Line 6 Spider® アンプの販売台数が100万台に到達
    Bookmark and Share

—“デジタル・モデリング”を広く知らしめてきたSpiderギター・アンプのセールスがプラチナム・ヒットを記録—

2011年3月15日 米国カリフォルニア州カラバサス 音楽制作プロダクツ向けデジタル・モデリング・テクノロジーの業界リーダーであるLine 6, Inc. (line6.com) は本日、全世界でのSpider® デジタル・モデリング・ギター・アンプの販売数が100万台以上になったことをアナウンスしました。

Line 6の共同設立者で、現在は新規ビジネス開発担当のシニアVPを務めるマーカス・ライルは、「これほど多くのギタリストがSpiderアンプでトーンを生み出していることは、とても喜ばしいとともに光栄です」と述べています。「10年ほど前には、Line 6は小さなアンプ・メーカーに過ぎませんでした。現在は、とりわけ最近ファミリーへ追加されたSpider IVの成功が、この記念すべき数字に大きく貢献しています」。

新しい世代のSpiderアンプは、Line 6のアンプ・モデルと豪華なエフェクト・コレクション、他に類を見ないサウンドの自由度によりベストセラーを記録しています。この組み合わせが大きな成功を収めた結果、2007年から2010年において、Spiderアンプを購入したギタリストは、他のどんなタイプのギター・アンプより多くなっています。*

1999年にデビューしたSpiderアンプは、6種類のアンプ・モデル、7種類のエフェクト、10種類のエフェクトを搭載し、スピーカーのコンフィギュレーションは1x12、2x10、2x12から選択できました。このSpiderラインの現行シリーズは、Spider Valve™ MkII (真空管のグールーであるラインホルド・ボグナー氏と共同デザインした真空管アンプ・シリーズ)、Spider Jam™(著名ミュージシャンの演奏によるバッキング・トラックとジャム演奏の行えるトップセラー)、Spider IV (数多くのNo.1セラーが生まれているアンプ・ファミリー) へと拡張しています。

米国市場において、Spider IV 30はNo.1セラーの30Wアンプ、Spider IV 75はNo.1セラーの75Wアンプ、Spider IV 120はNo.1セラーの2x10ギター・アンプです。とりわけSpider IV 15は大きな成功を収めており、米国市場の全てのカテゴリーを含めてNo.1セラーとなっています。**

Spider IVギター・アンプは、様々な面においてユニークな特徴を持っています。まず、人気の高いアーティスト本人が設定したトーンや、彼らにインスパイアされたトーンにアクセス可能です。最新のSpider IVには、スリップノットやコヒード&カンプリア、ジョニー・マーらが自ら作成したオリジナルのプリセットが収められています。またLine 6 FBV™ MkIIフット・コントローラー経由でUSB接続が可能。これにより、ユーザーはSpider Editソフトウェアを使ってトーンのエディットや整理ができ、CustomeTone.comでトーンの交換も行えます。

1999年に発表されたオリジナルSpiderアンプ同様、Line 6は最先端のギター・アンプを作り続けますので、さらに記念すべき数字をお知らせすることを楽しみにしています。

* MI SalesTrak® 2007 – 2010レポー基づく基づく数字
** MI SalesTrak® 2010レポートによる数字

Line 6について
米国カリフォルニア州カラバサスに位置するLine 6は、ギターやアンプ、エフェクト、エフェクト・プロセッサー、レコーディング・インターフェースのトップ・メーカーです。Line 6は特許を取得したアンプ及びエフェクト・モデリングやデジタル・ワイヤレスのテクノロジーを搭載した、スタジオ及びステージのスタンダードとなる機器で世界中に知られています。Line 6は1996年にデジタル・ギター・アンプ・モデリング・テクノロジーを発明し、現在ギター・アンプのNo.1メーカーです。数々のアワードに輝く製品群は世界中のミュージシャンに使用され、無数のプラチナム・アルバムやGrammy® 受賞作品を支えています。Line 6は米国、中国、英国、日本などにオフィスを構え、60カ国以上にディストリビュートされています。詳細な情報はwww.line6.jpをご覧ください。