Line 6がStageSourceファミリーを機材を持ち運ぶミュージシャンに向けた新しいL2m、L2tスピーカーで拡張
    Bookmark and Share

秀逸なサウンドと抜群のDSPパワー、モジュラー構造と扱いやすいデジタル・ネットワーキングを搭載した、ポータブルかつパワフルなニュー・スピーカー

2013年1月24日 米国カリフォルニア州アナハイム — Line 6, Inc. (NAMMルーム212A) が本日アナウンスする新製品StageSource™ L2mおよびL2tスピーカーは、より高い自由度とポータブル性を兼ね備え、StageSourceファミリーをさらに拡張するモデルです。抜群のサウンドと他の追随を許さぬDSPパワー、モジュラー構造と独自L6 LINK™ デジタル・ネットワーキングを特徴とするStageSource L2m、StageSource L2tスピーカーは、ミュージシャンへ最高のサウンドと機能を提供します。
 
StageSource L2 SeriesLine 6の製品マネージメント担当VP、マックス・ガトニックは「StageSource L2シリーズのスピーカーは、カフェのソロ・パフォーマンスでも本格的なロックショーでも素晴らしいサウンドを提供するようデザインされています」と述べています。「数々のアワードに輝いてきたStageSource L3シリーズ同様の卓越したサウンド・クオリティとパワフルなDSP、フィードバック・サプレッションとデジタル・ネットワーキング・テクノロジーを、よりポータブルなサイズに収めた結果、このクラスでは最高の機能を提供。Line 6ライブ・サウンド・エコシステムの構成要素としてStageScape M20dと組み合わせた際には他に類を見ないパワーと操作性、フレキシビリティを実現します」。

StageSource L2mは2ウェイ仕様の800Wバイアンプ・スピーカー・システムで、素晴らしいパワーとサウンド・クオリティ、信頼性を提供。またStageSource L2tにはワールドクラスのエフェクトとアコースティック・ギター・モデリング、フィードバック・サプレションを備えたオンボード・ミキサーが搭載され、完結したライブ・サウンド・ソリューションを実現します。StageSource L2m、L2tは他のLine 6ライブ・サウンド製品とシームレスに統合できるようデザインされており、ユーザーはStageSource L3mやL3tベースのシステムを拡張したり、1,200WのL3sサブウーファーと組み合わせたりすることで、その能力を拡張することが可能です。

L2シリーズの両スピーカーには、演奏のシナリオに合わせてミュージシャンがスピーカーの出力を最適化できるDSPベースのパワフルなSmart Speakerモードが搭載されており、スピーカーの出力をFOH PA、フロア・モニター、パーソナルPAのほか、キーボード用バックラインやアコースティック・ギター用バックライン、さらにマルチエフェクト・ギター・プロセッサーと共に使用してハイパフォーマンスなエレキギター・スピーカー・システムとするなど、ミュージシャンがパフォーマンスのシナリオに応じて最適化できます。また、内蔵される加速度センサーとポールマウント・センサーがスピーカーの設置方向を自動的に検出し、それに応じたSmart Speakerモードに設定します。

複数のスピーカーが必要なライブ・サウンドのシチュエーションでは、StageSource L2シリーズは、よりサイズの大きなL3同様、L6 LINKと呼ばれる独自のデジタル・ネットワーキング・プロトコルによりセットアップを簡略化します。スピーカーが自己設定やステレオ・シグナルのパンによる振り分け、Smart Speakerモードの調整やシステム全体の最適化を自動的に行うことで、秀逸なサウンドを実現。StageSource L3sスピーカーを追加するとサミングされた信号を送り、クロスオーバーの設定を行う作業を自動的に行います。Line 6のライブ・サウンド製品を組み合わせて使用した場合はインテリジェントなエコシステムを構築し、より素早いセットアップと、ミュージシャンが最高のサウンドを実現する手助けが行われます。

StageSource L2シリーズのスピーカーは2013年2月下旬の発売予定です。メーカー希望小売価格は、StageSource L2t: 105,000円 (税込)、StageSource L2m: 95,000円 (税込) です。

StageSourceスピーカーとLine 6ライブ・サウンド製品の詳細は line6.jp/stagesource-l2mline6.jp/stagesource-l2tをご覧ください。

# # # # #

Line 6, Inc. について/strong>
1996年にデジタル・ギター・アンプ・モデリング・テクノロジーを発明して以来、Line 6製品はミュージシャンとオーディオ・プロフェッショナルに向けた最先端のデジタル・オーディオ開発を実現してきました。Line 6ブランドが生まれた90年代半ば以前、共同設立者のマーカス・ライルとミシェル・ドゥワーディクはレコーディング業界を革新したデジタル・マルチトラック・レコーダー、Alesis® ADAT® のメイン・ディベロッパーを務めていました。現在Line 6はPOD® マルチエフェクト・プロセッサーやPOD Farm® ソフトウェア・プラグイン、Spider® ギター・アンプ、プロフェッショナルな楽器やマイク用デジタル・ワイヤレス・システム、デジタル・ライブ・サウンド・ミキサー、スピーカーに加えて、Apple iOSディバイス向けのMobile In™ プレミアム・デジタル・ギター・インターフェースやMobile Keys™ キーボードを製造しています。詳細な情報は line6.jp をご覧ください。