Line 6 StageSourceがジェイソン・ムラーズへ刺激的なライブ・サウンドを提供
   


グラミー賞を獲得するシンガーソングライター、ジェイソン・ムラーズは20カ国以上でプラチナム・セールスを記録。いま最も成功を収めるアーティストです。世界中をツアーしてきたムラーズは、快適なサウンドが得られれば演奏も優れたものになることを理解しています。Line 6® StageSource® スピーカーが、彼が頭に思い描いたサウンドを実現するため、オーディエンスと心からコネクトできています。

ムラーズのキャリアは、長年の友人であるブッシュワラことビリー・ゲールウッドと、サンディエゴのカフェで毎週小さなショーを行うことで始まりました。様々なPAシステムで演奏してきましたムラーズにとって、StageScape® とStageSourceの第一印象は素晴らしいものでした。

「ドラムをチェックしているときに、本当に驚いたよ」と、ムラーズ。「ドラムのチェックには大抵長い時間がかかるし、決して素晴らしいサウンドにはならない。そのときはドラムのループが鳴っていると思ったくらいだから、本当にビックリしたね」。

「あまりにサウンドが良かったから、ジェイソンはドラマーへ客席に行って、ジェイソンがドラムを演奏したミックスを聞くように言ったんだ」と、ゲールウッドも言います。「本当に最高だった」。

StageSourceスピーカーとStageScape M20dワークステーションは、セットアップと操作からテクニカルな作業を不要とする製品であり、これが時にはムラーズにとって非常に重要な意味を持ちます。例えばStageScape M20dは、StageSourceスピーカーがモニターとして使われている際にはそれを自動認識して、そこへモニター・フィードを送ります。

「StageSourceスピーカーは、横向きに置けばモニターになるのが本当にクールだよ」と、ムラーズ。「システムがモニターとして認識すればモニターとして機能するから、例の三角のスピーカーを探す必要もない。周波数のどうこうは分からないけど、とにかく素晴らしいサウンドを出したいんだ」。

より親密な雰囲気のショーでは、ゲールウッドはStageSource L3tを使います。フル機能の内蔵ミキサーとマイクや楽器、外部ミキサーやMP3プレーヤー用に複数のインプットを装備するL3tは、完結したライブ・サウンド・ソリューションとして機能。「30人のショーなら、マイクとギターをつないでスピーカー1本でできるのが素晴らしい。おかげで荷物が減るよ」。

ムラーズはStageSourceによって、最も重要なことであるパフォーマンスに集中できるとまで言います。「機材を、頭の中のサウンドのように鳴らすのは難しい。このスピーカーなら、より良いパフォーマンスができるんだ。それに熱中できるからね」。

ジェイソン・ムラーズの新作『YES!』は7月15日に発売予定です。


StageSource PAスピーカーの詳細:

StageScape M20dライブサウンド・ワークステーションの詳細:

www.JasonMraz.com