がある。
  • Presets with Input > S/PDIF ブロックが設定されたプリセットは、異なるインプットが設定された別のプリセットがロードされるまでオーディオを通さないことがある。
  • Global Settings > Preferences > Snapshot Edits is set to “Discard,” に設定されている時、"Per Snapshot"の設定ではテンポがこの設定を反映しない場合がある。
  • Command Center > MMC > Record, Punch In, and Punch Out の各コマンドが正しく送信されない場合がある。
  • まれに、Helix Floor, Helix RackおよびHelix LTで、FS6 (MODE) フットスイッチモード間の切り替えができない場合がある。
  • 特定の周波数のパラメーター(概ね1kHzより下)を調整すると、ハードウェアとHX Editの間で異なる値で変化させる場合がある。
  • HX Editで、同じフットスイッチにブロックとコマンドセンターをアサインし、LEDのカラーを変更しようとすると、不安定な動作をする場合がある。
  • SnapshotでコントロールするCommand Center > CC Toggle またはCV Toggleの値は、古いプリセットから正しくインポートされない場合がある。
  • まれに、HX Editからリモートでフットスイッチ・アサインをアンドゥすると、ファームウェアがクラッシュする場合がある。
  • HX Editで、Up/Down矢印スイッチを連続して押すと、不意にコントローラーのパラメーター・リストのボタンにジャンプすることがある。
  • HX EditでGlobal Factory Resetの後にハードウェアの変更をアンドゥしようとすると、リセット前のプリセットを再ロードすることがある。
  • HX Editでアンドゥ/リドゥを実行すると、Cab > Dual ブロックを Cab > Single ブロックに変更されてしまう場合がある。
  • HX Editでアンドゥ/リドゥを実行すると、ステレオ・エフェクト・ブロックがモノ・エフェクトブロックに変更されてしまう場合がある。
  • WindowsのHX Editで、エディット・パネルのスライダーが表示されない場合がある。
  • WindowsのHX Editで、Command Centerのテキストをカスタマイズすると、文字が切り取られてしまう場合がある。
  • Windowsで、Win DefenderポッアップがHelix NativeやHX Editのインストールをブロックする場合がある。

既知の問題点 in 2.81

  • Helix Rack/Controlで、Helix Controlにエクスプレッション・ペダルを接続すると、ペダルの位置に不規則な遅れが生じる場合があります。
  • Pitch/Synth > 3 OSC Synthで、3 Note Generatorおよび4 OSC Generator aが2.71の時よりも音が大きくなることがあります。
  • まれに、Dynamics > LA Studio Comp モデルでプリセットのボリュームが落ちることがあります。
  • HX Editで、スナップショットで適用したカスタム・カラーがハードウェアに反映されないことがあります。この場合、ハードウェア側で設定します。
  • HX Editで、現在のプリセットがセーブされていな状態で、別のプリセット、セットリスト、バンドルをインポートしても、アンドゥ履歴がクリアされない場合があります。
  • まれに、Helix/HXデバイスがHX Editとの接続を解除される場合があります。可能であれば、コンピューターの電源コネクターに最も近いUSBポートに接続してください。また、USBハブや、タワー型の前面にあるUSBポートは使用しないでください。
  • Helix Nativeは Cubase 10.5のhardened runtimeでは動作しません。
  • テンポチェンジがスナップショットでコントロールされている場合、いくつかのエフェクトに同期するテンポはグローバル設定でtransparentに設定されていてもauthenticで動作することがあります。
  • HX Editで、Command Center > Instant commands を含むセットリストをインポートすると、新しいプリセットがロードされていなくてもメッセージを発信することがあります。
  • Logic Pro Xは現時点ではHelix Nativeでスナップショットやスイッチのオートメーションデータを書き込むことができません。
  • HX Editで、ブロックのカットまたはクリアをした後にアンドゥを実行すると、ブロックのフットスイッチやコントロール・アサインが消去されることがあります。
  • HX Editでエフェクト、アンプ、キャビネットまたはIRブロックを移動すると、SplitもしくはMergeブロックの位置を不意に変えてしまう場合があります。
  • HX Editで、特定の Output > Powercab およびDTパラメーターが、現時点では Alt+click/Option+click経由でスナップショットにアサインすることができません。この場合、Helixハードウェアのノブを押しながら回します。
  • HX Editで、特定の Output > Powercab およびDTパラメーター上でCtrl+click/Command+clickを実行してもデフォルト設定にリセットされない場合があります。
  • 「これは正常な動作です」と明確に記されたインストラクションを最初に読まずに“Update Failed!”のスクリーンショットの画像をFacebookに投稿すると、ひどい仕打ちを受ける場合があります。
  • Helix Nativeで、モデルを変更すると共通のパラメーターのオートメーション・アサインをクリアする場合があります。 (例: Amp > Bass や Delay > Time)

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 82 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

⇒ 2.80リリースノート:https://line6.jp/news/1168/



Helix/HX 2.80 アップデート実行時の重要なご注意

今回のアップデートは特有の手順が必要となりますので、安全かつスムーズにアップデートを実行していただくため、記載内容をよくご確認ください。

重要!:Helix/HX 2.80ファームウェアは、すべてのHelixおよびHX製品を同一のエコシステム内に統合するための新しいHelixコア・エンジンを採用した最初のファームウェアです。この統合環境を実現するために、目に見えない部分も含めて非常に多くの変更が施されています。そのため、2.80上で作成されたプリセットはそれ以前のファームウェアと互換性がありません。
つまり何らかの理由で2.71以前のファームウェアに戻る必要が生じた場合、2.80にアップデートする前にバックアップを取っておかないと、プリセットが使用できなくなります。
アップデートを実行する前に必ずすべてをバックアップしておいてください。

また、Helixコア・エンジンの移行にあたっては、グローバル設定(Global Settings)のリセットが必要になります。
他に方法はありませんので、必ずすべてのバックアップを確実に取っておくようにしましょう。
以下がその手順です。

2.80にアップデートする (はじめにお読みください!)

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, HX Effects, HX Stomp

ステップ 1a:Helix/HXハードウェアのバックアップ

  • Helix/HXプロセッサーをMacまたはPCにUSB経由で接続し、電源をオンにします。USBハブの類は使用しないでください。
  • 現在ご使用中のバージョンのHX Edit (新しいHX Edit 2.80ではなく)を開きます。
  • ファイルメニューから"Create Backup..."を選択します。
  • "Create Backup"をクリックします。

TIP: 新しい2.80ファクトリープリセットやホットキー対応のテンプレートをロードしたい場合は、後で空のセットリストにインポートして戻せるよう個々のセットリストをマニュアルでバックアップすることをお勧めします。
これを行うには 、左側のプリセットライブラリーからバックアップしたいセットリストを選択して"Export"をクリックし、目的のフォルダを選択したら"Save"をクリックします。
この手順を他のセットリストでも繰り返します。

ステップ 1b:Helix Nativeのバックアップ

Helix Nativeを所有していない場合はこの手順はスキップしてください。

  • DAW内のインスタンスから現在使用中のバージョンのHelix Native(新しいHelix Native 1.80ではなく)を開き、左下のMy Account名をクリックしてPreferences ウィンドウを開きます。
  • Generalタブから"Export Bundle"をクリックします。
  • 目的のフォルダを選択して"Save"をクリックします。

TIP: 新しい2.80ファクトリープリセットやホットキー対応のテンプレートをロードしたい場合は、後で空のセットリストにインポートできるよう個々のセットリストをマニュアルでバックアップすることをお勧めします。
これを行うには 、左側のプリセットライブラリーからバックアップしたいセットリストを選択して"Export"をクリックし、目的のフォルダを選択したら"Save"をクリックします。
この手順を他のセットリストでも繰り返します。

ステップ 2:HX Editを2.80にアップデートする (Helix/HX ファームウェアをアップデートする前に実行する必要があります!)

  • HelixまたはHXハードウェアが接続されている場合は、電源をオフにして接続を解除します。
  • ダウンロードページでLine 6アカウントにログインします。
  • 中央のプルダウンメニューから"HX Edit" を選択し、右側のプルダウンメニューからご使用のコンピュータのOSを選択します。
  • Go ボタンをクリックします。
  • HX Edit バージョン2.80 を見つけたら"Get Download"をクリックします。
  • Software License Agreementを確認後、"Accept and Download."をクリックします。
  • ソフトウェアがダウンロードされたらインストーラをダブルクリックし、指示に従ってインストールします。

注: HX Edit 2.80をインストールすると、ファームウェアのアップデートに必要な最新バージョンのLine 6 Updaterが自動的にインストールされます。

ステップ 3a:Helix Floor/Rack/LT を2.80にアップデートする

HX EffectsまたはHX Stompをお持ちの場合は、下のステップ 3bに進んでください。

  • Helix Rack/Controlをご使用の場合は、Helix Controlの電源をオフにします。それから、すべてのLine 6ソフトウェアおよびDAW、iTunes、Spotify、ゲームなどのオーディオを使用するプログラムを閉じます。
  • HelixをMacまたはPCにUSB経由で接続し(USBハブは使用しないでください)、電源をオンにします。
  • Line 6 Updaterを起動します。 最新バージョンは上記ステップ 2でHX Edit 2.80 の際に同時にインストールされています。
  • Line 6 ユーザー名とパスワードを入力して"Sign In" をクリックします。緑色のボックスの中にご使用のHelix製品が表示されます。ボックス内の製品をクリックしてから、バージョン2.80の隣の"Update" をクリックします。
  • インストラクション(HEY! DID YOU BACK UP FIRST?) を確認し、 "Continue" そして "Accept" をクリックします。Helixが2回リセットする旨の警告のダイアログが表示されます。
  • バックアップが済んでいることを確認し、"OK" をクリックします。Helixがアップデートを開始します。
  • アップデートの途中でLine 6 Updaterが2つ目のダイアログを表示し、HelixのLCDにこのように"Boot Failure. Entered Update Mode!"と表示されることがあります。
    でも安心してください。これは正常な動作です。大きく深呼吸して次に進みましょう。あとひと息です。
  • "OK" をもう一度クリックします。完了すると、Helixは自動的に再起動し、プリセットを再構築するので、終了するのを待ちます。
  • Helix Rack/Controlをお使いの場合はHelix Controlの電源をオンにします。Helix Rackに "Helix Control must be updated to work properly. Update now?" (適切な動作のためにHelix Controlのアップデートが必要です。今すぐアップデートしますか?)と表示されるので、ノブ 6 (OK) を押してHelix Controlのアップデートを開始します。

注:ファームウェアをアップデートしても、新しいプリセットは自動的にはロードされません。以下の"ステップ 4:2.80 ファクトリープリセット/テンプレートをロードする" をご参照ください。

ステップ 3b:HX Effects/HX Stompを2.80にアップデートする

Helix Floor、Helix Rack/ControlまたはHelix LTをお持ちの場合は上記ステップ 3aをご参照ください。

  • すべてのLine 6ソフトウェアおよびDAW、iTunes、 Spotify、ゲームなどのオーディオを使用するプログラムを閉じます。
  • HXプロセッサーをMacまたはPCにUSB経由で接続し(USBハブは使用しないでください)、電源をオンにします。
  • Line 6 Updaterを起動します。 最新バージョンは上記ステップ 2でHX Edit 2.80 の際に同時にインストールされています。
  • Line 6 ユーザー名とパスワードを入力して"Sign In" をクリックします。緑色のボックスの中にご使用のHX製品が表示されます。ボックス内の製品をクリックしてから、バージョン2.80の隣の"Update" をクリックします。
  • インストラクション(HEY! DID YOU BACK UP FIRST?)を確認し、 "Continue" そして "Accept" をクリックします。終了するとHX製品は自動的に再起動します。

注: ファームウェアをアップデートしても、新しいプリセットは自動的にはロードされません。以下の"ステップ 4:2.80 ファクトリープリセット/テンプレートをロードする" をご参照ください。

ステップ 4(オプション): 2.80 ファクトリープリセット/テンプレートをロードする

重要! この手順を実行すると、ご自身で作成したすべてのカスタムプリセットが消去されます!プリセットをキープしたい場合は、必ずバックアップを確実に取りましょう。("ステップ 1a:Helix/HX ハードウェアのバックアップ" ご参照)

  • Helix/HX プロセッサーの電源をオフにします。
  • お持ちのHelix/HX 製品に応じて、以下の手順に従います:
    • Helix Floor/LT — フットスイッチ7と8(下段の左2つ)を押したまま電源を入れます。"Will restore stock Presets and Setlists..." と表示されたらそのまま進めます。
    • Helix Rack/Control — スクリーン下のノブ3と4を押しながら電源を入れます。"Will restore stock Presets and Setlists..." と表示されたらそのまま進めます。
    • HX Effects — フットスイッチ5と6(下段の中央2つ)を押しながら電源を入れます。 "Will reset Presets..." と表示されたらそのまま進めます。
    • HX Stomp — フットスイッチ1と2を押しながら電源を入れます。"Will reset Presets..." と表示されたらそのまま進めます。
    • Helix Native — Preferenceウィンドウを表示するために左下のMy Account名をクリックします。 Presets/IRsタブから"Restore Factory Setlists"をクリックします。

ステップ 5a(オプション): Helix/HX ハードウェアをバックアップからリストアする

  • Connect your Helix/HX プロセッサーをMacまたはPCにUSB経由で接続して(USBハブは使用しないでください)電源をオンにします。
  • ステップ 2でインストールしたHX Edit 2.80 を開きます。
  • ファイルメニューから"Restore from Backup"を選択します。
  • バックアップ・ファイルをブラウズして"Open."をクリックします。

TIP: 個々のセットリストをエキスポートして2.80ファクトリープリセット/テンプレートをロードした場合は、左側のプリセットリストから空のユーザーセットリストを選択し、保存したセットリスト・ファイル(ステップ 1のTIPより)をプリセットリスト内にドラッグします。

重要! バックアップからリストア(または以前保存したセットリストや個々のプリセットをロード)した後、プリセット変更の時間が通常より遅いと感じることがあるかも知れません。その場合は、Helix/HX製品を再起動すると"Rebuilding preset [XXX]"を表示されてプリセットの再構築が行われ、正常化されます。

ステップ 5b(オプション): Helix Nativeをバックアップからリストアする

Helix Nativeを所有していない場合はこの手順はスキップしてください。

  • Open DAW内のインスタンスからHelix Nativeを開き、下段に左下のMy Account名をクリックしてPreferencesウィンドウを開きます。
  • Presets/IRsタブから"Import Bundle"をクリックします。
  • 上記ステップ 2で選択した場所をブラウズして"Open"をクリックします。

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave

HX Edit      

HX Edit

⇒ 2.80リリースノート:https://line6.jp/news/1168/



Helix/HX 2.80 アップデート実行時の重要なご注意

今回のアップデートは特有の手順が必要となりますので、安全かつスムーズにアップデートを実行していただくため、記載内容をよくご確認ください。

重要!:Helix/HX 2.80ファームウェアは、すべてのHelixおよびHX製品を同一のエコシステム内に統合するための新しいHelixコア・エンジンを採用した最初のファームウェアです。この統合環境を実現するために、目に見えない部分も含めて非常に多くの変更が施されています。そのため、2.80上で作成されたプリセットはそれ以前のファームウェアと互換性がありません。
つまり何らかの理由で2.71以前のファームウェアに戻る必要が生じた場合、2.80にアップデートする前にバックアップを取っておかないと、プリセットが使用できなくなります。
アップデートを実行する前に必ずすべてをバックアップしておいてください。

また、Helixコア・エンジンの移行にあたっては、グローバル設定(Global Settings)のリセットが必要になります。
他に方法はありませんので、必ずすべてのバックアップを確実に取っておくようにしましょう。
以下がその手順です。

2.80にアップデートする (はじめにお読みください!)

