スタジオ、ステージの両方に正式対応

書き上げた楽曲の練習、アルバムのレコーディング、ステージでのライブ。Floor POD® Plusには、どんな状況にも対応できる、必要な全ての入出力が備わっています。 ギター・アンプの前に接続して演奏することも、直接ミキサーに接続して名高いPOD® のダイレクト・トーンにアクセスすることもできます。


MIDI In & Out − Floor POD PlusをMIDI機器へ接続して、チャンネル・メモリーの切り替え (プログラム・チェンジ・メッセージを使用)、設定のオートメーション (連続コントローラー・メッセージを使用)、トーンのバックアップ (SysExを使用) ができます。 詳細については、line6.com/manualsからダウンロードできるMIDIリファレンス・ドキュメントを参照してください。

Phones − レコーディング時のモニター用に、またはご近所の安眠妨害にならないように、ここにヘッドフォンを接続します。

Output To Amp/Line − Floor POD Plusからギター・アンプ、レコーダー、ミキサー、またはPAシステムにサウンドを送るためのアンバランス型1/4インチ端子です。ギター・アンプの前に信号を送るにはリアパネルのスイッチを[AMP]側に合わせ、ミキサーまたはPAに信号を送るには[LINE]側に合わせます。リアパネルの[LEVEL]ノブは、お察しの通り、マスター出力レベルの設定に使います。出力レベルを変更してもトーンは変化しないので、お好みのボリューム・レベルでトーンを出力できます。

Aux Input − CDプレーヤー、MP3プレーヤー、ドラム・マシン、バーチャル・アコーディオンなどの機器を接続すると、Floor POD Plusのヘッドフォンや左右の出力から音を聴くことができます。 ジャムの際にとても便利です。

Input − ギターをここに接続します。