POD® HD500、POD HD Pro、POD HDマルチエフェクトを対象とする無償v2.1ファームウェア・アップデートが登場
   


2012年10月16日 米国カリフォルニア州カラバサス — Line 6は本日、POD® HD500、POD HD Pro、POD HD向けの無償v2.1ファームウェア・アップデートの line6.com でのダウンロード開始をアナウンスしました。新しいHDアンプ5種類が追加されるこのファームウェア・アップデートによりHDアンプ数が合計30となり、革新的なパフォーマンス・オプションも追加されます。

このv2.1ファームウェアは、プレミアムなモダン・アンプとして人気の高いSoldano® SLO100アンプの特徴的なクリーン、クランチ、オーバードライブ・トーンをベースとする魅力的なHDアンプ3種を追加。さらにカスタムデザインされたオリジナル、Line 6 DoomとEpicにより、PODファミリーの魅力的なハイゲイン・アンプ・コレクションが完全なものとなります。**

POD HD500やPOD HD Proは、革新的な方法でStageSource™ スピーカーへ接続可能となります。ミュージシャンはPOD HDのプリセットでStageSourceのSmart Speakerモードを瞬時にリコールでき、StageSourceとPOD HD500やHD Proの組み合わせが究極の統合FRFR (フラット・レンジ、フラット・レスポンス) ギター・システムとなります。

ミュージシャンが、ヴァース部分ではフルレンジのアコースティック・サウンド、コーラスでは2 x 12” ギター・キャビネットへと、フットスイッチを踏むだけで切り替え可能。そこからドラマティックなギター・シンセ・サウンドスケープに最適なキーボード・モードに変更することなどもできます。フラットな周波数特性を持つため、ボリュームの大小を問わず、スタジオで実現しているトーンをそのままオーディエンスへ届けることが可能。L6 LINK経由で複数のStageSourceスピーカーを追加すれば、ステレオ・エフェクト・コンフィギュレーションやウェット/ドライ、ウェット/ドライ/ウェットなどのセットアップも実現します。

POD HD500、POD HD Pro、POD HDユーザーは 無償v2.1ファームウェア・アップデート をダウンロードできます。

Line 6について
1996年にデジタル・ギター・アンプ・モデリング・テクノロジーを発明して以来、Line 6製品はミュージシャンとオーディオ・プロフェッショナルに向けた最先端のデジタル・オーディオ開発を実現してきました。Line 6ブランドが生まれた90年代半ば以前、共同設立者のマーカス・ライルとミシェル・ドゥワーディクはレコーディング業界を革新したデジタル・マルチトラッ ク・レコーダー、Alesis® ADAT® のメイン・ディベロッパーを務めていました。現在Line 6はPOD® マルチエフェクト・プロセッサーやPOD Farm® ソフトウェア・プラグイン、Spider® ギター・アンプ、プロフェッショナルな楽器やマイク用デジタル・ワイヤレス・システム、デジタル・ライブ・サウンド・ミキサー、スピーカーに加えて、Apple iOSディバイス向けのMobile In™ プレミアム・デジタル・ギター・インターフェースやMobile Keys™ キーボードを製造しています。詳細な情報は line6.jp をご覧ください。

*各製品名は各社が所有する商標であり、Line 6との関連や協力関係はありません。他社の商標は、Line 6がサウンド・モデルの開発において研究したトーンとサウンドを識別する目的でのみ使用されています。

**これらの新しいHDアンプ5種は、POD HD300、POD HD400には v2.0ファームウェア・アップデート で追加されています。