Helix Floor, Helix Rack, Helix LT, HX Effects, HX Stomp

ステップ 1a:Helix/HXハードウェアのバックアップ

  • Helix/HXプロセッサーをMacまたはPCにUSB経由で接続し、電源をオンにします。USBハブの類は使用しないでください。
  • 現在ご使用中のバージョンのHX Edit (新しいHX Edit 2.80ではなく)を開きます。
  • ファイルメニューから"Create Backup..."を選択します。
  • "Create Backup"をクリックします。

TIP: 新しい2.80ファクトリープリセットやホットキー対応のテンプレートをロードしたい場合は、後で空のセットリストにインポートして戻せるよう個々のセットリストをマニュアルでバックアップすることをお勧めします。
これを行うには 、左側のプリセットライブラリーからバックアップしたいセットリストを選択して"Export"をクリックし、目的のフォルダを選択したら"Save"をクリックします。
この手順を他のセットリストでも繰り返します。

ステップ 1b:Helix Nativeのバックアップ

Helix Nativeを所有していない場合はこの手順はスキップしてください。

  • DAW内のインスタンスから現在使用中のバージョンのHelix Native(新しいHelix Native 1.80ではなく)を開き、左下のMy Account名をクリックしてPreferences ウィンドウを開きます。
  • Generalタブから"Export Bundle"をクリックします。
  • 目的のフォルダを選択して"Save"をクリックします。

TIP: 新しい2.80ファクトリープリセットやホットキー対応のテンプレートをロードしたい場合は、後で空のセットリストにインポートできるよう個々のセットリストをマニュアルでバックアップすることをお勧めします。
これを行うには 、左側のプリセットライブラリーからバックアップしたいセットリストを選択して"Export"をクリックし、目的のフォルダを選択したら"Save"をクリックします。
この手順を他のセットリストでも繰り返します。

ステップ 2:HX Editを2.80にアップデートする (Helix/HX ファームウェアをアップデートする前に実行する必要があります!)

  • HelixまたはHXハードウェアが接続されている場合は、電源をオフにして接続を解除します。
  • ダウンロードページでLine 6アカウントにログインします。
  • 中央のプルダウンメニューから"HX Edit" を選択し、右側のプルダウンメニューからご使用のコンピュータのOSを選択します。
  • Go ボタンをクリックします。
  • HX Edit バージョン2.80 を見つけたら"Get Download"をクリックします。
  • Software License Agreementを確認後、"Accept and Download."をクリックします。
  • ソフトウェアがダウンロードされたらインストーラをダブルクリックし、指示に従ってインストールします。

注: HX Edit 2.80をインストールすると、ファームウェアのアップデートに必要な最新バージョンのLine 6 Updaterが自動的にインストールされます。

ステップ 3a:Helix Floor/Rack/LT を2.80にアップデートする

HX EffectsまたはHX Stompをお持ちの場合は、下のステップ 3bに進んでください。

  • Helix Rack/Controlをご使用の場合は、Helix Controlの電源をオフにします。それから、すべてのLine 6ソフトウェアおよびDAW、iTunes、Spotify、ゲームなどのオーディオを使用するプログラムを閉じます。
  • HelixをMacまたはPCにUSB経由で接続し(USBハブは使用しないでください)、電源をオンにします。
  • Line 6 Updaterを起動します。 最新バージョンは上記ステップ 2でHX Edit 2.80 の際に同時にインストールされています。
  • Line 6 ユーザー名とパスワードを入力して"Sign In" をクリックします。緑色のボックスの中にご使用のHelix製品が表示されます。ボックス内の製品をクリックしてから、バージョン2.80の隣の"Update" をクリックします。
  • インストラクション(HEY! DID YOU BACK UP FIRST?) を確認し、 "Continue" そして "Accept" をクリックします。Helixが2回リセットする旨の警告のダイアログが表示されます。
  • バックアップが済んでいることを確認し、"OK" をクリックします。Helixがアップデートを開始します。
  • アップデートの途中でLine 6 Updaterが2つ目のダイアログを表示し、HelixのLCDにこのように"Boot Failure. Entered Update Mode!"と表示されることがあります。
    でも安心してください。これは正常な動作です。大きく深呼吸して次に進みましょう。あとひと息です。
  • "OK" をもう一度クリックします。完了すると、Helixは自動的に再起動し、プリセットを再構築するので、終了するのを待ちます。
  • Helix Rack/Controlをお使いの場合はHelix Controlの電源をオンにします。Helix Rackに "Helix Control must be updated to work properly. Update now?" (適切な動作のためにHelix Controlのアップデートが必要です。今すぐアップデートしますか?)と表示されるので、ノブ 6 (OK) を押してHelix Controlのアップデートを開始します。

注:ファームウェアをアップデートしても、新しいプリセットは自動的にはロードされません。以下の"ステップ 4:2.80 ファクトリープリセット/テンプレートをロードする" をご参照ください。

ステップ 3b:HX Effects/HX Stompを2.80にアップデートする

Helix Floor、Helix Rack/ControlまたはHelix LTをお持ちの場合は上記ステップ 3aをご参照ください。

  • すべてのLine 6ソフトウェアおよびDAW、iTunes、 Spotify、ゲームなどのオーディオを使用するプログラムを閉じます。
  • HXプロセッサーをMacまたはPCにUSB経由で接続し(USBハブは使用しないでください)、電源をオンにします。
  • Line 6 Updaterを起動します。 最新バージョンは上記ステップ 2でHX Edit 2.80 の際に同時にインストールされています。
  • Line 6 ユーザー名とパスワードを入力して"Sign In" をクリックします。緑色のボックスの中にご使用のHX製品が表示されます。ボックス内の製品をクリックしてから、バージョン2.80の隣の"Update" をクリックします。
  • インストラクション(HEY! DID YOU BACK UP FIRST?)を確認し、 "Continue" そして "Accept" をクリックします。終了するとHX製品は自動的に再起動します。

注: ファームウェアをアップデートしても、新しいプリセットは自動的にはロードされません。以下の"ステップ 4:2.80 ファクトリープリセット/テンプレートをロードする" をご参照ください。

ステップ 4(オプション): 2.80 ファクトリープリセット/テンプレートをロードする

重要! この手順を実行すると、ご自身で作成したすべてのカスタムプリセットが消去されます!プリセットをキープしたい場合は、必ずバックアップを確実に取りましょう。("ステップ 1a:Helix/HX ハードウェアのバックアップ" ご参照)

  • Helix/HX プロセッサーの電源をオフにします。
  • お持ちのHelix/HX 製品に応じて、以下の手順に従います:
    • Helix Floor/LT — フットスイッチ7と8(下段の左2つ)を押したまま電源を入れます。"Will restore stock Presets and Setlists..." と表示されたらそのまま進めます。
    • Helix Rack/Control — スクリーン下のノブ3と4を押しながら電源を入れます。"Will restore stock Presets and Setlists..." と表示されたらそのまま進めます。
    • HX Effects — フットスイッチ5と6(下段の中央2つ)を押しながら電源を入れます。 "Will reset Presets..." と表示されたらそのまま進めます。
    • HX Stomp — フットスイッチ1と2を押しながら電源を入れます。"Will reset Presets..." と表示されたらそのまま進めます。
    • Helix Native — Preferenceウィンドウを表示するために左下のMy Account名をクリックします。 Presets/IRsタブから"Restore Factory Setlists"をクリックします。

ステップ 5a(オプション): Helix/HX ハードウェアをバックアップからリストアする

  • Connect your Helix/HX プロセッサーをMacまたはPCにUSB経由で接続して(USBハブは使用しないでください)電源をオンにします。
  • ステップ 2でインストールしたHX Edit 2.80 を開きます。
  • ファイルメニューから"Restore from Backup"を選択します。
  • バックアップ・ファイルをブラウズして"Open."をクリックします。

TIP: 個々のセットリストをエキスポートして2.80ファクトリープリセット/テンプレートをロードした場合は、左側のプリセットリストから空のユーザーセットリストを選択し、保存したセットリスト・ファイル(ステップ 1のTIPより)をプリセットリスト内にドラッグします。

重要! バックアップからリストア(または以前保存したセットリストや個々のプリセットをロード)した後、プリセット変更の時間が通常より遅いと感じることがあるかも知れません。その場合は、Helix/HX製品を再起動すると"Rebuilding preset [XXX]"を表示されてプリセットの再構築が行われ、正常化されます。

ステップ 5b(オプション): Helix Nativeをバックアップからリストアする

Helix Nativeを所有していない場合はこの手順はスキップしてください。

  • Open DAW内のインスタンスからHelix Nativeを開き、下段に左下のMy Account名をクリックしてPreferencesウィンドウを開きます。
  • Presets/IRsタブから"Import Bundle"をクリックします。
  • 上記ステップ 2で選択した場所をブラウズして"Open"をクリックします。

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.71

新機能 

• ブロックのドラッグ・アンド・ドロップ — HX Edit内の各ブロックは、Helix Nativeやもう1台のデバイス用に開いているHX Editの別ウィンドウとの間でドラッグ・アンド・ドロップができるようになりました。

• ペースト・ビフォアとペースト・アフター — クリップボードにコピーされたブロックは、選択したブロックの前もしくは後にインサートできます。右クリックして"Paste Before" または "Paste After”を選択します。

改善点と変更点 

• クイック・クリア — マウスを任意のブロック上で行き来すると小さな“x”アイコンが表示されます。これをクリックするとブロックがクリアされます。

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave
( 86 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.71

新機能

• ブロックのドラッグ・アンド・ドロップ — HX Edit内の各ブロックは、Helix Nativeやもう1台のデバイス用に開いているHX Editの別ウィンドウとの間でドラッグ・アンド・ドロップができるようになりました。

• ペースト・ビフォアとペースト・アフター — クリップボードにコピーされたブロックは、選択したブロックの前もしくは後にインサートできます。右クリックして"Paste Before" または "Paste After”を選択します。

改善点と変更点

• クイック・クリア — マウスを任意のブロック上で行き来すると小さな“x”アイコンが表示されます。これをクリックするとブロックがクリアされます。

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 78 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

2.70 "Marketplace アップデート"

新機能 (Helix/HXファームウェア 2.70)

    • マーケットプレイス(Marketplace)のサポート — マーケットプレイス(Marketplace)は、サードパーティのエキスパート達が作成したプリセットやインパルスレスポンスを購入することができるオンラインストアです。HX Editの画面左手下段から、"My Account" をクリックし"Get More Presets..." または"Get More IRs..."を選択します。
    • 新しい3種類のチューナー・タイプ — チューナーページから、Typeノブを回すと"Fine" (カラーの変わる針式 ファインチューニング・バー付) "Coarse" (カラーの変わる針式 ファインチューニング・バーなし) 、 "Strobe"の中から選択が可能。 下記既知の問題点を確認ください*

新機能 (Helix Native 1.70)

    • マーケットプレイス(Marketplace)のサポート — マーケットプレイス(Marketplace)は、サードパーティのエキスパート達が作成したプリセットやインパルスレスポンスを購入することができるオンラインストアです。Helix Nativeの画面左手下段から、"My Account" をクリックし"Get More Presets..." または"Get More IRs..."を選択します。

新機能 (HX Edit 2.70)

    • HX Stompを新たにサポート
    • マーケットプレイス(Marketplace)のサポート — マーケットプレイス(Marketplace)は、サードパーティのエキスパート達が作成したプリセットやインパルスレスポンスを購入することができるオンラインストアです。HX Editの画面左手下段から、"My Account" をクリックし"Get More Presets..." または"Get More IRs..."を選択します。
    • 複数のデバイスのサポート — HX Editは複数のHelixまたはHX機器が接続されると新規のウィンドウを開くようになりました。例えば、あなたがHelix Floorを、ベース・プレイヤーがHX Effectsを持っていた場合、2台を接続して両機器間で素早くブロックのコピー/ペーストが行えます。ウィンドウは、デバイスのプルダウンメニューからも開いたり閉じたりすることができます。

改善点

    • チューナーが5弦ベースに対応し、21.83 Hz (low F) まで正確にチューニングできるようになりました。
    • HX Stompのみ – ショートカット:HX Stompがプリセットまたはスナップショット・モード、あるいはストンプ&スクロールモードでFS3がTAP/TUNER以外のものにアサインされている場合、ACTIONとPAGE>を同時に押すことでチューナー画面を呼び出すことができます。
    • HX Stompのみ – ショートカット:ACTIONを押してPreference > Snapshot Editsの値

