スイッチ1つでアナログとデジタルのコンフィギュレーションを完全に切り替え可能。DT50は、クラシックなコントロールで先進的なトーンを提供します。

ワンタッチで2 チャンネルを完全に再構築

DT50 には、そのトーンを歌わせるのに必要な全てのコンポーネントが搭載されているため、コンパクトなクリーン・マシンにも、野生的で重苦しくタフなサウンドにもすることができます。チャンネル・スイッチにより、アナログ部分とデジタル部分の再コンフィギュレーションがワンタッチで可能。あらかじめクリーンとディストーションの2 チャンネルになっているわけではなく、各チャンネルにボイシングや動作クラス、パワー管モードの組み合わせを独立して保存できるため、各チャンネルをどんなキャラクターにも設定可能です。

伝統的なアンプ動作

素早くトーンを設定することも、時間をかけてクラシックなサウンドをカスタマイズすることも可能。フロントパネルには2 チャンネル(Drive、Bass、Mid Treble、Presence、Reverb、Channel Volumeノブで構成された同一のパラメーターを両チャンネルに装備)とMaster Volume ノブ、各種スイッチ (チャンネル、動作クラス、パワー管モードなど)が搭載されています。DT50は非常にシンプルであり、その扱いも簡単です。

素晴らしいサウンド、シャープなルックス

マスター・アンプ・デザイナーであるラインホルド・ボグナー氏にインスパイアされ、スマートでブティックらしい美しさを備えた外観を採用。全てのカーブとコーナーPremium Tolex® でカバーされ、センスの良いブラックとゴールドの配色は、ステージでの存在感も最高です。

*各製品名は各社が所有する商標であり、Line 6との関連や協力関係はありません。製品名と画像はLine 6がサウンド・モデルの開発において研究した特定のメーカーのトーンやサウンドを識別する目的でのみ使用されています