コーリー・チュルコがJames Tyler Variaxでさらにロック
    Bookmark and Share

Cory Churko at Wemblyケリー・クラークソンの“ストロンガー”ワールド・ツアーからシャナイア・トウェインのラスヴェガスでの新しいショーまで、ビッグ・アクト達との演奏で忙しいギタリスト、コーリー・チュルコがJames Tyler® Variax® を多用しています。エレクトリック・ギター、アコースティック楽器のトーンのコレクションと、ブティック・クラフツマンシップ、POD® HDマルチエフェクトとのユニークな統合性により、コリーのJTV-59は彼のギター・コレクションの中でも常に重要な位置を占めています。

Variaxにトライしたきっかけを教えてください。

前回のシャナイアのツアーではオリジナルVariaxを使っていたんだ。アコースティックとエレクトリックのギター・パートを、アコースティック・ギターをスタンドにセットしなくても演奏できるのが魅力的だった。サウンドのクオリティについては懐疑的だったけどね。でも、1本のギターで両方のサウンドを演奏できるだけでなく、Variax AcousticのサウンドはDIを使ったアコースティック・ギターの典型的なサウンドと比べても、ずっと優れているのが分かったよ!

バンドの他のギタリスト二人も導入したんだ。リハーサルでVariaxのTele® サウンドを本物のTeleとA/B比較したんだけど、プロデューサーのマット・ランジは、その曲では本当のギターよりもVariaxサウンドの方を気に入ったよ。

最新のVariaxギターがジェームス・タイラー氏のデザインだと聞いたときには、どう思われました?

James Tylerのクオリティの高いギターは、世界的な評判となっている。即座に、最先端テクノロジーと旧来のクラフツマンシップの魅力的な組み合わせだと思ったね。James Tylerの楽器を所有するのは十分自慢できることだけど、JTVの能力も手に入れられるなんて、ちょっと凄いことだよね。

この楽器のフィールや、演奏した印象を説明してもらえますか?

JTV-59は、お気に入りのレスポールを演奏するような感じだね。メインの楽器として使っても、フィールに関しては一切妥協は必要無い。

Line 6による機能が無いとしても、ギターそのものも、とても満足できる仕上がりだ。接続するだけで演奏できる。移行に関する不自然さや妥協も全く存在しないよ。「慣れるまでしばらく時間がかかるね」なんて、言う必要がない。素晴らしいギターだ。これがLine 6テクノロジーと組み合わされば、実現できないサウンドなんて無いよ。

お気に入りのモデル、よく使うモデルは?

ケリーの仕事ではLesterモデルが最もよく使われているね。シャナイアの場合は、SpankとT-modelかな。でも、そのギグで必要なサウンドがたまたまそうだというだけで、他のモデルも素晴らしいよ。

ロカビリーやジャズを演奏するときは、もちろんほかのモデルを使うだろうね。V1.8ファームウェアの新しいアコースティック・モデルは、特に気に入っているよ。

気に入っているオルタネート・チューニングはどれでしょう? カスタム・チューニングを作っていますか?

楽器に収められているドロップDや半音下げ、ローCチューニング、あとは2種類のバーチャル・カポ・ポジションなど、すごくシンプルにしているよ。

チューニング変更の機能は素晴らしい。チューニングを大幅に下げると、たとえヘビーな弦を使っていても大抵の楽器で音程がおかしくなってしまう。JTVでは凄くヘビーなローCチューニングでも完璧な音程が維持される。

JTVは、ギターのコレクションの中でどんな位置を占めていますか?

自分なりの方法で、一晩の演奏で様々なギターの演奏をエンジョイできるようなキャリアを築いてきたし、それが今やっていることだ。でも、JTVだけを使って他のギターを全て置き換えられるかと聞かれたら、それはもちろんイエスだね。

もし予算に制限のある中でクラブで演奏していた頃に戻るなら、JTVのお陰で悩みは吹っ飛ぶだろうね。必要なトーンが全て得られ、カポを付けるための間も必要なく、弦も1セットで済む。最高だね!

JTVとPOD HDマルチエフェクトをどのように使っているかを教えてください。

POD HD500とPOD HD Proを多用しているよ。JTVとPODをVDIケーブルで接続したときのオートメーションと相互作用が気に入っている。アンプやエフェクト、ギター・モデル、ピックアップの選択、チューニングなど、サウンド全体がひとつのスイッチを押すだけで変更される。驚くべきことだよね。PODを使うと、JTVのマグネティック・ピックアップとモデリングを自動的に切り替えられるのも素晴らしい。それを全てコンピューターで、PODのバンドル・ファイルにバックアップできるのも最高にクールだよ。

しかも、キーボードやシーケンサーからPODへMIDIプログラム・チェンジを送信すれば、何も足元で操作する必要は無い。演奏に集中でき、ペダルボード上でのタップダンスともサヨナラだ。これは凄いよ!まあミスは修正してくれないから、真面目に練習しないとね。

JTVとPODを使っていることに対しては、どんな反応がありますか?

シャナイアの新しいバンド・メンバーのオーディションに、JTVとPOD HD500だけを持っていったんだ。新しいアコースティック・ギター・パッチを弾くと、どこからサウンドが聞こえてくるのかと、辺りを見回していたよ。“ヴードゥー・ギター”って呼んでいたね。

2012年12月1日にラスヴェガスのシーザースパレス・コロシアムでスタートする「Shania: Still the One」や、ケリー・クラークソンのツアーでのコーリーの活躍に注目しましょう。


*各製品名は各社が所有する商標であり、Line 6との関連や協力関係はありません。他社の商標は、Line 6がサウンド・モデルの開発において研究したトーンとサウンドを識別する目的でのみ使用されています。TeleはFender Musical Instruments Corporationの登録商標です。