バグ修正

    • Helix Floor, Rack, LTのみ — Cali Texas Ch 2を含むいくつかのアンプモデルの極性が逆になっており、別のアンプとパラレルで接続した場合、位相がキャンセルされることがある問題を解決しました。
    • Helix Floor, Rack, LTのみ — Amp > Cali Texas Ch 1でMidとBassパラメータが0.0にセットされていると徐々にレベルが下がっていくことがある問題を解決しました。
    • Helix Floor, Rack, LTのみ — 2つのTimeパラメータを持つディレイモデルで、スナップショットを変更した際にまれにノートディビジョンをリセットする問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — ストンプ・フットスイッチ・モードで、HX EditからパスB上にあるブロックをクリアもしくはカットする際、まれにHX Effectsがフリーズすることがある問題を解決しました
    • HX Effectsのみ — Split > CrossoverブロックのあるプリセットからSplit > A/B ブロックのあるプリセットに切り替える際、まれにHX Effectsがフリーズすることがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — EXP PositionがGlobalに設定されている際、プリセットを変更した後、エクスプレッションペダルのポジションがすぐにリコールされず、シグナルが予期しない形で出力されてしまうことがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — ごくまれに、チューナーモードから出た際、信号レベルとトーンをわずかに調整してしまうことがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — L/R両方のインプットに接続した状態でチューナーモードから出た際、特定のブロックのR側が聴こえなくなることがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — 非常にまれに、特定の組み合わせのフットスイッチが設定され、HX Editを接続した状態でHX Effectsの電源を入れ直すと、特定のブロックがクリアされる場合がある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — HX Edit,からOutputブロックを自身にコピー/ペーストするとMixerパラメータがペーストされることがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — MIDIクロックを送信しながらGlobal Settings > MIDI/Tempo > Tempo Select values を切り替えると、まれに正しくないテンポが送られてしまうことがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — Global Settingsをリセットした後、MIDIクロックを受信しているとTap Tempoが反応しなくなることがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — HX EditがLooper > 1 Switch Looperのバイパス状態を反映しない場合がある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — Mixerパラメータが不意に新しい空のプリセットにコピーされることがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — Quickly changing snapshots from HX Editからスナップショットを素早く変更すると、ハードウェアとソフトウェアの接続が解除されることがある問題を解決しました。
    • Helix Native のみ — パラメーター・スライダー上でControl/Commandクリックしてもハードウェアのデフォルトの値にならない場合あがる問題を解決しました。
    • その他細かい多数の改善

既知の問題点

  • HX Effectsのみ — チューナー・タイプが"Strobe"に設定された状態で、弦の音程が著しく外れていると、適切に動作しない場合があります。
  • HX Effectsのみ — ごくまれに、IRブロックをパスAからパスBに移動すると、2つ目のIRブロックのインパルスセクションがリセットされる場合があります。
  • マーケットプレイスで購入したものを含むバンドルをインポートする際、時間がかかる場合があります。
  • プリセットのリセットのコマンドを手動で実行した際、(FS1+2 またはFS2+3を押しながら)、Helixがフリーズしたように見える場合がありますが、問題ありませんので再構築が完了するまで15~20秒お待ちください。
  • Distortion > Kinky Boostブロックをロードする際、ノイズが発生することがあります。
  • HX Editは、現時点では1台または2台までのHelix/HX機器の同時接続のみをサポートしています。(それ以上の機器のサポートは、今後のアップデートで予定)

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra, macOS Mojave
( 86 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

2.70 "Marketplace アップデート"

新機能 (Helix/HXファームウェア 2.70)

    • マーケットプレイス(Marketplace)のサポート — マーケットプレイス(Marketplace)は、サ ードパーティのエキスパート達が作成したプリセットやインパルスレスポンスを購入することができ るオンラインストアです。HX Editの画面左手下段から、"My Account" をクリックし"Get More Presets..." または"Get More IRs..."を選択します。
    • 新しい3種類のチューナー・タイプ — チューナーページから、Typeノブを回す と"Fine" (カラーの変わる針式 ファインチューニング・バー付) "Coarse" (カラーの変わる針式  ファインチューニング・バーなし) 、 "Strobe"の中から選択が可能。 下記既知の問題点を 確認ください*

新機能 (Helix Native 1.70)

    • マーケットプレイス(Marketplace)のサポート — マーケットプレイス(Marketplace )は、サードパーティのエキスパート達が作成したプリセットやインパルスレスポンスを購入するこ とができるオンラインストアです。Helix Nativeの画面左手下段から、"My Account" をクリック し"Get More Presets..." または"Get More IRs..."を選択します。

新機能 (HX Edit 2.70)

    • HX Stompを新たにサポート
    • マーケットプレイス(Marketplace)のサポート — マーケットプレイス(Marketplace )は、サードパーティのエキスパート達が作成したプリセットやインパルスレスポンスを購入するこ とができるオンラインストアです。HX Editの画面左手下段から、"My Account" をクリックし"Get More Presets..." または"Get More IRs..."を選択します。
    • 複数のデバイスのサポート — HX Editは複数のHelixまたはHX機器が接続されると新規 のウィンドウを開くようになりました。例えば、あなたがHelix Floorを、ベース・プレイヤーがHX Effectsを持っていた場合、2台を接続して両機器間で素早くブロックのコピー/ペーストが行えます 。ウィンドウは、デバイスのプルダウンメニューからも開いたり閉じたりすることができます。

改善点

    • チューナーが5弦ベースに対応し、21.83 Hz (low F) まで正確にチューニングできるようになり ました。
    • HX Stompのみ – ショートカット:HX Stompがプリセットまたはスナップショット・モード、あ るいはストンプ&スクロールモードでFS3がTAP/TUNER以外のものにアサインされている場合、ACTION とPAGE>を同時に押すことでチューナー画面を呼び出すことができます。
    • HX Stompのみ – ショートカット:ACTIONを押してPreference > Snapshot Editsの値

バグ修正

    • Helix Floor, Rack, LTのみ — Cali Texas Ch 2を含むいくつかのアンプモデルの極性が逆にな っており、別のアンプとパラレルで接続した場合、位相がキャンセルされることがある問題を解決し ました。
    • Helix Floor, Rack, LTのみ — Amp > Cali Texas Ch 1でMidとBassパラメータが0.0にセット されていると徐々にレベルが下がっていくことがある問題を解決しました。
    • Helix Floor, Rack, LTのみ — 2つのTimeパラメータを持つディレイモデルで、スナップショッ トを変更した際にまれにノートディビジョンをリセットする問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — ストンプ・フットスイッチ・モードで、HX EditからパスB上にあるブロック をクリアもしくはカットする際、まれにHX Effectsがフリーズすることがある問題を解決しました
    • HX Effectsのみ — Split > CrossoverブロックのあるプリセットからSplit > A/B ブロッ クのあるプリセットに切り替える際、まれにHX Effectsがフリーズすることがある問題を解決しまし た。
    • HX Effectsのみ — EXP PositionがGlobalに設定されている際、プリセットを変更した後、エク スプレッションペダルのポジションがすぐにリコールされず、シグナルが予期しない形で出力されて しまうことがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — ごくまれに、チューナーモードから出た際、信号レベルとトーンをわずかに 調整してしまうことがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — L/R両方のインプットに接続した状態でチューナーモードから出た際、特定の ブロックのR側が聴こえなくなることがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — 非常にまれに、特定の組み合わせのフットスイッチが設定され、HX Editを接 続した状態でHX Effectsの電源を入れ直すと、特定のブロックがクリアされる場合がある問題を解決 しました。
    • HX Effectsのみ — HX Edit,からOutputブロックを自身にコピー/ペーストするとMixerパラメー タがペーストされることがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — MIDIクロックを送信しながらGlobal Settings > MIDI/Tempo > Tempo Select values を切り替えると、まれに正しくないテンポが送られてしまうことがある問題を解決し ました。
    • HX Effectsのみ — Global Settingsをリセットした後、MIDIクロックを受信しているとTap Tempoが反応しなくなることがある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — HX EditがLooper > 1 Switch Looperのバイパス状態を反映しない場合が ある問題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — Mixerパラメータが不意に新しい空のプリセットにコピーされることがある問 題を解決しました。
    • HX Effectsのみ — Quickly changing snapshots from HX Editからスナップショットを素早く変 更すると、ハードウェアとソフトウェアの接続が解除されることがある問題を解決しました。
    • Helix Native のみ — パラメーター・スライダー上でControl/Commandクリックしてもハードウ ェアのデフォルトの値にならない場合あがる問題を解決しました。
    • その他細かい多数の改善

既知の問題点

  • HX Effectsのみ — チューナー・タイプが"Strobe"に設定された状態で、弦の音程が著しく外れ ていると、適切に動作しない場合があります。
  • HX Effectsのみ — ごくまれに、IRブロックをパスAからパスBに移動すると、2つ目のIRブロック のインパルスセクションがリセットされる場合があります。
  • マーケットプレイスで購入したものを含むバンドルをインポートする際、時間がかかる場合があ ります。
  • プリセットのリセットのコマンドを手動で実行した際、(FS1+2 またはFS2+3を押しながら)、 Helixがフリーズしたように見える場合がありますが、問題ありませんので再構築が完了するまで15 ~20秒お待ちください。
  • Distortion > Kinky Boostブロックをロードする際、ノイズが発生することがあります。
  • HX Editは、現時点では1台または2台までのHelix/HX機器の同時接続のみを サポートしています。(それ以上の機器のサポートは、今後のアップデートで予定)

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 78 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.60 “The Spring Cleaning Update”

 
New Amp Models (2)
  • Cali Texas Ch1, based on* the clean channel of the MESA/Boogie® Lonestar
  • Placater Clean, based on* the clean channel of the Friedman BE-100
 
New Effects Models (4)
  • Distortion > Deranged Master (Mono, Stereo), based on* the Dallas Rangemaster Treble Booster—WARNING! Like the real thing, this model will take your head off! Works best before a distorted amp
  • Distortion > Deez One Vintage (Mono, Stereo), based on* the BOSS© DS-1 distortion pedal (classic Made-in-Japan version)
  • Distortion > Deez One Mod (Mono, Stereo), based on* the BOSS© DS-1 distortion pedal (Keeley mod version)
  • Looper > 1 Switch Looper (Mono, Stereo), Line 6 original (doesn't leave Stomp mode)
 
* All product names are trademarks of their respective owners, which are in no way associated or affiliated with Line 6.
 
Improvements/Changes
  • The Looper block is now called “6 Switch Looper” (see Known Issues below)
  • Variax Shuriken bank names now appear in the Input > Multi and Input > Variax block without requiring connection to Variax Workbench
  • HX Edit now remembers its window size after disconnecting the Helix/HX device
 
New Features
  • Full editor support for HX Effects—HX Edit now includes parameter, signal flow, bypass/controller assign, and Command Center editing for HX Effects
  • Block Copy/paste between HX Edit and Helix Native—HX Edit now lets you copy and paste individual blocks between it and the Helix Native plugin
  • Snapshot colors—HX Edit now lets you set footswitch colors for snapshots. Control-click on the camera icon and from the pull-down menu, select a color
 
Bug Fixes
  • In some cases, copying/pasting or exporting/importing a preset can result in some blocks reflecting incorrect bypass states — FIXED
  • Selecting a different model while the Customize window is open can cause the previous model’s name to be assigned to the footswitch — FIXED
  • In rare cases, after clearing a controller assignment from a parameter, the preset cannot be saved properly — FIXED
  • On MacOS, pressing Command-R to rename presets twice in a row can cause a graphical glitch and prevent the preset from being renamed — FIXED
  • Modulation > Legacy > Analog Chorus > Mode parameter was mislabeled “CH Vib” — FIXED
  • Pitch/Synth > Legacy > Smart Harmony > Key parameter was mislabeled “V1 Key” — FIXED
  • Copying/pasting a Command Center > Instant or Footswitch command may not update the Command Center window — FIXED
  • Copying/pasting a block does not copy/paste any MIDI bypass assignment — FIXED
  • If a snapshot-controlled parameter value is changed, pressing Snapshot Up/Down switches on the hardware can cause the Command Center window to not update properly — FIXED
  • Assigning MIDI bypass to a block would not display it in the Bypass/Controller assignment list — FIXED
  • Loading a preset from HX Edit while selecting a snapshot from the hardware can result in an error message — FIXED
  • In some cases, disconnecting and then reconnecting the hardware can cause the Presets and Impulses tab graphics to disappear until HX Edit’s window is closed and then reopened — FIXED
  • When moving blocks along the signal flow in HX Edit, the Helix hardware could sometimes reflect an inaccurate bypass state — FIXED
  • Helix, Helix Rack/Control, Helix LT only: In HX Edit, changing the cab model in an Amp+Cab block can clear controllers assigned to the Amp’s parameters — FIXED
  • Helix, Helix Rack/Control, Helix LT only: Moving a Split or Merge block down to Path B while a None block is selected can sometimes cause HX Edit to crash — FIXED
  • Helix, Helix Rack/Control, Helix LT only: Copying/pasting multiple presets in the MacOS version of HX Edit and then immediately sending MIDI clock to the hardware can sometimes cause it to crash — FIXED
  • Helix, Helix Rack/Control, Helix LT only: On presets with an Input block on Path 1A, changing the (inactive) Split type can cause Inputs 1A and 2A to be fed the wrong signal — FIXED
  • Helix, Helix Rack/Control, Helix LT only: When assigning the Guitar In-Z parameter to a footswitch, a custom name and LED color could not be applied — FIXED
  • Helix LT only: Renaming a preset above the signal flow in HX Edit would not always update the preset name on Helix LT’s main display — FIXED
  • HX Effects only: From the Impulses tab, attempting to clear an IR can sometimes result in an error message — FIXED
  • Many other minor bug fixes, optimizations, and stability improvements
 
Known Issues
  • Existing user presets containing the original 6-switch Looper block will continue to read “Looper” instead of “6 Switch Looper” until the model is changed and the preset is resaved. This is normal and does not affect operation
  • HX Effects only: Connecting HX Effects to HX Edit after a Helix, Helix Rack/Control, or Helix LT has been connected can cause presets to not save correctly. WORKAROUND: Quit HX Edit, reboot HX Effects, and then restart HX Edit. This will properly restore device communication

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 84 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.60 “The Spring Cleaning Update”

 
New Amp Models (2)
  • Cali Texas Ch1, based on* the clean channel of the MESA/Boogie® Lonestar
  • Placater Clean, based on* the clean channel of the Friedman BE-100
 
New Effects Models (4)
  • Distortion > Deranged Master (Mono, Stereo), based on* the Dallas Rangemaster Treble Booster—WARNING! Like the real thing, this model will take your head off! Works best before a distorted amp
  • Distortion > Deez One Vintage (Mono, Stereo), based on* the BOSS© DS-1 distortion pedal (classic Made-in-Japan version)
  • Distortion > Deez One Mod (Mono, Stereo), based on* the BOSS© DS-1 distortion pedal (Keeley mod version)
  • Looper > 1 Switch Looper (Mono, Stereo), Line 6 original (doesn't leave Stomp mode)
 
* All product names are trademarks of their respective owners, which are in no way associated or affiliated with Line 6.
 
