POD HDシリーズ用の新たなファームウェア、日本語版ガイド、専用エディターを提供中
   


Line 6は、製品をより快適にお使い頂くためのアップデートやソフトウェアを継続的に提供しています。POD HDシリーズのファームウェア・アップデートや機種別に用意された専用エディターはLine 6 Monkeyで入手できます。詳細は以下のPDF書類にてご確認ください。

POD HDシリーズ
POD HDシリーズのフラッグシップ・モデルであるPOD HD500は、16種類のHDアンプ・モデルと100種類以上のMシリーズクオリティ・エフェクト(最大8エフェクトを同時使用可)を搭載し、本体上のLCDディスプレイとノブを活用したエディットが可能です。またPOD HD300、POD HD400は、16種類のHDアンプ・モデル全てと充実したMシリーズクオリティ・エフェクト(最大4エフェクトを同時使用可)を搭載し、本体上のノブで素早いエディットを行えるマルチエフェクト・ペダルで、魅力的な価格を実現しています。

各製品には印刷版パイロット・ガイドが付属していますが、内容を更新した新しいパイロット・ガイド (Rev.B)、日本語版アドバンスド・ガイド (PDF) は 「製品マニュアル」ページからダウンロードにてご提供しています。

最新のファームウェア・アップデート
POD HDシリーズ全機種を対象とするV1.3アップデートでは、6種類のHDアンプ・モデルの追加と、5種類のアンプ・パラメーターが追加されました。またPOD HD、POD HD500、POD HD Proを対象とするv1.4では、可変入力インピーダンスなどの機能が追加されています。

ファームウェア・アップデートv1.3に含まれている6種類のHDアンプ・モデルは、3種類のクラシックなアメリカン・コンボ (Fender® Deluxe Reverb® の "Vibrato" チャンネル、Fender® Twin Reverb® の "Vibrato" チャンネル、Fender® Bassman® の "Bright" チャンネル)、2種類のブリティッシュ・ハーフスタック (Park 75の "Normal" チャンネル、Marshall® JTM-45 MkIIの"Normal" チャンネル) の各チャンネルをベース*としたものと、ハイゲインなLine 6オリジナルで構成されています。

これらの新しいHDアンプ・モデルには、フル調整可能な5種類のアンプ・パラメーターも追加されます (従来のHDアンプ・モデルにも追加予定です)。真空管アンプ特有のフィールや挙動を、サグやハム、バイアス、バイアス・エクスカージョン、マスター・ボリュームといったパラメーターで、さらにカスタマイズ可能です。

ファームウェア・アップデートの手順は、以下のビデオでもご紹介しています。

ファームウェア・アップデートの後には、機能を最適化するためのキャリブレーションをお勧めいたします。キャリブレーション方法は、以下のPDFを参照ください。

製品に関する詳細はデータシート (PDF; 2 MB)でもご覧いただけます。