Improvements/Changes
  • The Looper block is now called “6 Switch Looper” (see Known Issues below)
  • Variax Shuriken bank names now appear in the Input > Multi and Input > Variax block without requiring connection to Variax Workbench
  • HX Edit now remembers its window size after disconnecting the Helix/HX device
 
New Features
  • Full editor support for HX Effects—HX Edit now includes parameter, signal flow, bypass/controller assign, and Command Center editing for HX Effects
  • Block Copy/paste between HX Edit and Helix Native—HX Edit now lets you copy and paste individual blocks between it and the Helix Native plugin
  • Snapshot colors—HX Edit now lets you set footswitch colors for snapshots. Control-click on the camera icon and from the pull-down menu, select a color
 
Bug Fixes
  • In some cases, copying/pasting or exporting/importing a preset can result in some blocks reflecting incorrect bypass states — FIXED
  • Selecting a different model while the Customize window is open can cause the previous model’s name to be assigned to the footswitch — FIXED
  • In rare cases, after clearing a controller assignment from a parameter, the preset cannot be saved properly — FIXED
  • On MacOS, pressing Command-R to rename presets twice in a row can cause a graphical glitch and prevent the preset from being renamed — FIXED
  • Modulation > Legacy > Analog Chorus > Mode parameter was mislabeled “CH Vib” — FIXED
  • Pitch/Synth > Legacy > Smart Harmony > Key parameter was mislabeled “V1 Key” — FIXED
  • Copying/pasting a Command Center > Instant or Footswitch command may not update the Command Center window — FIXED
  • Copying/pasting a block does not copy/paste any MIDI bypass assignment — FIXED
  • If a snapshot-controlled parameter value is changed, pressing Snapshot Up/Down switches on the hardware can cause the Command Center window to not update properly — FIXED
  • Assigning MIDI bypass to a block would not display it in the Bypass/Controller assignment list — FIXED
  • Loading a preset from HX Edit while selecting a snapshot from the hardware can result in an error message — FIXED
  • In some cases, disconnecting and then reconnecting the hardware can cause the Presets and Impulses tab graphics to disappear until HX Edit’s window is closed and then reopened — FIXED
  • When moving blocks along the signal flow in HX Edit, the Helix hardware could sometimes reflect an inaccurate bypass state — FIXED
  • Helix, Helix Rack/Control, Helix LT only: In HX Edit, changing the cab model in an Amp+Cab block can clear controllers assigned to the Amp’s parameters — FIXED
  • Helix, Helix Rack/Control, Helix LT only: Moving a Split or Merge block down to Path B while a None block is selected can sometimes cause HX Edit to crash — FIXED
  • Helix, Helix Rack/Control, Helix LT only: Copying/pasting multiple presets in the MacOS version of HX Edit and then immediately sending MIDI clock to the hardware can sometimes cause it to crash — FIXED
  • Helix, Helix Rack/Control, Helix LT only: On presets with an Input block on Path 1A, changing the (inactive) Split type can cause Inputs 1A and 2A to be fed the wrong signal — FIXED
  • Helix, Helix Rack/Control, Helix LT only: When assigning the Guitar In-Z parameter to a footswitch, a custom name and LED color could not be applied — FIXED
  • Helix LT only: Renaming a preset above the signal flow in HX Edit would not always update the preset name on Helix LT’s main display — FIXED
  • HX Effects only: From the Impulses tab, attempting to clear an IR can sometimes result in an error message — FIXED
  • Many other minor bug fixes, optimizations, and stability improvements
 
Known Issues
  • Existing user presets containing the original 6-switch Looper block will continue to read “Looper” instead of “6 Switch Looper” until the model is changed and the preset is resaved. This is normal and does not affect operation
  • HX Effects only: Connecting HX Effects to HX Edit after a Helix, Helix Rack/Control, or Helix LT has been connected can cause presets to not save correctly. WORKAROUND: Quit HX Edit, reboot HX Effects, and then restart HX Edit. This will properly restore device communication

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 82 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.52 リリースノート

HX Edit 2.52は、修正、安定性の向上と最適化を含むソフトウェア・アップデートです。全てのHelixユーザーにこのアップデートを実行することを強く推奨します!

バグ修正

- ブロックのBypass MIDI Inのアサインが、Bypass/Controllerメニューでコントローラーアサインをクリアした際に消されてしまう問題を解決しました。
- EDITメニューに入った後にBypass/Controllerアサインメニューに戻ると、ブロックのBypass MIDI Inのアサインがリセットされてしまう問題を解決しました。
- [HX EFFECTS] プリセットのエキスポート/インポート時にパスB出力の行き先を保存しない問題を解決しました。
- SplitもしくはMergeをリストアするために右クリックしてもブロックが元の位置に戻らない問題を解決しました。
- Bypass/Controllerアサインメニューで “Clear All Assignments”を選択しても、全てのBypass MIDI Inアサインが消去されない問題を解決しました。
- 一般的な安定性の向上
- その他の軽微なバグ修正および最適化

既知の問題点

- Helix LT: HX Editからプリセット名を変更しても、すぐにHelix LTの本体LCD上に反映されない
- Shuriken Variaxのバンク名がInput > Multi とInput > Variax ブロック上では正しく表示されない
- Variax Modelがスナップショットを変更した後に名前の変更を適切に表示しない場合がある
- タップテンポ・ボタンが、Helixが外部ソースからのMIDIクロックを受信している時、HX Editのディスプレイに表示されるテンポを変更してしまう場合がある

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 81 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.52 リリースノート

HX Edit 2.52は、修正、安定性の向上と最適化を含むソフトウェア・アップデートです。全てのHelixユーザーにこのアップデートを実行することを強く推奨します!

バグ修正

- ブロックのBypass MIDI Inのアサインが、Bypass/Controllerメニューでコントローラーアサインをクリアした際に消されてしまう問題を解決しました。
- EDITメニューに入った後にBypass/Controllerアサインメニューに戻ると、ブロックのBypass MIDI Inのアサインがリセットされてしまう問題を解決しました。
- [HX EFFECTS] プリセットのエキスポート/インポート時にパスB出力の行き先を保存しない問題を解決しました。
- SplitもしくはMergeをリストアするために右クリックしてもブロックが元の位置に戻らない問題を解決しました。
- Bypass/Controllerアサインメニューで “Clear All Assignments”を選択しても、全てのBypass MIDI Inアサインが消去されない問題を解決しました。
- 一般的な安定性の向上
- その他の軽微なバグ修正および最適化

既知の問題点

- Helix LT: HX Editからプリセット名を変更しても、すぐにHelix LTの本体LCD上に反映されない
- Shuriken Variaxのバンク名がInput > Multi とInput > Variax ブロック上では正しく表示されない
- Variax Modelがスナップショットを変更した後に名前の変更を適切に表示しない場合がある
- タップテンポ・ボタンが、Helixが外部ソースからのMIDIクロックを受信している時、HX Editのディスプレイに表示されるテンポを変更してしまう場合がある

 

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 81 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.51 リリースノート


新機能

- HX Effects 対応: HX Effects でHX EditをプリセットのライブラリアンおよびIRローダーとして使用できるようになりました。プリセットのフル・エディット機能の追加は2018年春に予定されています。
- HX Effects IR 対応: HX Effectsでユーザーおよびサードパーティー製のインパルスレスポンス(IR)ファイルをHX Editアプリケーション経由でロードできるようになりました。

- HX Effectsのフル・バックアップおよびリストア - HX EditはHX Effectsのプリセット、IRおよびグローバル設定のフル・バックアップおよびリストアに対応しました。
重要! この機能を使用するにはHX Effects ファームウェア2.50以上が必要です!
バックアップを作成するには、Fileプルダウン・メニューからCreate Backup を選択し、 [Create Backup] をクリックします。バックアップからリストアするには、Fileプルダウン・メニューから Restore From Backup From the Backup Fileを選択、目的のバックアップを選択して[Restore Backup]をクリックします。 8つのセットリスト, IR (インデックスの順番を含む), Global Settingsのどの組み合わせでのリストも選択できます。

バグ修正

- Helix LT: SplitもしくはMergeブロックをHX Edit内から移動する際、Helix LT上のパフォーマンス・ビューが閉じてしまう問題を解決しました。
- 一般的な安定性の向上
- その他の軽微なバグ修正と最適化

既知の問題点

- ごく稀に、HX Editでエキスポートしたプリセットをインポートした際、スナップショットでコントロールされるブロック・バイパスの状態が正しく設定されない場合がある
- Helix LT: HX Editからプリセット名を変更しても、すぐにHelix LTの本体LCD上に反映されない
- Shuriken Variaxのバンク名がInput > Multi とInput > Variax ブロック上では正しく表示されない

 

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 81 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.51 リリースノート


新機能

- HX Effects 対応: HX Effects でHX EditをプリセットのライブラリアンおよびIRローダーとして使用できるようになりました。プリセットのフル・エディット機能の追加は2018年春に予定されています。
- HX Effects IR 対応: HX Effectsでユーザーおよびサードパーティー製のインパルスレスポンス(IR)ファイルをHX Editアプリケーション経由でロードできるようになりました。

- HX Effectsのフル・バックアップおよびリストア - HX EditはHX Effectsのプリセット、IRおよびグローバル設定のフル・バックアップおよびリストアに対応しました。
重要! この機能を使用するにはHX Effects ファームウェア2.50以上が必要です!
バックアップを作成するには、Fileプルダウン・メニューからCreate Backup を選択し、 [Create Backup] をクリックします。バックアップからリストアするには、Fileプルダウン・メニューから Restore From Backup From the Backup Fileを選択、目的のバックアップを選択して[Restore Backup]をクリックします。 8つのセットリスト, IR (インデックスの順番を含む), Global Settingsのどの組み合わせでのリストも選択できます。

バグ修正

- Helix LT: SplitもしくはMergeブロックをHX Edit内から移動する際、Helix LT上のパフォーマンス・ビューが閉じてしまう問題を解決しました
- 一般的な安定性の向上
- その他の軽微なバグ修正と最適化

既知の問題点

- ごく稀に、HX Editでエキスポートしたプリセットをインポートした際、スナップショットでコントロールされるブロック・バイパスの状態が正しく設定されない場合がある
- Helix LT: HX Editからプリセット名を変更しても、すぐにHelix LTの本体LCD上に反映されない
- Shuriken Variaxのバンク名がInput > Multi とInput > Variax ブロック上では正しく表示されない

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 81 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.50 Release Notes

New Features

- HX Effects support: HX Effects can now utilize the HX Edit application as a preset librarian and IR loader. Full preset editing capability is coming to HX Edit spring of 2018
- HX Effects IR Support: HX Effects can now load user and third-party Impulse Response (IR) files via the HX Edit application

- Full State Backup and Restore for HX Effects— HX Edit can perform a full state backup and restore of your HX ffects presets, IRs, and global settings. IMPORTANT! You MUST be running HX Effects 2.50 or higher to use full state backup and restore! From the File pulldown menu, select “Create Backup…” Click [Create Backup] to confirm. To restore from a backup, from the File pulldown menu, select “Restore From Backup…” From the Backup File pulldown, select the desired backup and click [Restore Backup]. You may choose to restore any combination of 8 setlists, IRs (including the index order), and/or Global Settings
 

Bug Fixes

- General stability improvements
- Other minor bug fixes and optimizations

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 81 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.30 リリースノート

新しいアンプ・モデル(7種類)

Voltage Queen  Victoria® Electro Kingがベース
Derailed Ingrid  Trainwreck Circuits® Expressがベース
Brit Trem Nrm  Marshall® JTM-50 Super Tremolo Plexiのノーマル・チャンネルがベース
Brit Trem Brt  Marshall® JTM-50 Super Tremolo Plexiのブライト・チャンネルがベース
Brit Trem Jump  Marshall® JTM-50 Super Tremolo Plexiのノーマル&ブライト・チャンネル(ジャンパー接続)がベース
Cartographer  Ben Adrian Cartographerがベース
Agua 51  Aguilar® DB751 bass ampがベース

新しいエフェクト・モデル(7種類)

- Distortion > Kinky Boost (Mono, Stereo)  Xotic® EP Boosterがベース
- Distortion > Thrifter Fuzz (Mono, Stereo)  Line 6 オリジナル
- Dynamics > Kinky Comp (Mono, Stereo)  Xotic® SP Compressorがベース
- Modulation > Bleat Chop Trem (Mono, Stereo)  Lightfoot Labs© Goatkeeperがベース
- Modulation > Double Take (Mono, Stereo)  Line 6 オリジナルのダブラー
- Delay > Cosmos Echo (Mono, Stereo)  Roland RE-201 Space Echoがベース
- Volume/Pan > Stereo Width (Stereo)  ステレオパスのダイナミックな調整を行うLine 6 オリジナル・ユーティリティー
* ここで使用されている全ての製品名は各所有者の商標であり、Line 6との関連や協力関係はありません。

新しい機能

- HX Editのサポート―Helix Floor, Helix Rack/Control, Helix LTは、新しいHX Editアプリケーションに対応しました。(Mac/PC)
- 全ての状態を含む完全なバックアップとリストア―Helixは、新しいHX Editアプリケーションによる全ての状態を含んだバックアップとリストア機能に対応します。 重要!このフル・バックアップ機能を使用するにはHelixファームウェアv2.20以上が必要です!HX Editでこの機能を使用する場合は、Fileプルダウン・メニューから“Create Backup…” を選択し、[Create Backup] をクリックします。 これにより、8つのセットリスト、IR(インデックスの順番を含む)、Global Settingsを一括してリストアすることが可能になりました。
- PRESETS/IMPULSESリストの表示/非表示―プリセット名の左側にあるアイコンをクリックすると、PRESETS/IMPULSESリストの表示/非表示が選択可能になりました。

既知の問題

- ごく稀に、ブロックをパスAからパスBに移動すると、Splitブロックが間違った場所に作成される場合があります。
- ごく稀に、IRファイルをIRブロックの”Empty”スロットにインポートした際、オーディオがミュートされることがあります。 対処法:IRファイルをIMPULSESリストに直接ドラッグします。

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 74 MB )
Get Download

HX Edit      

HX Edit

HX Edit 2.30 リリースノート

新しいアンプ・モデル(7種類)

- Voltage Queen  Victoria® Electro Kingがベース
- Derailed Ingrid  Trainwreck Circuits® Expressがベース
- Brit Trem Nrm  Marshall® JTM-50 Super Tremolo Plexiのノーマル・チャンネルがベース
- Brit Trem Brt  Marshall® JTM-50 Super Tremolo Plexiのブライト・チャンネルがベース
- Brit Trem Jump  Marshall® JTM-50 Super Tremolo Plexiのノーマル&ブライト・チャンネル(ジャンパー接続)がベース
- Cartographer  Ben Adrian Cartographerがベース
- Agua 51  Aguilar® DB751 bass ampがベース

新しいエフェクト・モデル(7種類)

- Distortion > Kinky Boost (Mono, Stereo)  Xotic® EP Boosterがベース
- Distortion > Thrifter Fuzz (Mono, Stereo)  Line 6 オリジナル
- Dynamics > Kinky Comp (Mono, Stereo)  Xotic® SP Compressorがベース
- Modulation > Bleat Chop Trem (Mono, Stereo)  Lightfoot Labs© Goatkeeperがベース
- Modulation > Double Take (Mono, Stereo)  Line 6 オリジナルのダブラー
- Delay > Cosmos Echo (Mono, Stereo)  Roland RE-201 Space Echoがベース
- Volume/Pan > Stereo Width (Stereo) ステレオパスのダイナミックな調整を行うLine 6 オリジナル・ユーティリティー
* ここで使用されている全ての製品名は各所有者の商標であり、Line 6との関連や協力関係はありません。

新しい機能

- 全ての状態を含む完全なバックアップとリストア — Helixは、新しいHX Editアプリケーションによる全ての状態を含んだバックアップとリストア機能に対応します。重要!このフル・バックアップ機能を使用するにはHelixファームウェアv2.20以上が必要です!HX Editでこの機能を使用する場合は、Fileプルダウン・メニューから“Create Backup…” を選択し、[Create Backup] をクリックします。 これにより、8つのセットリスト、IR(インデックスの順番を含む)、Global Settingsを一括してリストアすることが可能になりました。
- PRESETS/IMPULSESリストの表示/非表示 — プリセット名の左側にあるアイコンをクリックすると、PRESETS/IMPULSESリストの表示/非表示が選択可能になりました。

既知の問題

- ごく稀に、ブロックをパスAからパスBに移動すると、Splitブロックが間違った場所に作成される場合があります。
- ごく稀に、IRファイルをIRブロックの”Empty”スロットにインポートした際、オーディオがミュートされることがあります。 対処法:IRファイルをIMPULSESリストに直接ドラッグします。

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 80 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor 2.21 リリースノート
 
Helix v2.21.0 は安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
<重要>すでにHelixファームウェアv2.21とHelix Editor v2.20がインストールされている場合は、このHelix Editor v2.21をインストールするだけです。

まだHelixファームウェアv2.21とHelix Editor v2.20がインストールされていない場合は、以下の手順に従ってアップデートを完了させてください!
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.01の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.01となります。
 
注:新しい2.20のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.21) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください:
http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.11) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. Line 6 Updater の最新版(1.11) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.21) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK) を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.21は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

HELIX /HELIX LT:  フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.21) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

バグ修正
- ごく稀にモノもしくはステレオのDelay > Pitch Echoブロックを作成した際にエディターがフリーズする場合がある問題を解決しました。
- ごく稀にモノもしくはステレオのPitch/Synth > Simple PitchまたはDual Pitch ロックを作成した際にエディターがフリーズする場合がある問題を解決しました。
- ごく稀にUSB経由でMIDIクロックを受信中にグローバル設定にアクセスするとHelixがフリーズする場合がある問題を解決しました。
- ごく稀に、特定のブロックタイプを別の箇所にコピーした際にHelixが反応しなくなる問題を解決しました。
- 複数のアサインの設定とカスタマイズが施されたフットスイッチにおいて、プリセットをエキスポートして再インポートした後にバイパス状態の設定が入れ替わってしまう場合がある問題を解決しました。
- スラッシュ[/]の文字がカスタムラベルに追加できない場合がある問題を解決しました。
- 多くのコントローラーアサインを含むプリセットがエディターのUI上で適切にアップデートされない場合がある問題を解決しました。
- その他小さなバグ修正と最適化

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 80 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor 2.21 リリースノート
 
Helix v2.21.0 は安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
<重要>すでにHelixファームウェアv2.21とHelix Editor v2.20がインストールされている場合は、このHelix Editor v2.21をインストールするだけです。

まだHelixファームウェアv2.21とHelix Editor v2.20がインストールされていない場合は、以下の手順に従ってアップデートを完了させてください!
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.01の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.01となります。
 
注:新しい2.20のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.21) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください:
http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.11) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. Line 6 Updater の最新版(1.11) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.21) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK) を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.21は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

HELIX /HELIX LT: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.21) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

バグ修正
- ごく稀にモノもしくはステレオのDelay > Pitch Echoブロックを作成した際にエディターがフリーズする場合がある問題を解決しました。
- ごく稀にモノもしくはステレオのPitch/Synth > Simple PitchまたはDual Pitch ロックを作成した際にエディターがフリーズする場合がある問題を解決しました。
- ごく稀にUSB経由でMIDIクロックを受信中にグローバル設定にアクセスするとHelixがフリーズする場合がある問題を解決しました。
- ごく稀に、特定のブロックタイプを別の箇所にコピーした際にHelixが反応しなくなる問題を解決しました。
- 複数のアサインの設定とカスタマイズが施されたフットスイッチにおいて、プリセットをエキスポートして再インポートした後にバイパス状態の設定が入れ替わってしまう場合がある問題を解決しました。
- スラッシュ[/]の文字がカスタムラベルに追加できない場合がある問題を解決しました。
- 多くのコントローラーアサインを含むプリセットがエディターのUI上で適切にアップデートされない場合がある問題を解決しました。
- その他小さなバグ修正と最適化

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 89 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor 2.20 リリースノート

 

Helix v2.20.0 は安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.20をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.01の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.01となります。

 

注:新しい2.20のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.20) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください:
http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.11) も含まれています。

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

5. Line 6 Updater の最新版(1.11) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.20) へアップデートします。 アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK) を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.20は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

 

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.20) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。


■ 新しい機能

- 2.20で追加された新しい22種類のモデルに対応

■ バグ修正

- ごく稀にVolume/Panを含むプリセットの不具合で、Volumeが0%になることがある問題を解決しました。

- 特定のRoland社製キーボードが出力するアクティブなMIDIメッセージが、HelixのMIDIの発信に影響する場合がある問題を解決しました。

- ArchetypeアンプモデルのChannel Volumeの変化が正しくない問題を解決しました。

- その他小さなバグの修正と最適化

■ 既知の問題点

- Helix Editorからスナップショットを変更する際、ブロックのリドローが通常よる遅くなります。これは実際のスナップショットの選択には影響しません。

- VariaxがHelixに接続されている場合、MIDIチャンネル16はVariax Workbench HDがVariaxとのコミュニケーションに使用されるため、使用しないようにしてください。これは仕様となります。同様に、Variax Workbenchは、DAW上でMIDIトラックを録音待機もしくは再生する際には使用しないでください。

- ごく稀に、HelixはMIDIクロックを受信中にプリセットを高速で切り替えるとフリーズする場合があります。

- Variax Workbenchでプリセットをアップロード/ダウンロードしている間は、Helixのプリセットを編集しないようにしてください。Helix Editorは接続を見失う場合があります。

 

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 80 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor 2.20 リリースノート

 

Helix v2.20.0 は安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.20をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.01の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.01となります。

 

注:新しい2.20のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.20) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください:
http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.11) も含まれています。

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

5. Line 6 Updater の最新版(1.11) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.20) へアップデートします。 アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK) を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.20は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

 

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.20) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。


■ 新しい機能

- 2.20で追加された新しい22種類のモデルに対応

■ バグ修正

- ごく稀にVolume/Panを含むプリセットの不具合で、Volumeが0%になることがある問題を解決しました。

- 特定のRoland社製キーボードが出力するアクティブなMIDIメッセージが、HelixのMIDIの発信に影響する場合がある問題を解決しました。

- ArchetypeアンプモデルのChannel Volumeの変化が正しくない問題を解決しました。

- その他小さなバグの修正と最適化

■ 既知の問題点

- Helix Editorからスナップショットを変更する際、ブロックのリドローが通常よる遅くなります。これは実際のスナップショットの選択には影響しません。

- VariaxがHelixに接続されている場合、MIDIチャンネル16はVariax Workbench HDがVariaxとのコミュニケーションに使用されるため、使用しないようにしてください。これは仕様となります。同様に、Variax Workbenchは、DAW上でMIDIトラックを録音待機もしくは再生する際には使用しないでください。

- ごく稀に、HelixはMIDIクロックを受信中にプリセットを高速で切り替えるとフリーズする場合があります。

- Variax Workbenchでプリセットをアップロード/ダウンロードしている間は、Helixのプリセットを編集しないようにしてください。Helix Editorは接続を見失う場合があります。

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 89 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor v2.11 リリースノート

 

Helix v2.11.0 は新しいアンプ/エフェクト・モデル、機能の追加・修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.11をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

 

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.00の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.00となります。

 

注:新しい2.11のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.11) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。 http://line6.com/software/ ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.10) も含まれています。

 

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

 

5. Line 6 Updater の最新版(1.10) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.11) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

 

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.11は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

 

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.11) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

 

<バグ(不具合)の修正>

- 2.10より前のバージョンで作られたスナップショットを含むプリセットをインポートした際、エクスプレッションペダルのスクリブルストリップ上にEXP2が表示されない場合がある問題を修正

- 2.10より前のバージョンで作られたIR 127もしくは128がロードされたプリセットをインポートした際に不具合が生じる場合がある問題を修正

- Bypass Assign > Waitのデフォルト値がハードウェア上では 300ms であるのに対して、Helix Editで選択した際は 100ms になっている問題を修正

- Bypass Assign >カスタムラベルおよびSwitch LED パラメーターが、見えているにも関わらずEXP 1/2/3 および Variax Vol/Toneに適用されない問題を修正

- スナップショットを選択した際、ごく稀にインプット・ブロックが"None"に戻って反応しなくなってしまう場合がある問題を修正

- 連続可変のBypassアサインが存在するプリセットが複数のスナップショット設定を含んでいる場合、ごく稀にいくつかのパラメーターが正しくリコールされない場合がある問題を修正

- 全般的な安定性の向上

- その他の小さなバグ修正と最適化

 

<既知の問題点>

- Heix Editでスナップショットを変更する際、ブロックのリドローが通常より遅くなりますが、これは実際のスナップショットの選択には影響しません。

- Helix editor から自動Enable/Bypassがアサインされたブロックをコピー/ペーストする際、実際には正しくペーストされているにも関わらず”Cannot paste block” というエラーメッセージが出る場合があります。
対処法: プリセットをセーブして、再度アプリケーションを同期させます。

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 79 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor v2.11 リリースノート

 

Helix v2.11.0 は新しいアンプ/エフェクト・モデル、機能の追加・修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.11をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

 

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.00の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.00となります。

 

注:新しい2.11のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.11) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。 http://line6.com/software/ ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.10) も含まれています。

 

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

 

5. Line 6 Updater の最新版(1.10) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.11) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

 

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.11は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

 

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.11) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

 

<バグ(不具合)の修正>

- 2.10より前のバージョンで作られたスナップショットを含むプリセットをインポートした際、エクスプレッションペダルのスクリブルストリップ上にEXP2が表示されない場合がある問題を修正

- 2.10より前のバージョンで作られたIR 127もしくは128がロードされたプリセットをインポートした際に不具合が生じる場合がある問題を修正

- Bypass Assign > Waitのデフォルト値がハードウェア上では 300ms であるのに対して、Helix Editで選択した際は 100ms になっている問題を修正

- Bypass Assign >カスタムラベルおよびSwitch LED パラメーターが、見えているにも関わらずEXP 1/2/3 および Variax Vol/Toneに適用されない問題を修正

- スナップショットを選択した際、ごく稀にインプット・ブロックが"None"に戻って反応しなくなってしまう場合がある問題を修正

- 連続可変のBypassアサインが存在するプリセットが複数のスナップショット設定を含んでいる場合、ごく稀にいくつかのパラメーターが正しくリコールされない場合がある問題を修正

- 全般的な安定性の向上

- その他の小さなバグ修正と最適化

 

<既知の問題点>

- Heix Editでスナップショットを変更する際、ブロックのリドローが通常より遅くなりますが、これは実際のスナップショットの選択には影響しません。

- Helix editor から自動Enable/Bypassがアサインされたブロックをコピー/ペーストする際、実際には正しくペーストされているにも関わらず”Cannot paste block” というエラーメッセージが出る場合があります。
対処法: プリセットをセーブして、再度アプリケーションを同期させます。

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 88 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor v2.10 リリースノート

 

Helix v2.10は新しいアンプ/エフェクト・モデル、機能の追加・修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.10をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1.全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

 

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.00の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.00となります。

 

注:新しい2.10のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.10) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.10) も含まれています。

 

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

 

5. Line 6 Updater の最新版(1.10) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.10) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

 

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.10は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.10) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

 

新しい機能

- EXP 1/2/3 およびVariax Volume/Tone ノブからのブロックのEnable/Bypass自動切替 :連続してプロセッシングするタイプのブロック(ワウやワーミー等)が、EXP 1、 EXP 2、EXP 3あるいは Variaxのボリューム/トーンノブを動かすだけでEnable/Bypassを切り替えることができるようになりました。MENUに続けてノブ 1 (Bypass Assign)を押します。ノブ 1 (Switch) を回して目的のスイッチを選択します。 連続可変タイプのコントローラーを選択している場合は、ノブ 2 (Position) および ノブ 3 (Wait) が表示されます。

-

Bypass Assign > Positionパラメーター:Positionは、ブロックで設定されているエクスプレッション・ペダルやVariaxノブの可動範囲のどの位置で切替を行うかを定義します。例えば、1%に設定されている場合、ベダルがヒール・ポジションに動かされたときにブロックはオフになります。99%に設定されている場合は、トー・ポジションに動かされるとオンになります。ポジションに関係なく、オン/オフを入れ替えるには、BYPASSボタンを押します。

- Bypass Assign > Waitパラメーター:Waitは、エクスプレッション・ペダルやVariaxノブがPosition設定を下回った際、ブロックがオフになるまでの時間を定義します。例えば、ワウを効かせたかっこいいファンク・ソロの途中で、ヒール・ポジションに行く度にすぐにオフになってしまったりしないようにする事ができます。

- MIDI経由でのブロックバイパス:個々のプロセッシング・ブロックは、外部からのMIDI CCメッセージでEnable/Bypassが切り替えられるようになりました。MENUボタン、続いてノブ 1(Bypass Assign)を押します。ノブ4(MIDI In) をまわして目的のMIDI CCを選択します。CC値0-63はブロックをオフに、64-127はオンにします。いくつかのMIDI CCは、他の共通機能向けにリザーブされているため、選択できないようになっています。

- バイパス・アサインのラーン機能対応:コントローラー・アサインと同様に、選択したブロックのバイパス・アサインも手動で設定する以外に、ソースを「ラーン」機能で覚えさせる事ができるようになりました。Bypass Assignのスクリーン上で、ノブ6 (Learn) を押し、目的のフットスイッチ、エクスプレッション・ペダル、Variaxノブ、MIDI CCを設定します。Helixは、ノブ1の上にスイッチを、MIDI CCの場合はノブ4(MIDI In)の上に表示します。

- 全てのバイパス・アサインを一括でクリア:すべてのバイパス・アサインを一度にクリアできるようになりました。Bypass AssignのスクリーンからACTION を押し、続いて ノブ 1 (Clear All Assignments). そして確認のためノブ 6 (OK) を押します。

- スナップショット時のフットスイッチのLED カラー:スナップショット時のフットスイッチの色を選択できるようになりました。PRESETSノブ、続いて ノブ 6 (Rename Snapshot)を押します。 ノブ 5 (LED Color) を回して目的の色を選択します。 “Auto Color” はデフォルトの赤です。
注:現時点では、Helixアプリケーションからスナップショット時のフットスイッチの色を設定することはできません。

- Split > Y パランス・パラメーター:これまでのSplit > Y ブロックは左右両方の信吾をパスAとBに均等に送っていました。2.10では、パスAとBに送る信号の個々のバランス(パン)をコントロールできるようになりました。デフォルトでは “Center”に設定されており、従来のSplit > Yブロックと同様に動作します。

- MIDIパンツのサポート

 

改善と変更

- Delay > Vintage DigitalにHeadroomのパラメーターを追加しました。

- スナップショットで現在のアクティブなエクスプレッション・コントローラー (EXP 1 もしくは EXP 2) をペダル上でリコールできるようになりました。

- Split > Y がバイパスできるようになりました。バイパス時には、ブロックは左右両方の信号をパスA/Bに均等に送ります。(従来のSplit Yブロック同様)

- ルーパー・モード時のLEDが、状態がより分かりやすいdim/litの2段階表示になりました。

-ペダルエディットモードで、選択されていないパラメーターのスイッチのLEDがdim表示になりました。

- プリセット、セットリスト、スナップショットおよびストンプモードのカスタムラベルの名前を付ける際、リストでスラッシュ「/」が選択できるようになりました。

- Bypass Assign > ノブ 1 (Footswitch)は 、より適切に意味を反映するため“Switch” に変更されました。

- タップ・テンポはプリセットの歪み具合に影響しなくなりました。

- ファクトリープリセット・バンドルのマイナー・アップデート

- ユーザーがアップデートの手順に従わなかった場合、Helixは毎週木曜日の午後1時から3時の間、ユーザーの車のラジオからポルカ・デスメタルしか流れないようにしてしまいます。

 

既知の問題点

- ごく稀に、Volume/Pan を含んだデータの破損したプリセットで、ボリュームペダルが0%に落ちる事があります。このような場合では、ボリュームペダルを完全に消去してから、再度追加します。もし同じプリセットでこの問題が繰り返される場合は、Line 6 カスタマーサービスに連絡してください。

- Bypass Assign > Wait のデフォルト値がハードウエア上では300msなのに、Helix Editで選択した場合は100ms になっている。

- Helix editor から自動Enable/Bypassがアサインされたブロックをコピー/ペーストする際、実際には正しくペーストされているにも関わらず”Cannot paste block” というエラーメッセージが出る場合があります。
対処法:プリセットをセーブして、再度アプリケーションを同期させます。

 

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 79 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor v2.10 リリースノート

 

Helix v2.10は新しいアンプ/エフェクト・モデル、機能の追加・修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。

 

<重要>2.10をインストールするには以下の手順に従う必要があります!

 

1.全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。

 

2. 現在インストール済みのHelix (Edit)アプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが2.00の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは2.00となります。

 

注:新しい2.10のファクトリープリセットに影響を与えずセットリストに復元するには、セットリスト単位でバックアップを取る事をお勧めします。

 

3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.10) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードは以下より行ってください。http://jp.line6.com/software/
ここには最新バージョンのLine 6 Updater (1.10) も含まれています。

 

4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。

 

5. Line 6 Updater の最新版(1.10) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.10) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。

 

6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。

 

<重要>全てのグローバル設定をリセットし、プリセットをリストアする必要があります。これを行わないとHelix 2.10は正しく動作しませんので、今すぐ必ず行ってください。

 

7. グローバル設定をリセットし、プリセットをリストアするため、Helix/Helix Rackの電源を切ります。

 

HELIX: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。

HELIX RACK: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。

 

8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.10) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

 

新しい機能

- EXP 1/2/3 およびVariax Volume/Tone ノブからのブロックのEnable/Bypass自動切替 :連続してプロセッシングするタイプのブロック(ワウやワーミー等)が、EXP 1、 EXP 2、EXP 3あるいは Variaxのボリューム/トーンノブを動かすだけでEnable/Bypassを切り替えることができるようになりました。MENUに続けてノブ 1 (Bypass Assign)を押します。ノブ 1 (Switch) を回して目的のスイッチを選択します。 連続可変タイプのコントローラーを選択している場合は、ノブ 2 (Position) および ノブ 3 (Wait) が表示されます。

-

Bypass Assign > Positionパラメーター:Positionは、ブロックで設定されているエクスプレッション・ペダルやVariaxノブの可動範囲のどの位置で切替を行うかを定義します。例えば、1%に設定されている場合、ベダルがヒール・ポジションに動かされたときにブロックはオフになります。99%に設定されている場合は、トー・ポジションに動かされるとオンになります。ポジションに関係なく、オン/オフを入れ替えるには、BYPASSボタンを押します。

- Bypass Assign > Waitパラメーター:Waitは、エクスプレッション・ペダルやVariaxノブがPosition設定を下回った際、ブロックがオフになるまでの時間を定義します。例えば、ワウを効かせたかっこいいファンク・ソロの途中で、ヒール・ポジションに行く度にすぐにオフになってしまったりしないようにする事ができます。

- MIDI経由でのブロックバイパス:個々のプロセッシング・ブロックは、外部からのMIDI CCメッセージでEnable/Bypassが切り替えられるようになりました。MENUボタン、続いてノブ 1(Bypass Assign)を押します。ノブ4(MIDI In) をまわして目的のMIDI CCを選択します。CC値0-63はブロックをオフに、64-127はオンにします。いくつかのMIDI CCは、他の共通機能向けにリザーブされているため、選択できないようになっています。

- バイパス・アサインのラーン機能対応:コントローラー・アサインと同様に、選択したブロックのバイパス・アサインも手動で設定する以外に、ソースを「ラーン」機能で覚えさせる事ができるようになりました。Bypass Assignのスクリーン上で、ノブ6 (Learn) を押し、目的のフットスイッチ、エクスプレッション・ペダル、Variaxノブ、MIDI CCを設定します。Helixは、ノブ1の上にスイッチを、MIDI CCの場合はノブ4(MIDI In)の上に表示します。

- 全てのバイパス・アサインを一括でクリア:すべてのバイパス・アサインを一度にクリアできるようになりました。Bypass AssignのスクリーンからACTION を押し、続いて ノブ 1 (Clear All Assignments). そして確認のためノブ 6 (OK) を押します。

- スナップショット時のフットスイッチのLED カラー:スナップショット時のフットスイッチの色を選択できるようになりました。PRESETSノブ、続いて ノブ 6 (Rename Snapshot)を押します。 ノブ 5 (LED Color) を回して目的の色を選択します。 “Auto Color” はデフォルトの赤です。
注:現時点では、Helixアプリケーションからスナップショット時のフットスイッチの色を設定することはできません。

- Split > Y パランス・パラメーター:これまでのSplit > Y ブロックは左右両方の信吾をパスAとBに均等に送っていました。2.10では、パスAとBに送る信号の個々のバランス(パン)をコントロールできるようになりました。デフォルトでは “Center”に設定されており、従来のSplit > Yブロックと同様に動作します。

- MIDIパンツのサポート

 

改善と変更

- Delay > Vintage DigitalにHeadroomのパラメーターを追加しました。

- スナップショットで現在のアクティブなエクスプレッション・コントローラー (EXP 1 もしくは EXP 2) をペダル上でリコールできるようになりました。

- Split > Y がバイパスできるようになりました。バイパス時には、ブロックは左右両方の信号をパスA/Bに均等に送ります。(従来のSplit Yブロック同様)

- ルーパー・モード時のLEDが、状態がより分かりやすいdim/litの2段階表示になりました。

-ペダルエディットモードで、選択されていないパラメーターのスイッチのLEDがdim表示になりました。

- プリセット、セットリスト、スナップショットおよびストンプモードのカスタムラベルの名前を付ける際、リストでスラッシュ「/」が選択できるようになりました。

- Bypass Assign > ノブ 1 (Footswitch)は 、より適切に意味を反映するため“Switch” に変更されました。

- タップ・テンポはプリセットの歪み具合に影響しなくなりました。

- ファクトリープリセット・バンドルのマイナー・アップデート

- ユーザーがアップデートの手順に従わなかった場合、Helixは毎週木曜日の午後1時から3時の間、ユーザーの車のラジオからポルカ・デスメタルしか流れないようにしてしまいます。

 

既知の問題点

- ごく稀に、Volume/Pan を含んだデータの破損したプリセットで、ボリュームペダルが0%に落ちる事があります。このような場合では、ボリュームペダルを完全に消去してから、再度追加します。もし同じプリセットでこの問題が繰り返される場合は、Line 6 カスタマーサービスに連絡してください。

- Bypass Assign > Wait のデフォルト値がハードウエア上では300msなのに、Helix Editで選択した場合は100ms になっている。

- Helix editor から自動Enable/Bypassがアサインされたブロックをコピー/ペーストする際、実際には正しくペーストされているにも関わらず”Cannot paste block” というエラーメッセージが出る場合があります。
対処法:プリセットをセーブして、再度アプリケーションを同期させます。

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra, macOS High Sierra
( 88 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor v2.01 リリースノーツ

 
Helix v2.01.0 は新しい機能、修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
重要! 新しいソフトウェアをインストールする前に必ずお読みください。
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelixアプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが1.12の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは1.12となります。
 
注:新しい2.01のファクトリープリセットに影響を与えずに空のセットリストに復元するには、個々のセットリストのバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードはこちらから行ってください: http://jp.line6.com/software/ 。ここに最新バージョンのLine 6 Updater (1.09) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. 新しいLine 6 Updater (1.09) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.01) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
“Will reset Globals and restore stock Presets, Setlists and IRs…”のメッセージを待ち、そのまま進めます。
Helix 2.01を正しく機能させるためには、グローバル設定をリセットし、プリセットを再構築する必要があります。
 
7. Helix/Helix Rackの電源を切ります。
Helix: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。
Helix Rack: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.01) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。
 

改善点

- Tapテンポに加えて、スナップショットとフットスイッチにもGlobal Settings > Preferences > Tap Tempo Pitch settingが適用されます。

- Ver2.0で新しいプリセットを作成した場合のギター入力インピーダンス設定が“Auto”に変わりましたが、既存のファクトリープリセットでもその設定が反映されるようになりました。

 

バグ・フィックス

- 多くのコントローラー・アサインが含まれた2.0未満のバージョン(v1.x)で作成された特定のプリセットにおいて、アップデート後に適切にプリセットが再構築されないことがある問題を修正しました。

- Controller Assignの画面からフットスイッチのLEDパラメーターが切り替わらなかった問題を修正しました。

- 稀に、エクスポートしたExt AmpとNote Onメッセージの状態がインポートすると無視される問題を修正しました。

- Helix > Preferences > Stereo IR Importの設定が記憶できない問題を修正しました。

- プリセット、セットリスト、またはIRをロード/エクスポート中にキー・コマンドを操作すると動作が不安定になる問題を修正しました。

- 全般的な安定性の向上

- 軽微なバグ修正と最適化

 

既知の問題点

- Distortion > Bitcrusher Bit Depthパラメーターが“undefined”と表示されるにもかかわらず、ハードウェアからは正常に機能する

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra
( 87 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor v2.01 リリースノーツ

 
Helix v2.01.0 は新しい機能、修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
重要! 新しいソフトウェアをインストールする前に必ずお読みください。
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelixアプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが1.12の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは1.12となります。
 
注:新しい2.01のファクトリープリセットに影響を与えずに空のセットリストに復元するには、個々のセットリストのバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードはこちらから行ってください: http://jp.line6.com/software/ 。ここに最新バージョンのLine 6 Updater (1.09) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. 新しいLine 6 Updater (1.09) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.01) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
“Will reset Globals and restore stock Presets, Setlists and IRs…”のメッセージを待ち、そのまま進めます。
Helix 2.01を正しく機能させるためには、グローバル設定をリセットし、プリセットを再構築する必要があります。
 
7. Helix/Helix Rackの電源を切ります。
Helix: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。
Helix Rack: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.01) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。
 

改善点

- Tapテンポに加えて、スナップショットとフットスイッチにもGlobal Settings > Preferences > Tap Tempo Pitch settingが適用されます。

- Ver2.0で新しいプリセットを作成した場合のギター入力インピーダンス設定が“Auto”に変わりましたが、既存のファクトリープリセットでもその設定が反映されるようになりました。

 

バグ・フィックス

- 多くのコントローラー・アサインが含まれた2.0未満のバージョン(v1.x)で作成された特定のプリセットにおいて、アップデート後に適切にプリセットが再構築されないことがある問題を修正しました。

- Controller Assignの画面からフットスイッチのLEDパラメーターが切り替わらなかった問題を修正しました。

- 稀に、エクスポートしたExt AmpとNote Onメッセージの状態がインポートすると無視される問題を修正しました。

- Helix > Preferences > Stereo IR Importの設定が記憶できない問題を修正しました。

- プリセット、セットリスト、またはIRをロード/エクスポート中にキー・コマンドを操作すると動作が不安定になる問題を修正しました。

- 全般的な安定性の向上

- 軽微なバグ修正と最適化

 

既知の問題点

- Distortion > Bitcrusher Bit Depthパラメーターが“undefined”と表示されるにもかかわらず、ハードウェアからは正常に機能する

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 76 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor v2.00 リリースノーツ

Helix v2.00は新しい機能、修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
重要! 新しいソフトウェアをインストールする前に必ずお読みください。
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelixアプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが1.12の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは1.12となります。
 
注:新しい2.0のファクトリープリセットに影響を与えずに空のセットリストに復元するには、個々のセットリストのバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードはこちらから行ってください:http://jp.line6.com/software/ 。ここに最新バージョンのLine 6 Updater (1.09) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. 新しいLine 6 Updater (1.09) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.00) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
7. Helix/Helix Rackの電源を切ります。
Helix: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。
Helix Rack: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
“Will reset Globals and restore stock Presets, Setlists and IRs…”のメッセージを待ち、そのまま進めます。
Helix 2.0を正しく機能させるためには、グローバル設定をリセットし、プリセットを再構築する必要があります。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

新しい機能

- スナップショット — アンプ/エフェクトブロックのオン/オフ、最大64のパラメータ値、特定のコマンドセンターの設定、テンポ、あるいはディレイ/リバーブ/FXループで音切れなく切り替えるTrailの設定等、1つのプリセット内で8種類の異なる設定を「スナップショット」として保存し、それぞれを瞬時に呼び出す事ができます。
大きなプリセットネームの下にあるグレーのボックスをクリックして目的のスナップショットをリストから選択します。

- スナップショットのコピー/ペースト — コピーしたいスナップショットを選択し、カメラのアイコンをクリックして”Copy”を選択します。上書きしたいスナップショットを選択して、カメラのアイコンをクリックして”Paste”を選択します。

- スナップショットの名前の変更 — カメラのアイコンを選択して”Rename”を選択します。
ショートカット:スナップショットの名前をクリックして長押し

- テンポ設定 — Tempoボックス(TAPの左側)をクリックしてPer Snapshot、Per Preset (初期設定)、 Globalのいずれかを選択

- Variaxパラメータのコントローラー・アサイン — Controllers (Snapshotsを含む)でVariaxのパラメータをコントロール/リコールできるようになりました。これにより、フットスイッチで2つのギターモデルを切り替えたり、Variaxのトーンノブをエクスプレッション・ペダルでコントロールしたり、Momentary フットスイッチにドロップDをアサインしたり, スナップショット毎に全く異なるチューニングを呼び出すと言ったクールな使い方ができます。
特別な設定はなく、単に他と同様にコントローラーにVariaxのパラメータをアサインするだけです。

- 追加されたショートカット

Shift-Command-C (Win: Ctrl-Shift-C): 選択中のスナップショットをクリップボードにコピー
Shift-Command-V (Win: Ctrl-Shift-V): コピーしたスナップショットを、選択中のスナップショットにペースト
Shift-Command-R (Win: Ctrl-Shift-R): 選択中のスナップショットの名前を変更

その他の改善点

- コントローラーが割り当てられている場合は、値を括弧書きで白く表示
- フットスイッチのアサインページを 、機能をより適切に表現するため“Bypass Assign” に変更
- Helix Application Pilot’s Guideが2.0にアップデート。ヘルプメニューより参照可能。 (英語版のみ)

バグ・フィックス

- 安定性の向上
- 軽微なバグ修正と最適化

既知の問題点
- 128種類以上のIRをHelix アプリケーションにドラッグした場合、IRが全くロードされない
- コントローラーのアサインを解除した場合も、値を囲む括弧表示が消えない場合がある

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra
( 87 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor v2.00 リリースノーツ

Helix v2.00は新しい機能、修正、安定性の向上や最適化を含むソフトウェア・アップデートです。このアップデートは、全てのHelix ユーザーに強く推奨されます。
 
重要! 新しいソフトウェアをインストールする前に必ずお読みください。
 
1. 全てのLine 6ソフトウェアと、iTunesやSpotify、DAWなどオーディオのストリーミングを行う全てのソフトウェアを終了します。
 
2. 現在インストール済みのHelixアプリケーションを使って、全てのプリセットとIRをバックアップします。Helixのファームウェアが1.12の場合、バックアップに使用するHelixアプリケーションのバージョンは1.12となります。
 
注:新しい2.0のファクトリープリセットに影響を与えずに空のセットリストに復元するには、個々のセットリストのバックアップを取る事をお勧めします。
 
3. 現在使用しているHelixアプリケーションを終了して、新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) のダウンロードとインストールを行います。ダウンロードはこちらから行ってください:http://jp.line6.com/software/ 。ここに最新バージョンのLine 6 Updater (1.09) も含まれています。
 
4. Helix RackにHelix Controlを接続している場合は、接続を解除します。
 
5. 新しいLine 6 Updater (1.09) を使ってHelixまたはHelix Rackを最新ファームウェア (2.00) へアップデートします。アップデートの最後のプロセスでは、Helix/Helix Rackは自動的に再起動し、プリセットを再構築しますので、このプロセスが終了するのを待ちます。
 
6. Helix ControlをHelix Rackと使用している場合は、双方を接続してHelix Controlの電源を入れると、ファームウェアをアップデートするかどうかの確認画面が現れます。ノブ6(OK)を押して、アップデートが終了するのを待ちます。
 
7. Helix/Helix Rackの電源を切ります。
Helix: フットスイッチの9と10(下の列真ん中2つ) を押しながら電源を投入します。
Helix Rack: スクリーン下のノブ5と6を押しながら電源を投入します。
 
“Will reset Globals and restore stock Presets, Setlists and IRs…”のメッセージを待ち、そのまま進めます。
Helix 2.0を正しく機能させるためには、グローバル設定をリセットし、プリセットを再構築する必要があります。
 
8. 新しいHelix Editorアプリケーション (2.00) を使用して、上記ステップ2でバックアップした全てのユーザー・プリセットを復元します。

新しい機能

- スナップショット — アンプ/エフェクトブロックのオン/オフ、最大64のパラメータ値、特定のコマンドセンターの設定、テンポ、あるいはディレイ/リバーブ/FXループで音切れなく切り替えるTrailの設定等、1つのプリセット内で8種類の異なる設定を「スナップショット」として保存し、それぞれを瞬時に呼び出す事ができます。
大きなプリセットネームの下にあるグレーのボックスをクリックして目的のスナップショットをリストから選択します。

- スナップショットのコピー/ペースト — コピーしたいスナップショットを選択し、カメラのアイコンをクリックして”Copy”を選択します。上書きしたいスナップショットを選択して、カメラのアイコンをクリックして”Paste”を選択します。

- スナップショットの名前の変更 — カメラのアイコンを選択して”Rename”を選択します。
ショートカット:スナップショットの名前をクリックして長押し

- テンポ設定 — Tempoボックス(TAPの左側)をクリックしてPer Snapshot、Per Preset (初期設定)、 Globalのいずれかを選択

- Variaxパラメータのコントローラー・アサイン — Controllers (Snapshotsを含む)でVariaxのパラメータをコントロール/リコールできるようになりました。これにより、フットスイッチで2つのギターモデルを切り替えたり、Variaxのトーンノブをエクスプレッション・ペダルでコントロールしたり、Momentary フットスイッチにドロップDをアサインしたり, スナップショット毎に全く異なるチューニングを呼び出すと言ったクールな使い方ができます。
特別な設定はなく、単に他と同様にコントローラーにVariaxのパラメータをアサインするだけです。

- 追加されたショートカット
    
     Shift-Command-C (Win: Ctrl-Shift-C): 選択中のスナップショットをクリップボードにコピー
     Shift-Command-V (Win: Ctrl-Shift-V): コピーしたスナップショットを、選択中のスナップショットにペースト
     Shift-Command-R (Win: Ctrl-Shift-R): 選択中のスナップショットの名前を変更

その他の改善点

- コントローラーが割り当てられている場合は、値を括弧書きで白く表示
- フットスイッチのアサインページを 、機能をより適切に表現するため“Bypass Assign” に変更
- Helix Application Pilot’s Guideが2.0にアップデート。ヘルプメニューより参照可能。 (英語版のみ)

バグ・フィックス

- 安定性の向上
- 軽微なバグ修正と最適化

既知の問題点
- 128種類以上のIRをHelix アプリケーションにドラッグした場合、IRが全くロードされない
- コントローラーのアサインを解除した場合も、値を囲む括弧表示が消えない場合がある
 

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 76 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor v1.12 Release Notes

 Helix Editor 1.12 is a free update that includes new fixes, stability improvements, and optimizations.

 

IMPORTANT! READ BEFORE INSTALLING ANY NEW SOFTWARE!

 

If you have already updated Helix or Helix Rack’s firmware to 1.12:

 

1. Install the 1.12 Editor update, available at http://line6.com/software/. Check the “Beta” box.

 

 

If you have NOT already updated Helix/Helix Rack’s firmware to 1.12, please follow the instructions below:

 

1. Shut down all Line 6 software as well as any software that streams audio, including, but not limited to: iTunes, Spotify, DAWs, etc.

 

2. Use your CURRENT EXISTING Helix application to back up all of your presets and IRs. If you’re running Helix FW 1.06 or 1.06.5, your current Helix application version should be 1.04. If you’re running Helix FW 1.10, your current Helix application version should be 1.11.

 

3. Quit the CURRENT EXISTING Helix application and download and install the NEW Helix editor (1.12), available here: http://line6.com/software/ This also installs the newest version of Line 6 Updater (1.09).

 

4. If you’re using Helix Rack with Helix Control, turn off Helix Control.

 

5. Using the new Line 6 Updater (1.09), update Helix (or Helix Rack) to the newest firmware (1.12.0). If you’re using Helix Rack with Helix Control, after Helix Rack has been updated, connect and power on Helix Control, and it will update automatically.

 

6. Using the latest Helix editor (1.12), restore all user presets and IRs.

 

NEW FEATURES

- Scribble strips and footswitch LED colors can now be customized from the Footswitch Assign, Controller Assign, and Command Center screens for any items assigned to a footswitch

- Processing blocks can be copied and pasted. Control-click (Win: Right-click) a block and select “Copy Block.” Control/right-click the destination location or block you want to overwrite and select “Paste Block.”

- Additional keyboard shortcuts:

H - Selects the Home tab

F - Selects the Footswitch Assign tab

C - Selects the Controller Assign tab

M - Selects the Command Center tab

G - Selects the Global EQ screen

P - Selects the Preset list

I - Selects the Impulse Responses list

A - Selects and cycles through Amp+Cab, Amp, and/or Preamp tonestacks

T - Tap Tempo

Space Bar - Toggles the currently selected block on and off

Tab - Toggles focus between the librarian and editor windows

Arrow Up/Down/Left/Right (Editor) - Selects the current block

Arrow Up/Down/Left/Right (Model List) - Navigates the model list

Arrow Up/Down (Librarian) - Navigates the preset or IR list

Enter/Return (Librarian) - Loads the selected preset

[,][.], [-][+] - Manually adjusts the most recently clicked slider

Shift-[,][.], Shift-[-][+] - Manually adjusts the most recently clicked slider faster

Command-C (Win: Control-C) - Copies the current block

Command-V (Win: Control-V) - Pastes the block

Command-S (Win: Control-S) - Saves the preset

Control-click (Win: Right-click) a slider - Allows for manually entering a value

Command-click (Win: Control-click) a slider - Resets to default value

 

OTHER IMPROVEMENTS

- Input > Multi and Input > Variax now displays a Variax Volume slider

- A light blue box surrounds either the librarian or editor panel, telling you which one is in focus; press Tab to toggle between them

- Block selection is now synchronized between Helix and the Helix editor

- A confirmation dialog now appears when attempting to clear all controllers

- Added graphics for Input > USB 3/4, USB 5/6, and USB 7/8

- Manually entering delay Time values is now accomplished in milliseconds, not seconds

- The Helix firmware indicator in the upper left corner now reads “Firmware”

 

BUG FIXES

- A USB port driver issue within OS X El Capitan precluded certain computers (namely MacBook Pros and iMacs from mid-2012) from allowing communication between Helix and the Helix Editor. Note: You must update OS X to El Capitan 10.11.4 - FIXED

- Quickly moving an expression pedal assigned to many parameters can sometimes cause disconnection with Helix on Windows 7 - FIXED

- Note sync was not assignable to a controller - FIXED

- Importing a bundle while streaming audio could cause the Helix editor to disconnect - FIXED

- Removing the last block on parallel path B would display a floating “None” block until a different block was selected - FIXED

- Certain menu sliders could behave erratically when a footswitch had eight items assigned - FIXED

- Moving blocks could automatically select EXP 2 if one of the blocks’ parameters defaulted to EXP 1 - FIXED

- Hardware and software could lose sync if a controller-assigned block was moved from Path 1A to 1B and back - FIXED

- The Looper block’s Footswitch Assign page displayed a momentary/latching slider - FIXED

- A couple effects parameters were incorrect or missing - FIXED

- Certain stereo delay models could display an incorrect Time parameter value - FIXED

- Helix editor would sometimes not open immediately after closing Line 6 Updater - FIXED

- General stability improvements

- Many other minor bug fixes and optimizations

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan, macOS Sierra
( 86 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Editor v1.12 Release Notes

 Helix Editor 1.12 is a free update that includes new fixes, stability improvements, and optimizations.

 

IMPORTANT! READ BEFORE INSTALLING ANY NEW SOFTWARE!

 

If you have already updated Helix or Helix Rack’s firmware to 1.12:

 

1. Install the 1.12 Editor update, available at http://line6.com/software/. Check the “Beta” box.

 

 

If you have NOT already updated Helix/Helix Rack’s firmware to 1.12, please follow the instructions below:

 

1. Shut down all Line 6 software as well as any software that streams audio, including, but not limited to: iTunes, Spotify, DAWs, etc.

 

2. Use your CURRENT EXISTING Helix application to back up all of your presets and IRs. If you’re running Helix FW 1.06 or 1.06.5, your current Helix application version should be 1.04. If you’re running Helix FW 1.10, your current Helix application version should be 1.11.

 

3. Quit the CURRENT EXISTING Helix application and download and install the NEW Helix editor (1.12), available here: http://line6.com/software/ This also installs the newest version of Line 6 Updater (1.09).

 

4. If you’re using Helix Rack with Helix Control, turn off Helix Control.

 

5. Using the new Line 6 Updater (1.09), update Helix (or Helix Rack) to the newest firmware (1.12.0). If you’re using Helix Rack with Helix Control, after Helix Rack has been updated, connect and power on Helix Control, and it will update automatically.

 

6. Using the latest Helix editor (1.12), restore all user presets and IRs.

 

NEW FEATURES

- Scribble strips and footswitch LED colors can now be customized from the Footswitch Assign, Controller Assign, and Command Center screens for any items assigned to a footswitch

- Processing blocks can be copied and pasted. Control-click (Win: Right-click) a block and select “Copy Block.” Control/right-click the destination location or block you want to overwrite and select “Paste Block.”

- Additional keyboard shortcuts:

H - Selects the Home tab

F - Selects the Footswitch Assign tab

C - Selects the Controller Assign tab

M - Selects the Command Center tab

G - Selects the Global EQ screen

P - Selects the Preset list

I - Selects the Impulse Responses list

A - Selects and cycles through Amp+Cab, Amp, and/or Preamp tonestacks

T - Tap Tempo

Space Bar - Toggles the currently selected block on and off

Tab - Toggles focus between the librarian and editor windows

Arrow Up/Down/Left/Right (Editor) - Selects the current block

Arrow Up/Down/Left/Right (Model List) - Navigates the model list

Arrow Up/Down (Librarian) - Navigates the preset or IR list

Enter/Return (Librarian) - Loads the selected preset

[,][.], [-][+] - Manually adjusts the most recently clicked slider

Shift-[,][.], Shift-[-][+] - Manually adjusts the most recently clicked slider faster

Command-C (Win: Control-C) - Copies the current block

Command-V (Win: Control-V) - Pastes the block

Command-S (Win: Control-S) - Saves the preset

Control-click (Win: Right-click) a slider - Allows for manually entering a value

Command-click (Win: Control-click) a slider - Resets to default value

 

OTHER IMPROVEMENTS

- Input > Multi and Input > Variax now displays a Variax Volume slider

- A light blue box surrounds either the librarian or editor panel, telling you which one is in focus; press Tab to toggle between them

- Block selection is now synchronized between Helix and the Helix editor

- A confirmation dialog now appears when attempting to clear all controllers

- Added graphics for Input > USB 3/4, USB 5/6, and USB 7/8

- Manually entering delay Time values is now accomplished in milliseconds, not seconds

- The Helix firmware indicator in the upper left corner now reads “Firmware”

 

BUG FIXES

- A USB port driver issue within OS X El Capitan precluded certain computers (namely MacBook Pros and iMacs from mid-2012) from allowing communication between Helix and the Helix Editor. Note: You must update OS X to El Capitan 10.11.4 - FIXED

- Quickly moving an expression pedal assigned to many parameters can sometimes cause disconnection with Helix on Windows 7 - FIXED

- Note sync was not assignable to a controller - FIXED

- Importing a bundle while streaming audio could cause the Helix editor to disconnect - FIXED

- Removing the last block on parallel path B would display a floating “None” block until a different block was selected - FIXED

- Certain menu sliders could behave erratically when a footswitch had eight items assigned - FIXED

- Moving blocks could automatically select EXP 2 if one of the blocks’ parameters defaulted to EXP 1 - FIXED

- Hardware and software could lose sync if a controller-assigned block was moved from Path 1A to 1B and back - FIXED

- The Looper block’s Footswitch Assign page displayed a momentary/latching slider - FIXED

- A couple effects parameters were incorrect or missing - FIXED

- Certain stereo delay models could display an incorrect Time parameter value - FIXED

- Helix editor would sometimes not open immediately after closing Line 6 Updater - FIXED

- General stability improvements

- Many other minor bug fixes and optimizations

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 75 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Application v1.04リリースノーツ

Helix Application 1.04は新機能や問題点の修正、安定性の向上、最適化を含む無償のソフトウェア・アップデートです。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します! 

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.04をインストールする必要があります!

 

問題点の修正
- Dimの値がLitの値より大きいとエクスポート/インポート時にCC Toggleが正しくレストアされない 
- 複数のIRやプリセットをインポートするとアプリがクラッシュする場合がある
- エクスポート/インポートの後でCC ToggleのDimとLitの状態が切り替わる 

既知の問題点
- Mac OS X上でHelixアプリケーションが自動起動に設定されている場合、稀に接続に失敗することがある
- オーディオをストリーミングしながらプリセットバンドルのインポートやエクスポートを行うと、Helixの接続が外れる場合がある

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 83 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helix Application v1.04リリースノーツ

Helix Application 1.04は新機能や問題点の修正、安定性の向上、最適化を含む無償のソフトウェア・アップデートです。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します! 

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.04をインストールする必要があります!

 

問題点の修正
- Dimの値がLitの値より大きいとエクスポート/インポート時にCC Toggleが正しくレストアされない 
- 複数のIRやプリセットをインポートするとアプリがクラッシュする場合がある
- エクスポート/インポートの後でCC ToggleのDimとLitの状態が切り替わる 

既知の問題点
- Mac OS X上でHelixアプリケーションが自動起動に設定されている場合、稀に接続に失敗することがある
- オーディオをストリーミングしながらプリセットバンドルのインポートやエクスポートを行うと、Helixの接続が外れる場合がある

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 73 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helixアプリケーション v1.03 リリースノーツ

Helixアプリケーション1.03は無償ソフトウェア・アップデートで、新機能や問題点の修正、安定性の向上と最適化が含まれています。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.03をインストールする必要があります!

新機能

  • Helixファームウェア1.06.0で使用されている新しいプリセット・フォーマットのサポート
  • 1.06.0で搭載された新しいHelixアンプ、ディストーション、モジュレーション、フィルター、ピッチ・モデルのバックアップとレストアのサポート
  • プリセットとIRのフォルダーのドラッグ&ドロップをサポート

問題点の修正

  • 全般的な安定性の向上
  • IRを使用した際の動作における安定性の向上
  • その他の軽微な問題点修正と最適化

既知の問題点

  • Mac OS Xで自動起動に設定されている場合に、稀にHelixアプリケーションが接続に失敗する
  • オーディオのストリーミング中にプリセット・バンドルのインポートやエクスポートを行った際にHelixの接続が解除される

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 48 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helixアプリケーション v1.03 リリースノーツ

Helixアプリケーション1.03は無償ソフトウェア・アップデートで、新機能や問題点の修正、安定性の向上と最適化が含まれています。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.03をインストールする必要があります!

新機能

  • Helixファームウェア1.06.0で使用されている新しいプリセット・フォーマットのサポート
  • 1.06.0で搭載された新しいHelixアンプ、ディストーション、モジュレーション、フィルター、ピッチ・モデルのバックアップとレストアのサポート
  • プリセットとIRのフォルダーのドラッグ&ドロップをサポート

問題点の修正

  • 全般的な安定性の向上
  • IRを使用した際の動作における安定性の向上
  • その他の軽微な問題点修正と最適化

既知の問題点

  • Mac OS Xで自動起動に設定されている場合に、稀にHelixアプリケーションが接続に失敗する
  • オーディオのストリーミング中にプリセット・バンドルのインポートやエクスポートを行った際にHelixの接続が解除される

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 74 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helixアプリケーションv1.02リリースノーツ

Helixアプリケーション1.02は無償ソフトウェア・アップデートで、新機能や問題点の修正、安定性の向上と最適化が含まれています。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.02をインストールする必要があります!

新機能
- Helixファームウェア1.04.1で使用された新しいプリセット・フォーマットのサポート
- 1.04.1の新しいHelixディレイ・モデルのバックアップやレストアをサポート

問題点の修正
- 全般的な安定性の向上の他の軽微な問題点修正と最適化
- その他の軽微な問題点修正と最適化

既知の問題点
- セットリストをインポートしてからバンドルをインポートするとHelixアプリの接続が解除される問題
- Mac OS X上で自動起動するよう設定した際に、稀にHelixアプリが接続に失敗する

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 48 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helixアプリケーションv1.02リリースノーツ

Helixアプリケーション1.02は無償ソフトウェア・アップデートで、新機能や問題点の修正、安定性の向上と最適化が含まれています。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.02をインストールする必要があります!

新機能
- Helixファームウェア1.04.1で使用された新しいプリセット・フォーマットのサポート
- 1.04.1の新しいHelixディレイ・モデルのバックアップやレストアをサポート

問題点の修正
- 全般的な安定性の向上の他の軽微な問題点修正と最適化
- その他の軽微な問題点修正と最適化

既知の問題点
- セットリストをインポートしてからバンドルをインポートするとHelixアプリの接続が解除される問題

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 74 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helixアプリケーションv1.01リリースノーツ

Helixアプリケーション1.01は無償ソフトウェア・アップデートで、新機能や問題点の修正、安定性の向上と最適化が含まれています。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.01をインストールする必要があります!

新機能

  • Windows 10サポートを追加

問題点の修正

  • 名称にアンダースコア文字 (“_”) が含まれるIRが正しくロードされない場合がある —修正済
  • プリセット名にアンダースコア (“_”) を入れられない 修正済
  • HelixアプリがImportボタンをクリックした際にIRファイルを1つだけインポート可能 修正済
  • HelixアプリがWindowsを使って88.2 kHzのIRファイルをインポートするとクラッシュする場合がある 修正済
  • 全般的な安定性の向上
  • その他の軽微な問題点修正と最適化

既知の問題点

  • セットリストをインポートしてからバンドルをインポートするとHelixアプリの接続が解除される問題
  • Mac OS X上で自動起動するよう設定した際に、稀にHelixアプリが接続に失敗する

Compatible OS: Windows 7, Windows 8, Windows 10
( 74 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

Helixアプリケーションv1.01リリースノーツ

Helixアプリケーション1.01は無償ソフトウェア・アップデートで、新機能や問題点の修正、安定性の向上と最適化が含まれています。本アップデートの実行を全てのHelixユーザーへ強く推奨します!

重要! バックアップしたプリセットをHelixへレストアする前に、Helixアプリケーションの最新バージョンv1.01をインストールする必要があります!

新機能

  • Windows 10サポートを追加

問題点の修正

  • 名称にアンダースコア文字 (“_”) が含まれるIRが正しくロードされない場合がある —修正済
  • プリセット名にアンダースコア (“_”) を入れられない 修正済
  • HelixアプリがImportボタンをクリックした際にIRファイルを1つだけインポート可能 修正済
  • HelixアプリがWindowsを使って88.2 kHzのIRファイルをインポートするとクラッシュする場合がある 修正済
  • 全般的な安定性の向上
  • その他の軽微な問題点修正と最適化

既知の問題点

  • セットリストをインポートしてからバンドルをインポートするとHelixアプリの接続が解除される問題
  • Mac OS X上で自動起動するよう設定した際に、稀にHelixアプリが接続に失敗する

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 48 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

このHelixアプリケーションはプリセットやセットリストの管理やバックアップに使用でき、またサードパーティ製IR (インパルス・レスポンス) をHelix上にロードできます。

Compatible OS: Mac OS X, Mac OS Mountain Lion, Mac OS Mavericks, Mac OS Yosemite, Mac OS El Capitan
( 48 MB )
Get Download

HX Edit      

Helix

このHelixアプリケーションはプリセットやセットリストの管理やバックアップに使用でき、またサードパーティ製IR (インパルス・レスポンス) をHelix上にロードできます。

このアプリ・インストーラーには、必要となるHelix Driverも含まれています。

Compatible OS: Windows 7, Windows 8
( 57 MB )
Get Download